『初心者必見』ブログの記事の書き方やポイント:読まれるブログの極意

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

ブログを始めたんだけど、何をどう書けば良いのかさっぱりわからない。文章力に自信がない自分でも読まれるブログを書けるのか不安・・・ブログの記事の書き方やポイントを教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、ブログで月5桁稼ぐ私が、ブログの記事本文の書き方のポイントを解説するとともに、ブログの記事の書き方のよくある悩みを解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • ブログの記事の書き方やポイントを知りたい人
  • ブログの記事の書き方を学んだことがない人
  • 国語が苦手で文章力に自信がない人

今回の記事では

  1. 読まれるブログ記事の書き方の極意
  2. ブログの記事本文の書き方のポイント
  3. タイトル・見出し・冒頭部の書き方
  4. ブログの記事の書き方のよくある悩み

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • 基本的なブログの記事の書き方が分かった
  • 読まれるブログを書くための極意が分かった
  • とりあえずブログの記事を書けるようになった

という結果を手にすることができます!

目次

読まれるブログ記事の書き方の極意

それではまず、読まれるブログ記事の書き方の極意について解説します。

具体的には以下の7つです。

  • ユーザーのために記事を書く
  • 明るい未来をイメージさせる
  • 一番最初に結論を書く
  • たった一人に向けて記事を書く
  • 適切なコンテンツを返す
  • いきなり記事を書き始めない
  • 小学5年性でも分かるレベルに

それでは詳しく解説します!

その1:ユーザーのために記事を書く

まず1つ目ですが、ユーザーのために記事を書きましょう。

あなたが書く記事は「日記ブログ」ではなく

ユーザーの悩みを解決する為のコンテンツ

です。

要は、記事を読んだユーザーが何かしらの悩みや疑問を解決できなければいけません。

あなた自身が言いたいことや書きたいことを一方的に書くのではなく、

ユーザーが何を知りたがっているのか?

を理解した上で記事を書きましょう。

最初のうちは

 

ブログって何を書けば良いんだろう?
今日はこんなことがあったからこれを記事にしようかな?

という感じで、思いつきで記事を書いてしまいがちです。

しかし、それではいつまで経ってもブログで稼げません。

なので、あなたがブログの記事を書くのは

ユーザーのために記事を書く

ということを常に忘れないでください!

その2:明るい未来をイメージさせる

2つ目ですが、ユーザーに明るい未来をイメージさせましょう。

というのも、ブログを読んだユーザーは、

  • 悩みを解決するために商品を買う
  • 疑問点を解決して作業に取り組む

こんな感じで何かしらの行動をするわけですよね。

つまり、最終的にユーザーに行動してもらわなければいけません。

そのためには、

行動することで得られる明るい未来

をユーザーにイメージさせる必要があります。

この記事で言えば

 

ブログの記事の書き方が分からない

というユーザーに対して、

ブログの記事の書き方を知ることによってブログで稼げるようになります

という未来を伝えています!

明るい未来をイメージさせるのも、ライティングスキルの一つであると言えます!

その3:一番最初に結論を書く

3つ目ですが、一番最初に結論を書きましょう。

 

え?普通は結論って最後に書くんじゃないの?

と思いますよね。

しかし、ブログの場合は真っ先に結論を書くべきです。

なぜならば、ユーザーが興味があるのは、

自分が知りたい情報があるかどうか

これだけだからです。

それに、ブログのような「誰でも無料で簡単に読める媒体」は、飛ばし読みされるのが普通です。

あなたが書いた文字を一言一句読んでくれる人なんて誰もいません。

なので、真っ先に結論(ユーザーが知りたがっていること)を述べなければ、ユーザーは離脱してしまうのです。

この記事の冒頭でも、

  1. 読まれるブログ記事の書き方の極意
  2. ブログの記事本文の書き方のポイント
  3. タイトル・見出し・冒頭部の書き方
  4. ブログの記事の書き方のよくある悩み

を書いていますし、この見出しの前にも

具体的には以下の7つです。

  • ユーザーのために記事を書く
  • 明るい未来をイメージさせる
  • 一番最初に結論を書く
  • たった一人に向けて記事を書く
  • 適切なコンテンツを返す
  • いきなり記事を書き始めない
  • 小学5年性でも分かるレベルに

という感じで、一番最初に結論を書いています!

ブログは「楽しむため」の娯楽ではなく、ユーザーの悩みを解決する為のコンテンツです。

 

結論を一番最後に出す「ドラマや漫画・小説」とは違うのです!

その4:たった一人に向けて記事を書く

4つ目ですが、たった一人に向けて記事を書きましょう。

 

え?多くの人に読まれる必要があるんだよね?

 

だったら多くの人に向けて書くのが普通なんじゃ・・・

普通であればこう考えますよね。

しかし・・・不特定多数の人に向けて記事を書いている間は、ブログの数字は伸びないと思ってください。

なぜならば、現代人の多くは普段から情報に溢れかえっている状態であり、みんな「情報過多」になっているからです。

なので、不特定多数の人に向けて書いた記事を見たところで

 

この記事は私には関係ない

と思って、自然と無視してされてしまうのです。

街を歩けばいたるところに看板や広告がありますよね?

でも、あなたはそれらを”自然と”無視しているはずです。

その理由は簡単で「自分には関係ない」と思っているからです!

なので、あなたがやるべきことは

たった一人に向けて記事を書く

ことです!

実際のところ、不特定多数の人に向けて書いた記事よりも「たった一人の悩みを完璧に解決できる記事」の方が多くの人に読まれます!

その5:適切なコンテンツを返す

5つ目ですが、ユーザーの検索意図に対して適切なコンテンツを書きましょう。

あなたの記事を読むユーザーは、

  • 何かしらの悩みを抱えていて
  • その悩みを解決するためのグーグルで検索して
  • あなたの記事にたどり着いた・・・

ということになります。

そして、ユーザーはグーグルで検索するときに「キーワード」を入力して検索しますよね?

この「キーワード」こそブログの命とも言えるものです!

あたなが書いたコンテンツの内容がどれだけ充実していたとしても、そもそもキーワード選定を間違っていたら、

キーワードの検索意図とコンテンツのアンマッチ

が発生してしまいます。

そうなるとユーザーは

 

あれ?この記事はなんか違うなあ・・・

と思って、あなたのブログを読まずに他のページに移動してしまうのです!

検索キーワードとコンテンツのアンマッチを発生させないようにするためには

検索意図に適切なコンテンツを返す

ことが重要です!

ブログにおいてキーワード選定は命と言える大事な作業なので、ユーザーの検索意図を脳に汗かいて考えることが大事です!

その6:いきなり記事を書き始めない

6つ目ですが、いきなり記事を書き始めないようにしましょう。

特に、ブログ初心者の場合は

 

今日はこんな記事を書こうかな♪

と思いつきで記事を書いてしまいがちです。

しかし、思いつきで記事を書いている間はブログで稼げません。

なので、記事を書く前には必ず「ブログの記事構成」を作ってから記事を書きましょう。

私も最初は思い付きで記事を書いていましたが、この時はろくに稼げませんでした。

しかし、記事構成を作るようになってから、ブログの数字は大きく伸びました!

キーワード選定と同時に、ブログの記事構成も作ってから記事を書きましょう!

詳しくはこちらの記事で解説しています!

その7:小学5年性でも分かるレベルに

7つ目ですが、小学5年性でも分かるレベルにしましょう。

 

おいおい。小学5年生って・・・なめてんの!?

と思われるかもしれませんね。

しかし、誰が読んでも分かるような文章の方が望ましいです。

基本的にユーザーはあなたのブログに興味がありません。

なので、少しでもわからないことがあればすぐにページから離脱してしまいます。

だからこそ、誰が読んでも一発で分かるようなコンテンツにすることを意識する必要があります。

その目安が

小学5年性でも分かるレベル

です。

実際、上位ブロガーの記事を読んでいると「分からない」と感じることがないですからね!

なお、

 

私は文章力がないから・・・

と自己険悪に陥る人がいますが・・・それは間違いです。

そもそも、ブログに高度な文章力は必要ありませんし、高度な文章力は返って「分かりにくいブログ」にする原因となるだけです。

ブログの記事本文の書き方のポイント

それでは次に、ブログの記事本文の書き方のポイントを解説します。

具体的には以下の10個です。

  • 長ったらしい文章は使わない
  • 難しい表現・言葉は使わない
  • 句読点を使いすぎない
  • 適度に改行する
  • ですます調を統一する
  • 漢字ばかりを多用しない
  • 同じ言葉を繰り返さない
  • 見出しの下に画像を入れる
  • 画像や写真を使う
  • 適度に見た目を変える

それでは詳しく解説します!

その1:長ったらしい文章は使わない

まず1つ目ですが、長ったらしい文章を使わないようにしましょう。

理由は簡単で、長文を書くと

  • 読みにくいと感じてしまう
  • 読む気が失せてしまう
  • 意味が伝わりにくい

からです。

おそらくあなたはパソコンでブログの記事を書いているかと思いますが・・・パソコンで2行以上続く文章は絶対に書かない方がいいです。

パソコンで2行以上続く文章の場合、スマホで見たときに文字の塊に見えてしまうからです。

ちなみに、ブログの記事は割と単調なパターンの方が読みやすくなります。

私はパスタが大好きで、休日はもちろん、ほぼ毎日パスタを食べており、パスタソースもインスタントではなく自分で作っているぐらい、本当にパスタが大好きです。

よりも

私はパスタが大好きです。
休日はもちろん、ほぼ毎日パスタを食べています。
パスタソースもインスタンドではなく自分で作ります。
それぐらい、本当にパスタが大好きなんです!

ぐらいの方がいいです。

殺伐としているように感じますが、この方がユーザーは「読みやすい」と感じます。

 

そして、ユーザーの理解度も高くなります!

この点からも、高度な文章力は必要ないことが分かりますよね?

ユーザーは高度な文章力なんて求めていません。

高度な文章力は「ただの自己満足」なのです。

その2:難しい表現・言葉は使わない

2つ目ですが、難しい表現や難しい言葉は使わないようにしましょう。

先ほどもお話ししたように、ブログを読むユーザーは少しでも「わからない」と感じてしまうと、すぐにページから離脱してしまいます。

なので、難しい表現や言葉は使わないように注意しましょう。

例えばですが、

検索結果が同じような記事ばかりでは千篇一律である

と言われてもピンと来ませんよね。

検索結果が同じような記事ばかりだと面白みがない

の方がパッと分かるはずです。

これは極端な例ですが・・・難しい四字熟語や変な横文字を無理に使う必要はありません。

ブログ運営で大事なのは「カッコつける」ではなくて「ユーザーに理解してもらう」と言うことですからね!

その3:句読点を使いすぎない

3つ目ですが、句読点を使いすぎないようにしましょう。

1つ目の「長文を書かない」ということにもつながりますが・・・

1文の中で句読点を使うのは多くても2つまでにしましょう。

できれば「句読点は1つに抑える」方が望ましいです。

これも理由は簡単で、句読点を大量に使うと読みにくくなるし、句読点を多く使うということは

長文を書いてしまう原因になる

ということでもあります。

また、句読点が、多い文章は、不自然な文章に、見えてしまいますし、読みにくいと、思われてしまう、原因にも繋がります。

 

・・・うざいですよね!?笑

そうなんです。

句読点が多い文章ってウザいんですよね。

何度もお話ししているように、ユーザーは少しでも違和感を持ってしまうと

 

この記事読むのやめた!

と、他のページに移動してしまいます。

ユーザーに不快感を与えないためにも、句読点は使いすぎないように注意しましょう!

その4:適度に改行する

4つ目ですが、適度に改行しましょう。

むやみやたらと改行するのは良くないのですが、基本的には1文で改行するようにしてください。

基本的には「。」がついたら改行すると考えてください。

この理由は、

文体の頭(始まり)を
全て左側に揃えるため

です。

こうすることで、ユーザーにとっては

文章の始まりの位置がすぐに分かる(左側に揃っているから)

ので読みやすさがアップします!

あと、

たまに、

やたらと、

改行する、

人がいますよね。

 

これもウザいだけです。

最近はスマホで記事を読むユーザーが大半なので、改行は多い方がいいと言われています。

しかし、あまりにも改行しすぎるとユーザーに不快感を与えてしまいます。

要は「バランスが大事」だということです!

その5:ですます調を統一する

5つ目ですが、ですます調を統一しましょう。

これは学校でも習うことと同じですね!

「ですます調」に関しては、きちんと統一されていればどちらもでもOKです。

  • 「~です」を使うのであればですを使う
  • 「~だ」を使うのであればだを使う

という感じで、一貫性のある文章にしましょう。

統一されていない「です」「だ」が入り混じってる文章が一番よくないです!

どちらを使うかはあなたのサイトのジャンルや好みによりますが・・・ぶっちゃけどっちでもいいです。

とにかく「きちんと統一する」と言うことを意識しておきましょう!

ちなみに、私のブログでは、

  • 基本的な文章は全て「〜です」で統一
  • ふきだしなどの感情を表す文章では「〜だ」

と言う使い分けをしています。

その6:漢字ばかりを多用しない

6つ目ですが、漢字ばかりを多用しないようにしましょう。

なぜならば、漢字が多いと「黒い文字の塊」にみえてしまい、読む気が失せてしまうからです。

ほとんどの人は、小説よりも漫画を読む方が楽チンだと感じています。

なぜならば、文字が少ない方が読みやすいからです。

なので、漢字ばかりを羅列してしまうと、パッと見で

 

この記事なんだか読みにくそうだなあ〜

と言う印象を与えてしまうことになります。

それだけで離脱するユーザーもいますからね。

なので、漢字は多用しすぎないようにしましょう。

何度もお話ししているように、ブログは大量の漢字を使って国語力を見せつけるのが目的ではなく「ユーザーに理解してもらう」ことが目的ですからね!

ちなみに、

  • 漢字を多用しすぎないこと
  • ひらがなとカタカナを取り入れること

も大事です。

要は、漢字とひらがな・カタカナのバランスが大事だと言うことです!

その7:同じ言葉を繰り返さない

7つ目ですが、同じ言葉を繰り返さないようにしましょう。

例えばですが、同じ言葉を繰り返すとします。

すると、少し単調な文章になります。
すると、ユーザーが飽きてしまいます。
すると、ブログから離脱されてしまいます。
すると、あなたのブログは稼げなくなってしまいます。

この文章では「すると」と「〜ます」を連続させています。

しかし、これだと素っ気ない感じになってしまうんですよね。

なので、例えば

同じ言葉を繰り返すとしましょう。
すると、少し単調な文章になってしまい、ユーザーが飽きてしまうんですよね。
そうなると、ブログから離脱されてしまい・・・
最終的には、あなたのブログは稼げなくなってしまいます。

こんな感じですかね。

一文を短くすることに意識しすぎてしまうと、この現象が起こりやすいです。

なので、同じ言葉を繰り返さないように注意しましょう。

ちなみに

今日の天気は雨なので、地面が滑りやすくなっているので、こけないように注意する必要があるので、長靴を履きましょう

みたいな文章は最悪です。

 

こればっかりは「文章力」の問題になりますね・・・笑

その8:見出しの下に画像を入れる

8つ目ですが、見出しの下に画像を入れましょう。

この項目の見出しでも取り入れています。

見出しの下に画像を入れる理由はとても簡単で、

ユーザーに飽きさせないようにするため

です。

文章ばかりだとどうしても読むのに疲れてしまいますし、

 

なんか文章を読むのが飽きたなあ〜

と感じてしまうものです。

そんな時に有効なのが「画像を取り入れる」です。

その内容に合った画像(イメージできる画像)を見出しの下に貼り付けるだけでOKです。

 

これだけで平均セッション時間が伸びたという結果もあります!

アフィリエイト商品を紹介する場合などは、商品の画像などを挿入するのも効果的ですね!

余談ですが、上位ブロガーの記事を見てみると、見出しの下に画像があるケースが多いです。

ちなみに、画像を使うことで「読み飛ばし」を防ぐこともできます。

なぜならば、画像がパッと見えるだけで読み飛ばさずにスクロールを止めるからです!

その9:画像や写真を使う

9つ目ですが、画像や写真を使いましょう。

先ほどもお話ししましたが、画像や写真を使うというのは

  • ユーザーに飽きさせないようにする
  • 見た目を変える(ワンポイントになる)

という点でも有効です。

また、人間の脳は文字だけでは物事を綺麗にイメージできないものです。

そんな時に重要になるのが「画像や写真」です。

引用:Career Picksより

百聞は一見にしかず

という言葉があるとおり、言葉で説明するよりも画像1枚を見せた方が効果的なことはたくさんありますからね!

上記の画像も「文章で説明」すると同時に、印象与えるために「画像」を挿入しています。

文章では伝わらないニュアンスも、画像でイメージさせることで一気に伝わることもあります。

なので、画像や写真は積極的に使いましょう!

その10:適度に見た目を変える

10個目ですが、適度に見た目を変えましょう。

人間は黒い文字ばかり見ていると飽きてしまうものです。

読書が好きな人は別として、普通の人は

 

活字を読むのが嫌い・苦手

と言うのが大半です。

なので、ユーザーに飽きさせないようにするために色を変える工夫が必要です。

先ほどお話しした画像なんかもそうですし、

  • ボックス装飾を使う
  • 大事なポイントは赤文字にする
  • 重要箇所はマーカーを引く
  • 箇条書きを使う

こんな感じで、ちょっとした工夫だけで文章の読みやすさは全然違いますからね!

私はボックス装飾を多用して、同じ色合いが連続しないようにしています。

ただし!

あくまで「適度に色を変える」ということに注意してください。

同じ見た目が連続してもダメですが、逆に

色を変えすぎて
カラフルなブログの記事

になるのもNGです。

カラフルすぎると、

  • 目がチカチカしてくるので読んでいて疲れる
  • そもそもどこに注目したらいいのか分からない

ということにつながりますからね!

タイトル・見出し・冒頭部の書き方

それではここで、ブログのタイトル・見出し・冒頭部の書き方を解説します。

具体的には以下の5つです。

  • 記事のタイトルの書き方
  • ディスクリプションの書き方
  • 記事冒頭部の書き方
  • それぞれの見出しの書き方
  • キーワードを散りばめる

それでは詳しく解説します!

その1:記事のタイトルの書き方

まず1つ目ですが、記事のタイトルの書き方についてです。

ブログの記事を読むユーザーは、検索結果に表示された「記事のタイトル」を見て、記事を読むかどうかを判断します。

なので、記事のタイトルは超重要です!

 

ユーザーの目を引くような記事のタイトルをつけましょう!

記事タイトルの書き方のポイントは

  • ユーザーの目を引くタイトルにする
  • タイトルを見て結論がわかるようにする
  • 5W1Hを意識する
  • キーワードを入れる

ですかね。

大事なポイントを説明すると・・・記事のタイトルを見て

 

これは知りたいことが書かれていそうだ!

と思わせることが大事です。

なので、記事タイトルで結論がわかるようにしましょう。

「5W1Hを意識する」については、具体的には以下を意識しましょう。

  • WHO(誰が)
  • WHOM(誰に)
  • WHAT(何を)
  • WHY(何のために)
  • WHEN(いつ)
  • HOW(どのように)

この記事の場合

5W1H具体例
WHO(誰が)ブログで月5桁稼ぐ私が
WHOM(誰に)ブログの書き方がわからない初心者に
WHAT(何を)ブログの記事の書き方やポイントを
WHY(何のために)読まれるブログにするために
WHEN(いつ)この記事を読んで
HOW(どのように)初心者必見で

としています。

これを意識すれば記事タイトルがより具体的なものになります!

ちなみに、記事タイトルは33文字ぐらいがベストです。

なぜならば、33文字以上だと途中で表示されなくなるからです。

その2:ディスクリプションの書き方

2つ目ですが、ディスクリプションの書き方についてです。

ディスクリプションというのは、記事の説明欄のことです。

検索結果のこの部分のことですね!

ユーザーは、記事のタイトルと同時に記事のディスクリプションも見て記事を読むかどうかを判断します。

 

なのでディスクリプションも重要です!

ディスクリプションに関しても「結論がわかるように」書きましょう!

ちなみに、ディスクリプションにもキーワードを入れましょう。

なぜならば、ディスクリプションにキーワードが含まれていると「太文字」で表示されるからです。

ユーザーからすると

 

この記事は関係ありそうだな!

と思いますよね。

なので、ディスクリプションにもキーワードを入れるようにしましょう!

その3:記事冒頭部の書き方

3つ目ですが、記事冒頭部の書き方についてです。

あなたの記事をクリックしたユーザーは、記事に冒頭部を目にすることになります。

冒頭部でユーザーの興味を引くことができなければ、ユーザーは他のページに移動してしまいます。

なので、記事の冒頭部で

この記事は知りたいことが
書かれていますよ!

とアピールすることが大事です。

この記事の冒頭部でも、以下のポイントを押さえています。

  • ユーザーが抱えている悩みを明確にする
  • この記事を読むことで解決できることを示す
  • どんな人が記事を読むべきかを提示する
  • 記事の内容(見出し)を提示する
  • 記事を読んだ後どんな結果が得られるのかを提示する

私はここ数ヶ月間ずっとこの型を使って記事を書いています!

パクってOKですので、よく分からない人はこのテンプレートを使って記事の冒頭部を書いてみてください!

ソルブログの記事冒頭テンプレート

みなさんこんにちは。
○○です。

「〜〜がわからない。〜〜〜に困っている。〜〜〜が不安・・・ 〜〜〜について教えて!」

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、〜〜〜の私が、〜〜〜を解説するとともに、〜〜〜を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

・〜〜〜な人
・〜〜〜な人
・〜〜〜な人

今回の記事では

・見出し1
・見出し2
・見出し3
・見出し4

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

・〜〜〜が分かった
・〜〜〜が理解できた
・〜〜〜になった

という結果を手にすることができます!

その4:それぞれの見出しの書き方

4つ目ですが、それぞれの見出しの書き方についてです。

記事冒頭部を読み終えたユーザーが目にするのが「記事の見出し」です。

言わずもがなで、見出しも非常に重要です。

なぜならば、ユーザーは見出しを見て「この記事を読むべきかどうか」を判断するからです。

記事の見出しに関しては、

  • 見出しを見て結論がわかるようにする
  • 結論→理由→具体例→結論の順に説明する
  • キーワードを入れる

がポイントです。

まず、記事の見出しを見たユーザーに

 

この記事は読んだ方が良さそうだな

 

この記事は知りたいことが書かれていそうだな

と思わせないといけません。

なので、記事の見出しでも結論がわかるようにしましょう。

また、見出しの順番は結論→理由→具体例→結論が望ましいです。

つまり、

  • 真っ先に結論を述べる
  • 結論に至る理由を述べる
  • 具体的な例を提示する
  • 最後にもう一度結論を述べる

がベストです。

その5:キーワードを散りばめる

5つ目ですが、キーワードを散りばめましょう。

これまでに述べた、

  • 記事のタイトル
  • ディスクリプション
  • 記事冒頭部
  • 記事の見出し

全てにキーワードが含まれている方が望ましいです。

なぜならば、ユーザーが「この記事は関係ありそう」と思うからです。

なので、それぞれにキーワードを含めるように意識しましょう。

とは言え、不自然な形でキーワードを含めるのは逆効果です。

変な文章になったら意味不明になりますし、逆に

 

なんだこの記事は??

と違和感を持たせてしまうからです。

キーワードを含めるのは重要ですが、あくまで「自然な形で、無理のない範囲で」キーワードを含めるようにしましょう。

 

キーワードを多用しすぎるのはNGです!

ちなみに、

 

キーワードを詰め込みまくるとブログが上位表示される!

みたいな話をする人がいますが・・・それは一切関係ありません。

あくまで「ユーザーに関係ありそうだと思ってもらう」ための工夫の一つであり、SEOの評価が左右されることはありません。

ブログの記事の書き方のよくある悩み

それでは最後に、ブログの記事の書き方に関する「よくある悩み」を解説します。

具体的には以下の5つです。

  • わかりやすい文章って何?
  • ブログに最適な文字数はある?
  • ブログの悪い例ってあるの?
  • 文章力に自信がないけど大丈夫?
  • どうすればスキルが身につく?

それでは詳しく解説します!

その1:わかりやすい文章って何?

まず1つ目ですが、

 

わかりやすい文章って何?

という悩みです。

結論としては「分かりにくいと感じない」文章のことですね。

ブログにおいて、ユーザーが分かりやすい文章を書くことはとても大事です。

しかし、「分かりやすい」というのは簡単なのですが「分かりやすい」というだけでは分かりにくいですよね・・・

 

ややこしい。笑

なので、こちらの記事で

そもそも分かりやすい文章とは何なのか

を詳しく解説しています。

また、分かりやすい文章を書くポイントも解説していますので、合わせてお読みください!

その2:ブログに最適な文字数はある?

2つ目ですが、

 

ブログに最適な文字数はある?

という悩みです。

結論としては、最適な文字数はありません。

ちなみに

 

ブログは3000文字ぐらいが最適だ!

とか

 

1000文字は書かないとダメだ!

みたいな人がいますが、文字数は気にしなくてもいいです。

なぜならば、文字数はあくまで結果論であり、文字数を目標にするのはただの自己満足だからです。

エクセルの使い方を調べていて、長文が書かれていたらうざいですよね?すぐに答えがわかった方がいいですよね?

ちなみに、強いていうなら

ユーザーに誤解させることなく
伝えたいことを全て伝えられる

が最適な文字数と言えます。

ブログの文字数に関してはこちらの記事で詳しく解説しています!

その3:ブログの悪い例ってあるの?

3つ目ですが、

 

ブログの悪い例ってあるの?

という悩みです。

結論としては、ブログの悪い例は明確に存在します。

ブログにおいて正しい答えというものは存在しません。

ユーザーによって「正しい」と感じることもあれば「別にそうでもない」と感じることもあるからです。

しかし、少なくとも

これだけは絶対にやってはいけない悪い例

というものは明確に存在します。

そうした「悪い例」をもとに書いている記事があります。

真似するのではなく「反面教師」として、こちらの記事にも目を通してみてください。

その4:文章力に自信がないけど大丈夫?

4つ目ですが、

 

文章力に自信がないけど大丈夫?

という悩みです。

結論としては

 

文章力はそこまで必要ありません。
むしろ高度な文章力はかえって邪魔です。

ということです。

あまりにも文章力がなさすぎるのは良くないですが・・・普通の大人の文章力であれば十分でしょう。

あなたの熱い思いがあれば、文章力なんて一切関係ありません。

それに、この記事で紹介したポイントを意識すれば、そんなおかしな文章にはならないはずです!

また、先ほどもお話ししたように、ブログはユーザーに理解してもらうことが大事です。

文章力を見せつけるものではありません。

なので、高度な文章力なんて必要ありません。

なので、文章力に自信がないからといって自己険悪に陥る必要は一切ありませんよ!

その5:どうすればスキルが身につく?

5つ目ですが、

 

どうすればスキルが身につく?

という悩みです。

結論としては「とにかく行動しまくること」です。

残念ながら、この記事を読んだだけで完璧な文章が書けるようにはなりません。

あなたが実際にブログの記事を書きまくって経験を積んでこそ、初めてライティングスキルが身につきます。

 

本を読んだだけで勉強ができるようにならないことと同じですね。

なので、とにかく記事を書きまくることが大事です!

とは言え、多少の知識は持っておくべきです。

ということで、ライティングスキルが身につく本も1〜2冊は読んでおきましょう。

こちらの記事で、ライティングスキルが学べる本を紹介しています!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 読まれるブログ記事の書き方の極意
  2. ブログの記事本文の書き方のポイント
  3. タイトル・見出し・冒頭部の書き方
  4. ブログの記事の書き方のよくある悩み

上記4つについてお話ししました。

ブログの記事本文の書き方のポイントを解説するとともに、ブログの記事の書き方のよくある悩みを解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、ブログの記事の書き方のポイントをまとめておきます!

ブログ記事の書き方の極意
ブログの書き方のポイント
  1. ユーザーのために記事を書く
  2. 明るい未来をイメージさせる
  3. 一番最初に結論を書く
  4. たった一人に向けて記事を書く
  5. 適切なコンテンツを返す
  6. いきなり記事を書き始めない
  7. 小学5年性でも分かるレベルに
  1. 長ったらしい文章は使わない
  2. 難しい表現・言葉は使わない
  3. 句読点を使いすぎない
  4. 適度に改行する
  5. ですます調を統一する
  6. 漢字ばかりを多用しない
  7. 同じ言葉を繰り返さない
  8. 見出しの下に画像を入れる
  9. 画像や写真を使う
  10. 適度に見た目を変える

なお、先ほどもお話ししましたが・・・少なくともライティングに関する書籍を1〜2冊は読んでおいたほうがいいです。

なぜならば、ちゃんとした基礎スキルを身につけておくべきだからです!

こちらの記事でライティングスキルが学べるおすすめの本を紹介していますので、合わせてお読みください!

ブロガーであれば誰もが読んでいる有名な本ばかりです!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる