WPテーマSWELLを愛する私がSWELLの感想やできることを全て解説

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 のアイコン画像 

WPテーマのSWELLってどんなメリットがあるの?
今使っているテーマからSWELLに乗り変えようと思うんだけど
なんだか踏み切れなくて・・・

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

私は2020年3月に、このブログのテーマをSANGOからSWELLに乗り換えたのですが・・・

WPテーマのSWELLは本当に使いやすいテーマであり、いいことだらけでしかありません!

というのも、SWELLを使うことであなたは

  • ワードプレス最新の編集画面であるブロックエディタに完全対応
  • SWELLを使う理由が「オシャレだから」という人が後を絶たないぐらいオシャレで美しいデザイン
  • テーマ機能が非常に豊富でテーマ機能だけでほぼなんでもできてしまう機能性

というメリットを手に入れることができるからです!

この記事では、WPテーマSWELLを使った感想についてお話しするとともに、SWELLでできることについて解説します!

この記事を読み終えた後、あなたは

 のアイコン画像 

SWELLって最高の有料(優良)テーマなんだな!
今からSWELLに乗り換えてブログ運営を加速させるぞ!

という気持ちになるに違いありません!

というわけで、今回の記事では

  1. WPテーマSWELLを実際に使った感想を詳しく解説
  2. WPテーマSWELLでできる装飾について詳しく解説
  3. WPテーマSWELLならではの機能について詳しく解説
  4. WPテーマSWELLに乗り換える上で発生する悩みとは?

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • WPテーマのSWELLを使った感想やSWELLでできることを知りたい人
  • 今使っているテーマをSWELLに変えようかどうか悩んでいる人
  • クラシックエディタを使っていてブロックエディタが使いにくいと思っている人
目次

WPテーマSWELLを実際に使った感想を詳しく解説

それではまず、WPテーマSWELLを実際に使った感想について詳しく解説していきます!

その1:ブロックエディタは実は神だった

まず1つ目ですが・・・実際にSWELLを使って感じたこと

 のアイコン画像 

ブロックエディタってこんなに使いやすかったんだ!

ということです。

以前は「SANGO」というテーマを使っており、ずっとクラシックエディタで編集していました。

というのも、昔の私は

 のアイコン画像 

ブロックエディタって使いにくいよな〜

と思っていたからです。

当時ブロックエディタの画面にアップデートされた時に「使いにくいなあ」と感じたことを今でも覚えています。

しかし!

WPテーマのSWELLを使い始めてから

 のアイコン画像 

ブロックエディタ神やん・・・

と思うようになりました。

SWELL自体が「ブロックエディタ完全対応」であり、公式サイトでもブロックエディタを推奨しています!

それぐらい、ブロックエディタでの編集を想定してテーマを構築しているということですね!

正確な時間は計っていませんが・・・感覚的には「記事の編集時間が3分の2ぐらい」に減っています。

そんなこんなで、今の私は

ブロックエディタは神

と思うようになりました!

その2:カスタマイズも超簡単・専門知識は不要

2つ目ですが、WPテーマSWELLはデザインを超簡単に設定することができる点です。

どのテーマにも共通していることですが、デザインを変更するとなればカスタマイズ画面から操作しますよね?

SWELLも基本的には同じようにカスタマイズ画面から操作するのですが・・・

カスタマイズ画面の設定項目で大体の設定ができて、かつ「直感で」操作できるようになっています!

本文の装飾機能についても、ボックス装飾の色や囲み線・見出しの色やデザインを変えることも簡単にできます。

そして何より、SWELLを使うことで

CSSを触らなくても誰でも簡単にデザインを変更・設定できる

という点については、SWELLを使う大きなメリットと言えますね。

実際、このブログのトップページはSWELLの機能を使って編集したのですが・・・
CSSは一切触っていませんからね。

この点からも、

 のアイコン画像 

SWELLはブログ初心者にも向いているテーマである

と言えますね!

その3:SWELLに乗り換えて正解

3つ目ですが、私の率直な感想としては

 のアイコン画像 

SWELLに乗り換えて正解だった!

ということです。

2020年の3月からSWELLを使い始めたので、SWELLを使い始めて3ヶ月ぐらいが経過したことになりますが・・・

後悔している点は一つもありません!

私も最初はSWELLに乗り換えるかどうか迷いました。

WPテーマを乗り換えるとなれば、普通は「デザインの崩れ」を直す時間が発生しますからね。

しかしながら、SWELLには「テーマ乗り換えサポートプラグイン」というのが存在して、

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

現在は5つのテーマに対応しています!

なので、テーマの乗り換え時に発生するデザインなどの修正作業に関しては解決です。

もう1つの問題ですが、SWELLは17600円と決して安くない値段設定です。

とは言え、SWELLを一目見た時から

 のアイコン画像 

なんだこのテーマは!
自分が探し求めていたズバリのデザインじゃないか!

と思っていました。

なので、私は

これは自己投資なんだ!

と考えて・・・思い切ってSWELLに乗り換えることにしたのです。

そんなこんなでWPテーマをSANGOからSWELLに乗り換えたわけですが・・・今は何一つ後悔していません!

本当に「メリットしかない有料(優良)テーマ」だと思っています!

WPテーマSWELLでできる装飾について詳しく解説

それでは次に、WPテーマSWELLでできることを詳しく解説していきます。

この項目では以下の5つの機能を解説します。

  • ボックス装飾
  • テキスト装飾
  • 吹き出し
  • 画像やツイッターの埋め込み
  • カラムの変更

その1:ボックス装飾

まずはSWELLでできるボックス装飾を全て一覧にしておきます。

メインカラーの枠線

メインカラーの二重枠線

サブカラーの点線

サブカラーの枠線

ストライプ

方眼

角に折り目

スティッチ

かぎ括弧

かぎ括弧(大)

窪み

浮き出し

左に枠線

付箋

メインカラー吹き出し

白の吹き出し

Good

Bad

インフォ

アナウンス

えんぴつ

書籍

ポイント

チェック

バツ印

はてな

アラート

メモ

こんな感じで、たくさんのボックス装飾があります!

SANGOの方が装飾ボックスの種類は多いのですが、SWELLの装飾ボックスでも十分すぎるぐらいですね!

その2:テキスト装飾

次に、SWELLでできるテキスト装飾を全て一覧にしておきます。

普通の文字

太文字

斜文字

赤文字

青文字

オレンジ文字

蛍光マーカー

蛍光マーカー

蛍光マーカー

取り消し線

大きい文字

赤背景に白文字

文字の色も簡単に変えることができますし、蛍光マーカーの装飾もあります。

 のアイコン画像 

私は「太字」「赤文字」しか使いませんけどね。笑

文字の色は上記3種類以外もあります!

その3:吹き出し

次に、SWELLでできる吹き出しを解説しておきます。

 のアイコン画像 

SWELLには「吹き出しブロック」というものがあって、

 のアイコン画像 

事前に設定しておけば

 のアイコン画像 

超簡単に吹き出しブロックを呼び出すことができます!

STEP
吹き出しブロックを作る

吹き出し⇨新規追加をクリックします。

STEP
詳細設定をする

アイコン画像や吹き出しの向き、色などを設定しておきます。

STEP
記事の中で吹き出しブロックを挿入する

記事の編集画面で「SWELLブロック⇨吹き出し」を使えば、設定した吹き出しブロックを簡単に呼び出せます!

記事内で吹き出しを編集することも可能です!

SANGOを使っていた時は、

  • ショートコードを呼び出して
  • 画像を設定して

という操作をしていました。

吹き出しを右にするのか左にするのかも、ショートコードを触って設定していたのですが・・・

SWELLの場合はクリックひとつで簡単に吹き出しブロックが呼び出せます!

やってみると分かるのですが、めちゃくちゃ快適です!

その4:画像やツイッターの埋め込み

次が、画像やYouTubeの動画、ツイッターを埋め込む方法について解説しておきます。

SWELLは埋め込み機能が充実していて、とても簡単に画像などの埋め込みができます!

画像を埋め込む場合は「一般ブロック⇨画像」でOKです。

画像にリンクを貼り付けることもできます。
(画像をクリックしたらトップページに移動します)

YouTubeの動画やツイッターの埋め込みの場合は

  1. 埋め込みブロック⇨YouTubeかツイッターを選択
  2. 該当のURLをコピペして埋め込みボタンを押す

これだけでOKです。

YouTube動画の埋め込み

ツイッターの埋め込み

もちろんですが、デフォルトでレスポンシブ対応になっています!

その5:カラムの変更

最後に、5つ目がカラム変更についてです。

SWELLはカラムの変更も超簡単にできます!

STEP
レイアウト要素⇨カラムを選択
STEP
好きなカラムをクリックする
STEP
各ブロックを編集していく

こんな感じで、

2カラムも

3カラムも

簡単に

設定できます。

左ブロックを

大きくすることも

右ブロックを

大きくすることも

中央ブロックを

大きくすることも

簡単にできます!

スマホ表示の場合は1カラムになります。PC表示でご確認いただけます。

WPテーマSWELLならではの機能について詳しく解説

それでは次に、WPテーマSWELLならではの機能について詳しく解説します。

特に「私が記事でよく使っている機能」を解説しておきますね。

その1:グループブロック

まず1つ目がグループブロックです。

SWELL独自の機能ではないのですが、ブロックエディタ完全対応のSWELLに向いている機能ということで。

例えばですが、私は「箇条書きとボックス装飾」のグループブロックをよく使っています。

箇条書きとボックス装飾を使った例

  • 箇条書き
  • 箇条書き
  • 箇条書き
 のアイコン画像 

これがそうですね。

また、複数のブロックをグループ化して背景を変えることも可能です。

複数のブロックを

グループ化して

 のアイコン画像 

背景を変えた例が

こちらです。

最初はグループ化のことを分かっていなくて

 のアイコン画像 

なんだよ!ボックス装飾と箇条書きが組み合わせできないじゃん!

と思っていたのですが・・・実はグループ化を使えば大抵のことはできてしまうんですよね・・・笑

グループブロックは何かとできることが多い優秀なやつなんです。笑

その2:タブブロック

2つ目がタブブロックです。

こちらはSWELL独自の機能であり、タブを切り替えることで複数の商品を紹介できるブロックです!

特に、比較系のサイトに便利ですね。

例えば、タブブロックを使った例は・・・

SWELLのメリット
  • ブロックエディタ完全対応
  • 高デザイン・高機能を備えたWPテーマ
  • 初心者にも扱いやすい(優良)テーマ

※タブをクリックすると切り替わります。

こんな感じです!

アフィリエイトや何かのサービスを比較するときにタブを切り替えることで簡単に比較できるので、ユーザーにとっても超便利なブロックです!

その3:SWELLボタン

3つ目がSWELLボタンです。

こちらは一見すると普通のボタンなのですが・・・

SWELLのボタンは一味違っていて、ボタン装飾をした後にアフィリエイトリンクを貼り付けたら、それだけでコーディングができてしまうという優れものです!

エックスサーバーのアフィリエイト広告を貼っています。

こんな感じですね。

普通のURLを設置することもできますし、ASPサイトで入手した専用リンクを貼ることも可能です!

もちろんですが、ボタンの色や浮き出し・丸か四角かなどもカスタマイズ画面から簡単に設定できます。

その4:関連記事

4つ目が関連記事ブロックです。

 のアイコン画像 

この関連記事ブロックが超便利なんですよね・・・

というのも、SANGOの時は

  • 関連記事のショートコードを設置
  • 記事のIDを調べてコピペ

という感じで、結構面倒臭い作業をこなしていました。

特に「記事のIDを調べる」というのが面倒臭いんですよね。

しかし、SWELLの関連記事ブロックの場合は

  • 関連記事ブロックを挿入する
  • キーワードを入力すると自動で検索される

という手順で操作できます。

関係しそうなキーワードを入力すれば、関連記事が検索されるというのは非常に使い勝手がいいです!

キーワードを入力すると関連記事を検索できます。

こんな感じですね!

なお、外部リンクの場合は

  • 外部リンクに切り替える
  • URLを入力する

これだけでOKです!

自動的にページを新規で開くタグも付属します。

関連記事ブロックの見た目を設定することも可能であり、私の場合は

こんな感じのデザインにしています!

その5:投稿リスト

5つ目が投稿リストです。

こちらは「投稿した記事の一覧を表示するブロック」です。

  • 新着順・人気順・ランダム、表示する順番を選べる
  • 表示する記事のカテゴリーを選べる
  • 表示したい・したくない記事のIDを指定できる
  • カードタイプやテキストタイプなど表示形式を選べる
  • 表示するカラム数を設定できる

など、たくさんの設定ができます。

投稿リストは主にトップページで使いまくっています。

以下の記事で詳しく解説していますので、興味があれば合わせてお読みいただけたらと思います。

その6:Q&A

6つ目がQ&Aブロックです。

このブロックは質問に対する回答を書くことができるので、

  • ユーザーの悩みを明確化する
  • 悩みを再認識させる

という点で役に立ちます!

SWELLってどんなテーマなの?使いやすいの?

SWELLは神です。

こんな感じですね。

Q&Aブロックも、デザインを簡単に変更できます!

SWELLってどんなテーマなの?使いやすいの?

SWELLは神です。

SWELLってどんなテーマなの?使いやすいの?

SWELLは神です。

その7:ステップ

7つ目がステップブロックです。

こちらは何かの手順を説明するときに使える役に立つブロックですね。

STEP
あなたがこの記事を読んでSWELLに感動する

この記事を読んだあなたは「SWELLって最高だな!」と感動します。

STEP
あなたがSWELLを購入する

SWELLのすごさに惚れ込んだあなたはSWELLに乗り換えることを決意します。

STEP
SWELLを使ったあなたは幸せになる

SWELLのブロックエディタを使っていると作業性が上がってあなたは幸せになります。

STEP
SWELLを購入した私は報酬を受け取れる

このサイト経由でSWELLを買うと私にも報酬が入りますので私も幸せになります。

STEP
あなたも私もWin-Winの関係を築ける

SWELLを使うことで、あなたも私もお互いに幸せになることができます。

 のアイコン画像 

こんな感じですね。笑

何かの設定方法を説明するときや、ダウンロード方法などの手順を説明するときに便利ですね!

実際に、このブログでも「ブログの開設方法」など何かの手順を説明するときにはステップブロックを多用しています。

WPテーマSWELLに乗り換える上で発生する悩みとは?

それでは最後に、WPテーマSWELLに乗り換える上で発生する悩みを整理するとともに、

SWELLを使うことでその悩みを解決できる

ということを証明しておきます!

その1:テーマ変更によるデザインの崩れ

普通であれば、テーマを乗り換えるとなればデザインの崩れなどが発生します。

そして、その崩れを修正する時間も発生します。

なので、もしかしたらあなたは

 のアイコン画像 

テーマを乗り換えるのって何かと大変なんだよな。
だから一歩が踏み切れないんだよな〜

と思っているかもしれませんね。

しかし!

SWELLには「テーマ乗り換えサポートプラグイン」があることをお話ししました。

このサポートプラグインのおかげで、実際に私がSWELLに乗り換えた後も「デザインやコーディングを全くと言っていいぐらい」触っていません!

現在サポートされているのは

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

これらの5つのテーマです。

上記のどれかのテーマをお使いであれば、超簡単にSWELLに乗り換えることができます!

実際、見た目もデザインも装飾なども崩れていませんからね。

なので、

テーマ変更によるデザインの崩れなどを修正しないといけない

という悩みは、SWELLに乗り換える上では不要な悩みだということです!

以前の私はSANGOのテーマ機能でmetaタグを出力していたのですが・・・
こちらのページを参照すればmetaタグをSWELLに引き継ぐことができます!

その2:カスタマイズ全般に関して

2つ目ですが、テーマを変えたらカスタマイズ画面でいろんな設定をし直さないといけませんよね。

なので、もしかしたらあなたは

 のアイコン画像 

テーマ変更した後のカスタマイズって面倒臭いよな〜

と思われているでしょう。

もちろん、SWELLに乗り換えた場合も、多少のカスタマイズ画面の設定変更は必要です。

しかしながら、SWELLの場合は

カスタマイズ画面で直感的にほとんどの設定ができる

というメリットがあります。

そして何より、

CSSの知識がなくても誰でも簡単に設定できる

というのが最大のメリットと言えますね!

実際に私は、SWELLに乗り換えてからCSSを触った記憶がありません。
トップページのカスタマイズでも、CSSは一切触っていませんからね!

多少のカスタマイズは発生するものの、

  • 難しい知識は必要ない
  • 誰でも超簡単に”直感的に”設定できる

という感じで、カスタマイズに関する悩みもSWELLを使うことで解決されます

この点からも「ブログ初心者・素人に向いているテーマである」と言えますね。

その3:値段

3つ目ですが・・・SWELLの値段は17600円と決して安い値段ではありません。

なので、もしかしたらあなたは

 のアイコン画像 

SWELLの見た目が好きなんだけど値段がなあ〜

と思っているでしょう。

 のアイコン画像 

私も最初は全く同じ考えでした。

特に、ブログを始めたての初心者からすれば

 のアイコン画像 

17600円なんて高すぎる!

と、気が引けてしまうかもしれません。

しかしながら、これまでの項目で説明したように、

SWELLは初心者にとって非常に使いやすいテーマ

となっています。

それに、SWELLのデザイン性は「他の有料テーマと比べて群を抜いている」と言えますので、

何も分からない初心者こそSWELLのような有料(優良)テーマを使うべきだ!

というのが私の考えです。

なお、SWELLの値段は17600円とそれなりの値段はしますが、仮に1年間SWELLを使ったとしたら月1467円ぐらいの出費でしかありません。

 のアイコン画像 

ちょっと高いランチを1回我慢すれば元が取れますね!

1日あたりに直すとたったの49円です。

毎日49円払うだけでSWELLのような高機能・高デザインのテーマが手に入る

と考えたら・・・安い買い物だと思います。

それに、値段以上の機能が詰まっていることは言うまでもありません。

「自己投資」と思って、これを機にSWELLを使ってみてはいかがでしょうか?

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. WPテーマSWELLを実際に使った感想を詳しく解説
  2. WPテーマSWELLでできる装飾について詳しく解説
  3. WPテーマSWELLならではの機能について詳しく解説
  4. WPテーマSWELLに乗り換える上で発生する悩みとは?

上記4つについてお話ししました。

WPテーマSWELLの機能やできることについて詳しく解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

なお、もう一度SWELLのメリットを解説しておくと、

あなたがSWELLを使うメリット
  • ブロックエディタ完全対応であり記事編集時間が3分の2以下になる
  • テーマ変更サポートプラグインがあるので不要な修正作業が発生しない
  • 知識がないど素人でも直感て操作できるので初心者にも扱いやすい
  • 装飾機能が充実していてCSSなどの専門知識も一切不要
  • SWELLならではの機能も豊富でブログ運営が加速すること間違いなし

これだけたくさんのメリットがあります。

しかも・・・1日当たりたったの49円でSWELLを使うことができますからね。

 のアイコン画像 

SWELLに乗り換えない理由がありません!

というわけで、もしあなたが

 のアイコン画像 

WPテーマのSWELLってどんなメリットがあるの?
今使っているテーマからSWELLにおり変えようと思うんだけど
なんだか踏み切れなくて・・・

と思っているのであれば、これを機にSWELLに乗り換えてみてはいかがでしょうか??

\こちらの記事がおすすめ/

『絶対に欲しくなる』WPテーマSWELLを使った感想:結果をもたらす神テーマ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる