『重厚感あるキーボード』ロジクールKX800 MX Keysを使った感想とレビュー

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

ノートPCだけだとタイピングしづらいな・・・ロジクールのキーボードが欲しいんだけど、実際に使った感想を知りたい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、ロジクールKX800 MX Keysを愛用している私が、ロジクールKX800 MX Keysのメリットデメリットを解説するとともに、ロジクールKX800 MX Keysがおすすめの人を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • ロジクールKX800 MX Keysを使った感想を知りたい人
  • ロジクールKX800 MX KeysとMacBookを接続できるか心配な人
  • WindowsでもMacでも使えるキーボードが欲しい人

今回の記事では

  1. ロジクールKX800 MX Keysをレビュー
  2. ロジクールKX800 MX Keysのメリット
  3. ロジクールKX800 MX Keysのデメリット
  4. ロジクールKX800 MX Keysがおすすめの人

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • ロジクールKX800 MX Keysを使った感想が分かった
  • ロジクールKX800 MX Keysのメリットデメリットが分かった
  • タイピング速度が上がって快適に作業できるようになった

という結果を手にすることができます!

目次

ロジクールKX800 MX Keysをレビュー

それではまず、ロジクールKX800 MX Keysについてレビューします。

具体的には以下の3つです。

  • ロジクールKX800 MX Keysについて
  • ロジクールKX800 MX Keysの種類
  • ロジクールKX800 MX Keysを使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:ロジクールKX800 MX Keysについて

まず1つ目ですが、ロジクールKX800 MX Keysについてです。

こちらは、PC周辺機器で有名なロジクール(logicool)が販売しているキーボードです。

ネットでの評価・口コミ・評判も良く、ブロガーもこぞって愛用している人気のキーボードです!

見た感じは普通のキーボードではありますが、

  • 重厚感あるデザインやカッコイイ色合い
  • タイピングしやすい・打鍵感の良いキーボード
  • WindowsでもMacでも使えるマルチキーボード

ということから、普通のキーボードよりも人気となっています!

私が購入したのは、マルチタイプのロジクールKX800 MX Keysです。

その2:ロジクールKX800 MX Keysの種類

2つ目ですが、ロジクールKX800 MX Keysの種類についてです。

ロジクールKX800 MX Keysには以下の2種類が販売されています。

その名の通り、2つ目はMac専用に作られたキーボードとなります。

また、1つ目は黒っぽいグレーであるのに対し、2つ目はスペースグレーを基調とした色合いになっています。

 

このことから、MacBookに色合いを合わせていることが分かりますね!

私も最初はfor Mac を購入しようと思っていたのですが・・・間違えて普通のタイプを買っていました。泣

JIS配列のキーボード

届いた時は焦りましたし、早速使ってみるとMacの設定になっていないのでだいぶ焦りました・・・

が、ちゃんと設定すればMacでも問題なく使うことができました!

ちなみに、スペックに関してはどちらも大差ない仕様となっています。

項目KX800 MX KeysKX800 MX Keys for Mac
定価税込15950円税込14355円
サイズ高さ:20.5mm
横幅:430.2mm
奥行:131.63mm
高さ:20.5mm
横幅:430.2mm
奥行:131.6mm
重量810g810g
カラーグラファイトスペースグレー
接続方式USBレシーバー
Bluetooth
USBレシーバー
Bluetooth
最大接続台数3台3台
バッテリーUSB-C充電式USB-C充電式
使用可能期間バックライトオン:10日間
バックライトオフ:5ヶ月
バックライトオン:10日間
バックライトオフ:5ヶ月
キー配列JIS配列US配列
 

大きな違いとしては、色と「JIS配列かUS配列か」ですかね。

その3:ロジクールKX800 MX Keysを使った感想

3つ目ですが、ロジクールKX800 MX Keysを使った感想についてです。

結論としては、

とてもタイピング感の良い
マルチに使えるキーボード

というところでしょうか。

詳しくはメリット・デメリットで解説しますが、

 

とにかく使いやすい!タイピングしやすい!

というのが率直な感想ですね。

というのも、今まではMacBook Proのキーボードで作業していたのですが・・・作業しにくくはないものの、どことなく違和感を感じていました。

MacBook Proのキーボードを使っていた状態

マイホーム完成に伴い書斎を綺麗にしようと思って、思い切ってロジクールKX800 MX Keysを購入したのですが・・・

これが大当たりでした!

今このブログもロジクールKX800 MX Keysを使って執筆しているのですが、めちゃくちゃ使いやすいです!

ロジクールKX800 MX Keysを導入した状態

後ほど詳しく解説しますが、タイピング感が非常によく、音も静かです。

私たちのような文字を入力しまくるブロガーにとっては必須アイテムと言えるでしょう!

>>AmazonでロジクールKX800 MX Keysを見る

ロジクールKX800 MX Keysのメリット

それでは次に、ロジクールKX800 MX Keysを使って感じたメリットを解説します。

具体的には以下の9つです。

  • 重厚感があってオシャレでカッコイイ
  • 打鍵感が良い・窪みがあって押しやすい
  • タイピング音が静かでうるさくない
  • 薄いけど重たいので簡単には動かない
  • ライトオフだと最長5ヶ月間は充電不要
  • WindowsでもMacでも使える汎用性
  • USBレシーバーを使えば遅延しない
  • 最大3つのPCに接続設定ができる
  • テンキーがある(ノートPCユーザー)

それでは詳しく解説します!

その1:重厚感があってオシャレでカッコイイ

まず1つ目ですが、重厚感があってオシャレでカッコいいことです。

まず何よりも第一に、このキーボード・・・めちゃくちゃカッコよくないですか!?

キーボードにカッコ良さを求めるのは少し違うのかもしれません。

しかしながら、毎日使うキーボードが自分の好きなデザインであることって、モチベーション維持の観点からも結構大事ですよね。

主張しすぎないロゴ、洗礼されたシンプルデザイン、ほかのガジェットとも調和する色・・・どれをとってもデザイン性が良いと言えます!

私が男性だから余計に感じるのかもしれませんが、もしあなたが男性であれば・・・

 

このカッコ良さに共感していただけるのではないでしょうか??

その2:打鍵感が良い・窪みがあって押しやすい

2つ目ですが、打鍵感がちょうど良くて、窪みがあって押しやすいことです。

ロジクールKX800 MX Keysは少し浅いストロークのキーボードとなるのですが、これがとても押しやすいんですよ・・・

昔のキーボードのような深さのあるキーではなく、MacBookのバタフライキーボードに近い打鍵感といいますか。

 

固すぎず柔らかすぎない・・・絶妙なタイピング感なのです!

また、ロジクールKX800 MX Keysには、ほぼ全てのキーに丸い窪みがあります。

この丸みがあるおかげか、とてもタイピングしやすい気がします。

これは個人的見解ですが・・・キーが平べったいと、少し滑った時に隣にキーに当たってしまう気がします。

でも、ロジクールKX800 MX Keysは丸い窪みがあるので、この窪みのおかげで隣のキーに滑って当たる心配もありません!

その3:タイピング音が静かでうるさくない

3つ目ですが、タイピング音が静かでうるさくないことです。

ロジクールKX800 MX Keysは、タイピングした時の音がとても静かです。

なので、私のように力強くタイピングする人間にとってもありがたい仕様です!

ブログの記事で音をお伝えすることはできませんが・・・MacBook Proの時と比べると音は半減されている印象ですね。

結構強い力でタイピングしてもそんな感じなので、軽くタイピングする人であればほぼ音は出ないでしょう!

その4:薄いけど重たいので簡単には動かない

4つ目ですが、薄いけど重たいので簡単には動かないことです。

ロジクールKX800 MX Keysは、とても薄くてスリムな形状をしています。

しかし、その見た目とは裏腹に、結構な重量があります。

実際の重量は810gと、1kg近い重量となっています。

なので、最初に持ったときは思わず

 

え?なにこれ??重たっ・・・

と言ってしまいました。笑

しかしながら、その重量のおかげで、タイピングしていてずれることが一切ありません。

裏面には滑り止めのゴムもついていますので、

タイピングする度に少しずつずれ動く

と言ったストレスを感じることなく、快適にタイピングができます!

その5:ライトオフだと最長5ヶ月間は充電不要

5つ目ですが、ライトオフだと最長5ヶ月間は充電が不要なことです。

ロジクールKX800 MX Keysは充電式のキーボードとなります。

最大充電時のバッテリー持続時間は以下となっています。

  • バックライトオン:最長10日間
  • バックライトオフ:最長5ヶ月間
バックライトオンの状態。MacBook Proのように光ります。
バックライトオフの状態。

バックライト(触った時にキーボードが光るアレ)を切っておけば、なんと5ヶ月も充電なしで使えるということです!!

ちなみに、最初はバックライトをオンにしていたのですが、この事実を知ってからバックライトをオフにしました。

 

充電する必要はあるとはいえ、数ヶ月感も充電不要で使えるというのは大きなメリットではないでしょうか?

ちなみに、こうした設定は専用アプリを使って設定できます。

ちなみに、充電はUSB-Cケーブルを使います。

左上が電源ボタン、その隣に充電ポートがあります。
今主流のUSB-Cで充電できるのは嬉しいポイント。右側はUSBレシーバーです。

その6:WindowsでもMacでも使える汎用性

6つ目ですが、WindowsでもMacでも使える汎用性があることです。

冒頭でもお話ししたように、私はロジクールKX800 MX KeysというWindowsでもMacでも使えるタイプを使っています。

WindowsとMacで使える兼用キーボード配置

基本的にはMacBook Proを使っているのですが、たまに会社のパソコンを家で使うこともあります・・・

そんな時にも役立つキーボードですね!

 

私のように、私用と仕事で違うOSを使っている人にもってこいのキーボードと言えます!

ちなみに、ロジクールKX800 MX Keys for Macの場合、Macでしか使用できません。

For MacはUS配列のキーボードなので、Mac好きの人にはあっているかもしれません。

しかし、Windowsを使う可能性があるのであれば、ロジクールKX800 MX Keysを買うべきでしょう。

その7:USBレシーバーを使えば遅延しない

7つ目ですが、USBレシーバーを使えば遅延しないことです。

ロジクールKX800 MX Keysはワイヤレスキーボードとなります。

なので、

  • USBレシーバーを使う
  • Bluetoothで接続する

上記どちらかの方法で使用します。

BluetoothであればUSBレシーバーを使う必要もないのですが、どうしても遅延が気になるため、私はUSBレシーバーを使っています。

ちなみに、Bluetoothでもそこまで遅延はないらしいのですが、USBレシーバーだと一切遅延がありません!

 

ワイヤレスだからと言って、遅延を気にする必要はありませんよ!

その8:最大3つのPCに接続設定ができる

8つ目ですが、最大で3つのPCに接続設定ができます。

専用アプリから設定することで、ロジクールKX800 MX Keysを3つのPCに接続設定することができます。

実際に家で3つのPCを使い分けることはないと思いますが・・・例えば、

  • 自宅のパソコンを使う
  • 職場のパソコンを家で使う

と言った場合、いちいち設定しなくてもボタン一つで切り替えができます!

こちらの3つのボタンのどれかをクリックするだけで、予め設定したPCに接続できるので、これまた便利な機能ですよね!

その9:テンキーがある(ノートPCユーザー)

9つ目ですが、ノートPCユーザーには嬉しいテンキーがあることです。

普通のノートPC、特にMacBookって、テンキーがついてないんですよね。

普通に使う分には問題ないのですが、数字を入力する時にはテンキーがないと結構不便ですよね。

私は今年から開業届を出したので会計入力する必要があるのですが・・・テンキーがないので入力がめっちゃ面倒くさかったです。

しかし、ロジクールKX800 MX Keysにはテンキーがあるため、数字の入力も快適にできるようになりました!

ロジクールKX800 MX Keysに限ったお話ではないのですが、

 

テンキーがあるってこんなにも便利なんだ!

と改めて実感できました!

>>AmazonでロジクールKX800 MX Keysを見る

ロジクールKX800 MX Keysのデメリット

それではここで、ロジクールKX800 MX Keysを使って感じたデメリットを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • キーボードの中でも高価な値段
  • 角度調節機能がないので5.5度で固定
  • ライトオンだと最長10日間しか持たない
  • カラーリングの種類が一つしかない
  • for MacじゃないのでUS配列ではない

それでは詳しく解説します!

その1:キーボードの中でも高価な値段

まず1つ目ですが、キーボードの中でも高価な値段であることです。

ロジクールKX800 MX Keysは、Amazon価格で税込15950円します。

セール中だと10%オフとかになりますが、それでも

 

たかがキーボーボで15000円も払えるか・・・

という意見もあります。

ロジクールKX800 MX Keysは、機能性が高いしメリットがたくさんあります。

しかしながら、

 

普通にタイピングできれば問題ない

というのであれば、5000円あればキーボードを購入することはできますからね。

値段が結構高いことはデメリットと言えるでしょう。

その2:角度調節機能がないので5.5度で固定

2つ目ですが、角度調節機能がないことです。

ロジクールKX800 MX Keysには角度調節機能がなく、5.5度の角度で固定となります。

この高さと角度で不便に感じることはありませんし、実際にタイピングしやすい設計になっているとは思います。

しかし、

 

角度調節(または高さ調節)ができればもっと良かったのにな・・・

と思ったのも事実です。

ということで、デメリットとして挙げておきます。

 

どうしても角度が気に入らない・・・

という場合は、下に何かを敷いて対策するしかないですね。

その3:ライトオンだと最長10日間しか持たない

3つ目ですが、バックライトオンだと最長10日間しか持たないことです。

先ほど少しお話ししましたが、ロジクールKX800 MX Keysのバッテリー持続時間は

  • バックライトオン:最長10日間
  • バックライトオフ:最長5ヶ月間

となっています。

バックライトをつけていると、MacBookのように光るのでとてもカッコいいです。

 

テンションも上がります。笑

でも、10日間使っていちいち充電しないといけない・・・というのは面倒臭いですよね。

毎日使い終わった後に充電するマメな人であれば問題ないのかもしれませんが、私はズボラなのでそこまでやる自信はありません・・・

充電が面倒臭いと思うのであれば、私のようにバックライトをオフにするかですね。

その4:カラーリングの種類が一つしかない

4つ目ですが、カラーリングの種類が一つしかないことです。

メリットがたくさん詰まったロジクールKX800 MX Keysですが、残念ながら色は1種類しかありません・・・

  • ロジクールKX800 MX Keys:グラファイト(黒に近いグレー)
  • ロジクールKX800 MX Keys for Mac:スペースグレー

ぶっちゃけ言うと、色的にはfor Macの方が好みです。

間違えて購入したと言うこともあるのですが(笑)、

 

スペースグレーだったらもっとMacに近かったのにな・・・

と思いますね。

私のような意見をお持ちの人も多いと思いますので、せめて2種類の中から選べるようにして欲しかったと思う次第です。

とはいえ、グラファイト(黒っぽい方)もカッコいいんですけどね!

その5:for MacじゃないのでUS配列ではない

5つ目ですが、for MacじゃないのでUS配列ではないことです。

私が購入したロジクールKX800 MX Keysは、WindowsとMac兼用で使えるタイプとなります。

なので、キーボードの配列はJIS配列となっています。

別に問題ないのですが、Macを使っている人は

 

US配列の方がいい!US配列じゃないとダメなんだ!!

と言う人が多いです。

なので、US配列を希望するのであれば、ロジクールKX800 MX Keys for Macを使いましょう。

もしあなたが、

  • WindowsのPCを使用する
  • WindowsのPCに慣れている

と言う場合は、JIS配列の方がタイピングしやすいと思います。

 

なので、普通のロジクールKX800 MX Keysを使いましょう!

>>AmazonでロジクールKX800 MX Keysを見る

ロジクールKX800 MX Keysがおすすめの人

それでは最後に、ロジクールKX800 MX Keysがおすすめの人を解説します。

具体的には以下の3つです。

  • 重厚感のあるキーボードが欲しい人
  • ストロークが浅いキーボードがいい人
  • Windows・Mac両方のOSを使う人

それでは詳しく解説します!

その1:重厚感のあるキーボードが欲しい人

まず1つ目ですが、もしあなたが

 

重厚感のあるキーボードが欲しい

というのであれば、ロジクールKX800 MX Keysがおすすめです。

冒頭でもお話ししましたが、ロジクールKX800 MX Keysは重厚感があってとてもオシャレかっこいいデザインです!

色合い的にも重厚感を感じさせる色ですし、実際の重量も結構重たいです。

なので少し強くタイピングしたぐらいでずれ動くこともありません!

特に男性であれば「カッコイイ」と感じるに違いありませんので、是非ともロジクールKX800 MX Keysを使ってみましょう!

その2:ストロークが浅いキーボードがいい人

2つ目ですが、もしあなたが

 

ストロークが浅いキーボードがいい

というのであれば、ロジクールKX800 MX Keysを使ってみましょう。

ロジクールKX800 MX Keysは浅いストロークのキーボードとなっています。

なので、文字を大量に入力するブロガーやライターに向いていると言えます!

MacBookのタイピングに近いので、MacBookを使っている人にもおすすめのキーボードと言えるでしょう。

その3:Windows・Mac両方のOSを使う人

3つ目ですが、もしあなたが

 

Windows・Macの両方のOSを使うことがある

というのであれば、ロジクールKX800 MX Keysを使ってみてはいかがでしょうか。

私が使っているロジクールKX800 MX Keysであれば、Windows・Mac両方のOSに対応したキー配列となっています。

JIS配列となっているものの、ちゃんと設定すればMacでも違和感なく使うことができます!

また、最大3つのPCに接続できますので、予め設定しておけばボタン一つで切り替えもできます!

 

複数のパソコンを使用するというのであれば、間違いなくロジクールKX800 MX Keysがおすすめですよ!

>>AmazonでロジクールKX800 MX Keysを見る

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. ロジクールKX800 MX Keysをレビュー
  2. ロジクールKX800 MX Keysのメリット
  3. ロジクールKX800 MX Keysのデメリット
  4. ロジクールKX800 MX Keysがおすすめの人

上記4つについてお話ししました。

ロジクールKX800 MX Keysのメリットデメリットを解説するとともに、おすすめの人を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、ロジクールKX800 MX Keysのメリットデメリットをまとめておきます!

メリット
デメリット
  1. 重厚感があってオシャレでカッコイイ
  2. 打鍵感が良い・窪みがあって押しやすい
  3. タイピング音が静かでうるさくない
  4. 薄いけど重たいので簡単には動かない
  5. ライトオフだと最長5ヶ月間は充電不要
  6. WindowsでもMacでも使える汎用性
  7. USBレシーバーを使えば遅延しない
  8. 最大3つのPCに接続設定ができる
  9. テンキーがある(ノートPCユーザー)
  1. キーボードの中でも高価な値段
  2. 角度調節機能がないので5.5度で固定
  3. ライトオンだと最長10日間しか持たない
  4. カラーリングの種類が一つしかない
  5. for MacじゃないのでUS配列ではない

最初に届いた時には

 

やべ、Mac用じゃない方を買ってしまった・・・

と焦りましたが、ちゃんと設定すればMacでも不便なく使うことができています!

会社のパソコンを持ち帰って仕事をすることもあるので、結果的にはWindowsでも使えるこちらのタイプで良かったと感じています!

今まではMacBook Proのキーボードで作業していましたが、タイピング性で言えば格段に良くなります!

ということで、これを機にあなたもロジクールKX800 MX Keysを使って快適に作業されてみてはいかがでしょうか?

>>AmazonでロジクールKX800 MX Keysを見る
>>AmazonでロジクールKX800 MX Keys for Macを見る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる