『デスクを広く快適に』MacBookをクラムシェルモードで使うメリットとデメリット

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

MacBookを使っているんだけど机の上がごちゃごちゃ・・・MacBookをクラムシェルモードで使いたいな。クラムチェルモードで使うメリットとデメリットを教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、MacBook Proをクラムシェルモードで使っている私が、MacBook Proをクラムシェルモードで使うメリットとデメリットを解説するとともに、クラムシェルモードに必要な機材を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • MacBookをクラムシェルモードで使いたい人
  • デスク周りをスッキリさせて広く使いたい人
  • 大画面・マルチディスプレイで作業したい人

今回の記事では

  1. MacBookのクラムシェルモードについて
  2. MacBookをクラムシェルモードで使うメリット
  3. MacBookをクラムシェルモードで使うデメリット
  4. MacBookクラムシェルモード利用時に必要な機材

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • MacBookをクラムシェルモードで使うメリットとデメリットが分かった
  • MacBookをクラムシェルモードで使う上で必要な機材が分かった
  • デスクがスッキリかつ広く使えるようになり作業効率が上がった

という結果を手にすることができます!

目次

MacBookのクラムシェルモードについて

それではまず、MacBookのクラムシェルモードについて解説します。

具体的には以下の3つです。

  • MacBookのクラムシェルモードとは
  • クラムシェルモード対応のMacBook
  • クラムシェルモードで作業した感想

それでは詳しく解説します!

その1:MacBookのクラムシェルモードとは

まず1つ目ですが、MacBookのクラムシェルモードについてです。

クラムシェルモードとは、MacBookを閉じた状態で使用することができる機能です。

ノートPCの閉じたり開いたりする形がクラムシェル(二枚貝)に見えるということから、この様に呼ばれています。

 

パソコンを閉じた状態でどうっやって作業するの!?

と思うかもしれませんね。

そうです、クラムシェルモードで作業するときは、外付けのディスプレイやキーボードを使って作業します。

簡単にいうと、

  • MacBookをデスクトップ本体として使用
  • 外付けディスプレイやキーボードで作業

というイメージですかね。

もっと簡単にいうと、

MacBookをデスクトップPCとして使う

といったほうが正しいかもしれません。

その2:クラムシェルモード対応のMacBook

2つ目ですが、クラムシェルモード対応のMacBookについてです。

結論としては、MacBookは基本的にクラムシェルモードに対応してます。

  • MacBook Pro
  • MacBook Air
  • MacBook

相当古いモデルのMacBookでない限り、クラムシェルモードで使うことが可能ですよ!

その3:クラムシェルモードで作業した感想

3つ目ですが、MacBookをクラムシェルモードで使って作業した感想についてです。

結論としては、

めちゃくちゃ快適に作業できる
最強デスクトップのMacBookになる

といったところでしょうか。

私は以前、こんな感じで作業をしていました。

外部ディスプレイがあることで作業効率が上がったのですが・・・これだとどうしても画目線が上下してしまうんですよね。

それに何よりも、この配置だと外部ディスプレイの画面の一部が隠れてしまいます。

マイホームへの引っ越しに伴い、書斎をカッコ良くするために思い切ってクラムシェルモードにしたのですが・・・これが大正解でした!

 

クラムシェルモードって憧れるよなあ。でも色々とお金がかかるし。

そう思って今までやらなかったのですが、実際にクラムシェルモードで作業してみると作業効率が格段に違いました!

多少お金がかかってでも、多くのブロガーが自宅でクラムシェルモードで作業する理由がよく理解できた瞬間でもあります。

そんなこんなで今はクラムシェルモードで作業しているのですが、作業効率は1.5倍以上になっていると言えます。

もしあなたが、

 

MacBookをクラムシェルモードで使おうかな

と考えているのであれば、このまま記事を読み進めてくださいね!

次項より、メリットやデメリットについて詳しく解説しますよ!

MacBookをクラムシェルモードで使うメリット

それでは次に、MacBookをクラムシェルモードで使うメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 大画面で作業効率が格段に上がる
  • 目線が上下に行かないので首に優しい
  • デスクがスッキリして広く使える
  • 好きなアクセサリーが使える

それでは詳しく解説します!

その1:大画面で作業効率が格段に上がる

まず1つ目ですが、大画面で作業効率が格段に上がることです。

MacBookをクラムシェルモードで使うと、外部ディスプレイが必要になります。

しかし、外部ディスプレイを使うと、少なくとも22インチ以上の画面で作業することになります。

MacBookは13〜15インチ、大きくても16インチなので、外部ディスプレイの方が快適に作業できることは間違いありません!

ちなみに、私は24インチのディスプレイを2つ並べていますが・・・

 

めちゃくちゃ作業しやすいですよ!!

ブロガーの中には

 

ウルトラワイドのモニターを1台使っている

という人もいますが、モニターだけで数十万円するのでちょっと高いんですよね・・・

予算的に厳しいようであれば、私のように普通のモニターを2つ並べた方がいいでしょう!

その2:目線が上下に行かないので首に優しい

2つ目ですが、目線が上下に行かないので首に優しいことです。

先ほど少しお話ししましたが、昔の私はこんな感じで作業していました。

これだと目線が上下してしまい、首を痛めてしまうんですよね。

しかし、MacBookをクラムシェルモードで使うようになってからは、こんな感じのデスクになっています。

これだと目線が上下することはなく、首と目線が左右に行くだけです。

 

首の痛みも軽減されました!

私たちのようなパソコン作業がほぼ毎日の人間にとって、首を痛めることは死活問題ですよね。

その観点からも、クラムシェルモードで作業するメリットと言えるでしょう!

その3:デスクがスッキリして広く使える

3つ目ですが、デスクがスッキリして広く使えることです。

MacBookをクラムシェルモートで使うと、MacBookを折りたたんだ状態で机の何処かに置くことになります。

すると、今までMacBookがあったスペースを広く使えるようになるのです!

私は左端にMacBookを縦置きし、空いたスペースにキーボードを配置していますが・・・

 

これでデスクの上が広く感じるんですよね!

ちなみに、MacBookを寝かせた状態でも問題ありませんが、それだとせっかくのクラムシェルモードのメリットを捨ててるようなものです。

なので、どうせなら縦置き用のスタンドも購入して、デスク上を広く有効活用しましょう!

こんな感じで地面にぶっ刺せたらいいんですけどね。笑

今まで

 

デスク自体が小さいからクラムシェルモードはちょっと・・・

とためらっていた人も、MacBookを縦置きすることで解決されるかもしれませんよ!

その4:好きなアクセサリーが使える

4つ目ですが、好きなアクセサリーが使えることです。

MacBookをクラムシェルモードで使うとなれば、

  • 外部ディスプレイ
  • キーボード
  • マウス

こうした周辺機器が必要になります。

しかし、逆に言うと「好きな・自分に合ったアクセサリーを使える」と言うことでもあります!

MacBookのキーボードとトラックパッドも十分使いやすいのですが・・・やはり外付けキーボード・マウスと比較すれば見劣りします。

また、

 

テンキーがないと仕事にならない!

 

このマウスじゃないといろんな操作ができない!

なんてこともあるでしょう。

そんな時にクラムシェルモードを使うことで、あなたの好きな・使うべき周辺機器が使えるようになるのは大きなメリットと言えるでしょう!

実際のところ、私はクラムシェルモードにして、

を使うようになったのですが・・・作業効率は格段に上がりましたからね!

MacBookをクラムシェルモードで使うデメリット

それではここで、MacBookをクラムシェルモードで使うデメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • MacBookの放熱性が低下する
  • 必要となる周辺機器が増える
  • 電源を付けるのが面倒くさい
  • 動作や映像が不安定になることも

それでは詳しく解説します!

その1: MacBookの放熱性が低下する

まず1つ目ですが、MacBookの放熱性が低下することです。

一般的にパソコンというものは、CPUを中心に熱が発生するのが普通です。

その熱を逃して(冷やして)パソコンのパフォーマンスを維持する仕組みになっています。

なので、熱が逃げないと

  • パフォーマンスが低下する
  • 何らかのマシントラブルが起こる

と言う可能性があります。

また、基本的にどんなノートPCも、パソコンを開いて作業している状態で放熱するように作られています。

MacBookクラムシェルモードは「パソコンを閉じた状態で使う」ことになるので、放熱性が低下することは目に見えてわかります。

一応、クラムシェルモードは「Appleが公式」に機能として持たせているものです。

クラムシェルモードで熱がこもって不具合が起こる話は聞いたことがありませんし、密閉された箱の中にMacBookを閉じ込めない限り問題ないとは思います。

とはいえ、放熱性が低下するのは事実ですので、この点はデメリットとして挙げておきます。

余談ですが、Windowsのパソコンだと、そもそもクラムシェルモードで使うべきでないパソコンが多いです。

 

MacBook以外のパソコンを使っているのであれば、お使いのパソコンがクラムシェルモードに対応しているのか確認しましょう!

その2:必要となる周辺機器が増える

2つ目ですが、必要となる周辺機器が増えることです。

冒頭でも少しお話ししましたが、クラムシェルモードとは「MacBookを閉じた状態で使うこと」です。

つまり、ディスプレイやキーボードなど、外付け機器が必要になります。

そもそも、MacBookはそれ1台だけでも十分な作業ができるパソコンです。

すでに周辺機器を持っているならまだしも、

 

なんで1台でも使えるMacBookを、わざと閉じた状態で使って、しかも他の周辺機器を買わないといけないの!?

と言われたらそこまでですからね。

メリットで述べた「好きなアクセサリーが使える」の裏返しであり、逆にいうと「周辺機器が絶対に必要」というのではデメリットでしょう。

その3:電源を付けるのが面倒くさい

3つ目ですが、電源をつけるのが面倒くさいことです。

クラムシェルモードにすると、MacBookの電源ボタンを触れなくなります。

なぜなら、MacBookが閉じた状態になっているからです。

電源を消すだけならディスプレイとキーボード・マウスがあれば大丈夫ですが、電源をつける時は一々MacBookを開かなければいけません。

パソコンの電源をつけるのに、MacBookを取り出して電源を入れてまた元に戻す・・・超面倒臭いですね。

グーグルで検索しても「MacBook クラムシェル 電源」と検索候補が出てくるぐらい、誰もが同じ悩みを抱えています・・・

電源をつけるのが面倒くさくなることも、クラムシェルモードのデメリットと言えます。

ちなみに、大半のユーザーは「電源入れっぱなし、基本はスリープモードになっている」だと思います。

なので、この問題はそこまで気にする必要はないかもしれません。

 

私も基本電源はつけっぱなしで、月に1回ぐらい再起動する程度ですから。

その4:動作や映像が不安定になることも

4つ目ですが、動作や映像が不安定になることもあります。

これはお使いのディスプレイにも左右されるのですが、

  • キーボードやディスプレイの動作が少し遅い
  • スリープを解除した際に映像が不安定になる
  • スリープを解除するとディスプレイの解像度がおかしくなる

ということが起こるようです。

私は起こったことはありませんが、こうした不具合も発生するようです。(再度スリープに戻してやり直せば解決されることがほとんど)

ちなみに、MacBookをクラムシェルモードで動作させる当たって、動作条件や手順があります。(Apple公式)

  • 動作条件:電源に接続していること(電源に接続されていなければ何もできません)
  • 動作手順:電源ケーブルを接続→MacBookを開いた状態で外部ディスプレイに接続→ディスプレイに画面が表示されたことを確認右MacBookを閉じる

逆もしかりで、MacBookを持ち出す場合は、上記の逆の手順を守る必要があります。

 

こんな感じで、動作条件と手順が決められています。

>>Apple公式サイト

手順を守らなくてもクラムシェルモードで使うことはできますが、不具合が起こる原因になるのも事実です。

ということで、不具合が起こる可能性があることもデメリットと言えますね。

MacBookクラムシェルモード利用時に必要な機材

それでは最後に、MacBookクラムシェルモード利用時に必要な機材を解説します。

具体的には以下の6つです。

  • 外部ディスプレイ
  • USBハブやドッキングステーション
  • マウス、マウスパッド
  • キーボード
  • MacBook縦置きスタンド
  • Webカメラやマイク

それでは詳しく解説します!

その1:外部ディスプレイ

まず1つ目ですが、外部ディスプレイです。

これは間違いなく絶対に必要な周辺機器の一つです。

MacBookを閉じた状態で使うわけですから、映像出力できるディスプレイがないと何も始まりません。

なお、せっかくMacBook以外の画面で作業するわけですから、できる限り大きめのディスプレイを使うことをおすすめします。

 

私は24インチの外部モニターを2つ使っていますが、作業性は格段に良くなりました!

基本的にはどんなディスプレイでもいいのですが、強いていうなら「USB-Cケーブル1本で接続できるディスプレイ」がおすすめです。

ケーブル周りがスッキリしますからね!

こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせて読みください!

その2:USBハブやドッキングステーション

2つ目ですが、USBハブやドッキングステーションです。

こちらもほぼ必須と言える周辺機器です。

というのも、MacBookにはUSB-C端子が2つしかありません。

外付けディスプレイやキーボードを使う上で、USB-AやHDMIも必要になりますからね。

 

私が使っているのはAnkerのUSBハブですが、安定した動作で使い勝手も良いです!

今は必要に感じていませんが、今後はドッキングステーションを購入するかもしれません。

こちらの方が給電等のスペックも大きくて使い勝手が良さそうですからね!

ちなみにですが、MacBook単体だと外部ディスプレイ1台にしか接続できません。

 

私のように「外部ディスプレイ2台を使う」場合は、USBハブがなければ実現できません。

その3:マウス、マウスパッド

3つ目ですが、マウス・マウスパッドです。

今まではMacBookのトラックパッドで作業していたと思いますが、MacBookを閉じた状態で使うのでマウスも必須になります。

または、Apple公式の外付けトラックパッドを使うかですね。

人によっては、マウスを使う上で「マウスパッド」も必要になるでしょう。

私がそうなのですが、机によってはマウスの滑り具合が悪いこともありますからね。

 

ちなみに私はAmazonベーシックのマウスパッドを使っています!

その4:キーボード

4つ目ですが、外付けのキーボードです。

こちらも必須アイテムですね。キーボードがないと何もできませんから・・・

Apple公式のMagic Keyboardを使うのもアリですし、他のメーカーのキーボードでもOKです。

私はロジクールのキーボードを使っていますが・・・

 

使い心地が良すぎて他のキーボードは考えられなくなりました。笑

詳しくはこちらの記事で解説していますので、興味があればお読みください!

その5: MacBook縦置きスタンド

5つ目ですが、MacBook縦置きスタンドです。

こちらはなくても大丈夫なのですが、どうせなら縦置きスタンドを使った方がデスクの上が広く綺麗に見えます。

MacBookをそのまま置くとその分の面積が取られますが、縦置きにすることで設置面積が少なくなるからです。

ということで、クラムシェルモードで使うのであれば、縦置きスタンドも使うのがおすすめです!

MacBookに合う縦置きスタンドはたくさんありますが、その中でもデザイン・コスパが良いAVLTのスタンドを使っています!

MacBookとの相性、フィット具合も良くて、値段は2000円台というコスパ良しのアイテムです!

その6:Webカメラやマイク

6つ目ですが、Webカメラやマイクです。

こちらはリモート会議をする人に限定されます。

MacBookにはWebカメラが内蔵されていますが、クラムシェルモードで使う場合は起動しなくなります。

なので、ディスプレイに取り付けるWebカメラも必要です。

また、マイク自体はそのまま使えますが、MacBookを折りたたんでいることもあって音声は拾いにくくなります。

なので、マイクも買っておいた方が無難でしょう・・・

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. MacBookのクラムシェルモードについて
  2. MacBookをクラムシェルモードで使うメリット
  3. MacBookをクラムシェルモードで使うデメリット
  4. MacBookクラムシェルモード利用時に必要な機材

上記4つについてお話ししました。

MacBook Proをクラムシェルモードで使うメリットとデメリットを解説するとともに、クラムシェルモードに必要な機材を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、MacBook Proをクラムシェルモードで使うメリットとデメリットをまとめておきます!

メリット
デメリット
  1. 大画面で作業効率が格段に上がる
  2. 目線が上下に行かないので首に優しい
  3. デスクがスッキリして広く使える
  4. 好きなアクセサリーが使える
  1. MacBookの放熱性が低下する
  2. 必要となる周辺機器が増える
  3. 電源を付けるのが面倒くさい
  4. 動作や映像が不安定になることも

私も最初は

 

MacBook使いやすいのに、なんで閉じて使うんだろう・・・もったいない気がするな。

と思っていましたが、いざクラムシェルモードを使ってみると、

 

クラムシェル最高に使いやすい!!

と感じました。

実際、作業効率は格段に上がっており、ブログの記事を書くのも捗っています!

ということで、これを機にあなたもMacBook Proをクラムシェルモードで使ってみてはいかがでしょうか?


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる