『最高峰デザイン』WPテーマをSWELLに乗り換える方法:サポートプラグインで超簡単

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

SWELLというテーマに興味があるんだけど、やっぱりテーマの乗り換えは大変だよね。SWELLに乗り換えるべきかどうか悩む・・・SWELLに乗り換える方法や設定項目、SWELLに乗り換えるべきかどうかを知りたい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、WPテーマをSANGOからSWELLに乗り換えた私が、他テーマからSWELLに乗り換える手順を解説するとともに、乗り換えた時にやるべきことやSWELLに乗り換えるべき理由を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • WPテーマSWELLに乗り換える方法を知りたい人
  • SWELLに乗り換えるべきかどうか判断したい人
  • テーマの変更が面倒くさいので一歩が踏み出せない人

今回の記事では

  1. 他テーマからSWELLに乗り換える手順
  2. SWELLに乗り換えた時にやるべきこと
  3. 今すぐWPテーマSWELLに乗り換えるべき理由
  4. SWELLに乗り換える上で発生する悩みと事実

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • SWELLに乗り換える際にやるべきことが分かった
  • 今すぐSWELLに乗り換えるべき理由を理解できた
  • WPテーマSWELLを使ってブログ運営が楽しくなった

という結果を手にすることができます!

目次

他テーマからSWELLに乗り換える手順

それではまず、WPテーマSWELLに乗り換える手順を解説します。

具体的には以下の3つです。

  • SWELLをインストール&有効化
  • 乗り換えサポート対応のテーマ
  • 念のためバックアップを保存

それでは詳しく解説します!

その1:SWELLをインストール&有効化

まず1つ目ですが、WPテーマSWELLに乗り換える方法を解説します。

STEP
テーマ購入

まずはテーマを購入します。

これはどのテーマでも同じですよね。

ちなみに、SWELLには無料配布版があるので、心配な人は無料配布版をダウンロードして実際に使ってみるのもアリです。

STEP
親テーマ・子テーマをインストール

次に、親テーマと子テーマをインストールします。

外観→テーマをクリックします。
新規追加をクリックします。
※この画面はすでにインストールされた状態です。
テーマのアップロードをクリックします。
選択をクリックします。
ダウンロードした親テーマと子テーマをアップロードします。

必ず「子テーマ」もインストールしてください。

STEP
子テーマを有効化

次に、子テーマを有効化しておきます

有効化するのは「親テーマ」ではなく「子テーマ」です。

テーマをSWELLに乗り換える手順はたったこれだけです!

 

どのテーマでも同じなんですけどね・・・笑

その2:乗り換えサポート対応のテーマ

2つ目ですが、SWELLにはテーマ乗り換えサポートプラグインが準備されています!

現在対応しているテーマは、

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR
  • AFFINGER

の6つです。

 

どれも有名なテーマばかりなので、使っている人も多いのではないでしょうか?

基本的に、ワードプレスのテーマを乗り換えるとなれば、

デザインやコードが崩れる&修正が必要

という問題が発生します。

しかし、上記の6つのテーマであれば・・・テーマ乗り換えサポートプラグインを使うことで、

以前のあなたのテーマの
デザインを崩すことなく

SWELLに乗り換えることが可能になります!

実際に使ってみると分かるのですが・・・このプラグイン、マジで神ですよ。

テーマ乗り換え後に過去の記事を全て修正するとなれば鬼のような作業になりますからね。

そうした作業を一瞬で終わらせてくれるという神プラグインなのです!

ちなみに、私はSANGOからSWELLに乗り換えましたが・・・

乗り換え直後はデザインによる記事の修正は一切おこなっていません!

その3:念のためバックアップを保存

3つ目ですが、テーマ乗り換えの際は念のためバックアップを保存しておきましょう。

テーマ乗り換えサポートプラグインを使えば基本的には問題ないと思いますが・・・

万が一SWELLに乗り換えた際にブログがバグった場合などに備えて、バックアップを取っておくべきです。

BackWPupというプラグインをインストール&有効化すれば、バックアップを簡単に作成することができます。

万が一に備えて、SWELLにテーマ変更する前にバックアップを保存しておきましょう!

SWELLに乗り換えた時にやるべきこと

それでは次に、WPテーマをSWELLに乗り換えた時にやっておくべきことを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • ブロックエディタで記事を編集する
  • 非推奨プラグインを無効化する
  • Google関係の設定をする
  • metaタグを修正する
  • SWELLアフィリエイトに参加する

それでは詳しく解説します!

その1:ブロックエディタで記事を編集する

まず1つ目ですが、ブロックエディタで記事を編集することです!

SWELLはワードプレス最新の編集画面であるブロックエディタに完全対応しているテーマです。

実際に使ってみると・・・ブロックエディタの操作性に感動するでしょう!

そして、クラシックエディタには戻れなくなってしまいます!!

私も最初は

 

ブロックエディタって使いにくいなあ。

と思っていましたし、以前はずっとクラシックエディタを使っていました。

しかし、SWELL導入と同時にブロックエディタを使い始めたのですが・・・

2日も経てばブロックエディタに慣れました。笑

そして、今ではクラシックエディタには戻れない状態になりました。

おそらくですが、SWELLほどブロックエディタの操作性を最大限に活かせるテーマは他にないでしょう。

 

なので、是非ともブロックエディタで記事を編集してみてください!

「クラシックエディタ」のプラグインを無効化しておいて、SWELLのブロックエディタの快適性を存分に味わいましょう!!

その2:非推奨プラグインを無効化する

2つ目ですが、SWELL非推奨のプラグインを無効化しましょう。

SWELL公式サイトには「SWELLには適していないプラグイン」がきちんと記載されています。

推奨プラグイン
  • SEO SIMPLE PACK
  • Highlighting Code Block
  • Google XML Sitemaps
  • WP Multibyte Patch
  • WP Revisions Control
  • Invisible reCaptcha for WordPress
  • BackWPup
  • Contact Form by WPForms
  • Really Simple SSL
  • Wordfence Security
  • SiteGuard WP Plugin
非推奨プラグイン
  • Table of Contents Plus
  • Lazy Load
  • Speech bubble
  • WordPress Popular Posts
  • Akismet Anti-Spam
  • AddQuicktag
  • TinyMCE Advanced
  • WP Super Cache
  • W3 Total Cache
  • EWWW Image Optimizer
  • Jetpack

なので、この記事に従って非推奨のプラグインを無効化しておきましょう。

なお、この中でも

  • SEO SIMPLE PACK
  • Highlighting Code Block

はSWELL開発者である了さんが開発されたプラグインなのでSWELLとの相性が良いです。

 

私は非推奨プラグインは全て停止にして、推奨プラグインに絞り込みました。

やってみると分かりますが、プラグインの数が減らせます。

SWELLの機能性が優れているため、余計なプラグインは使わなくてもいいということです!

この点も、SWELLを使うメリットと言えますね!

その3:Google関係の設定をする

3つ目ですが、GoogleアドセンスやGoogleアナリティクスの設定を行いましょう。

まずGoogleアドセンスについてですが、SWELL設定の画面に「ads.txtを編集」というページがあります。

Googleアドセンスのads.txtファイルをダウンロードし、そのコードをコピペして保存すればOKです。

アドセンス広告の貼り付けについてですが・・・

SWELLにはアドセンス用の機能が備わっているため、そこにAdsenseコードを貼り付けるだけでOKです。

次にGoogleアナリティクスについてですが、SEO SIMPLE PACKのプラグイン機能を使います。

SEO SIMPLE PACKのページに「Googleアナリティクス」というページがありますので、トラッキングIDを貼り付けます。

なお、すぐ隣に「ウェブマスターツール」というページがありますので、こちらからGoogleサーチコンソールのコードも貼り付けておきましょう。

これでGoogle関係の設定は完了です!

その4:metaタグを修正する

4つ目ですが、metaタグを修正しましょう。

metaタグというのは、各ページの

  • meta keyword
  • meta description

のことですね。

ちなみに、私はSANGOのテーマ機能でmetaタグを出力していたのですが・・・

テーマ変更した時に吹っ飛んでしまいました・・・泣

 

meta keywordはあまり関係ない

と言われていますが、ディスクリプション(記事の説明欄)が消えるというのは非常に痛いですよね・・・

検索した時の記事説明欄が消えるのは痛い・・・

そこで!

SWELL購入者のコミュニティで相談してみたところ・・・なんと了さんが専用のコードを書いてくれたのです!!

 

この時は了さんから後光が差していました。
実際には見えていませんけど。笑

そのコードをコピペしたら、以前のmeta descriptionが復元されました。

これで今までのSEO対策も無駄にはならずに済みました!

なお、今現在は

テーマ乗り換え時に
metaタグ出力を引き継ぐのコード

が公式サイトに記載されています!

ちなみに、この状態でSEO SIMPLE PACKにキーワードを入力してしまうと、全てのページにその設定が適用されてしまいます。

具体的にいうと、

ブログのトップページを意識して「ソルブログ」というキーワードを設定する
→他のページも全て「ソルブログ」というキーワード設定になってしまう

ということです!

なので、過去の記事のmetaタグは後から修正する必要はあります・・・

 

私は過去の記事をリライトしまくっているので、このタイミングでmetaタグも修正しています。

その5:SWELLアフィリエイトに参加する

5つ目ですが、SWELLアフィリエイトに参加しましょう!

というのも・・・SWELLのアフィリエイト報酬はなんと25%です!

あなたのサイトを経由してSWELLを購入する人が4人いたら、それだけでSWELL購入金額を回収することができます!

また、SWELL購入者の場合はSWELL公式サイトのページをサイトに貼り付けるだけでOKです。

ASPのように専用コードを取得する必要はなく、SWELL公式サイトのどのページのリンクを貼り付けてもアフィリエイト報酬の対象となります!

なお、報酬確認や報酬額の振込のためにはメンバー公式サイトであるSWELLER’Sに登録しておく必要があります。

詳しくはこちらの記事をご参照ください!

今すぐWPテーマSWELLに乗り換えるべき理由

それではここで、今すぐSWELLに乗り換えるべき理由を解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 洗礼されたシンプルなデザイン
  • 記事の編集時間が3分の1に短縮
  • HTMLやCSSの知識は一切不要
  • 大抵のことはSWELLで完結する

それでは詳しく解説します!

その1:洗礼されたシンプルなデザイン

まず1つ目ですが、SWELLに乗り換えることで洗礼されたシンプルなデザインを手に入れることができるからです。

そもそも、私がSWELLに乗り換えたきっかけは

 

SWELLのデザインに一目惚れしたから

なのですが・・・そのデザインが自分のものになったので、ブログ運営のモチベーションが上がりました!

ちなみに、他のSWELL購入者も

SWELLのデザインに惚れた

という意見が非常に多いです!

実際のところ、SWELLを使っているサイトを見てみると、

  • スタイリッシュかつシンプルで美しい
  • 絶妙なバランスで配置されたレイアウト
  • 見るだけで興味をそそられるデザイン性
  • 記事の読みやすさがグーンとアップする見た目
  • 違和感が1ミリも発生しないカラーリング

こんな感じのサイトばかりです!

以前使っていたSANGOのデザインももちろん良かったのですが、どちらかといえば「可愛らしい」感じが抜けませんでした。

しかし、SWELLに乗り換えたことで

洗礼されたシンプルで美しいデザイン

になりました!

あなたもSWELLに乗り換えることで、洗礼されたシンプルかつ美しいデザインのテーマが手に入りますよ!

その2:記事の編集時間が3分の1に短縮

2つ目ですが、SWELLに乗り換えることで記事の編集時間が約3分の1に短縮できました!

先ほどもお話ししたように、SWELLはブロックエディタ完全対応のテーマです。

そして、このブロックエディタの操作性がマジで神レベルなのです・・・!

実際に時間を計っているわけではありませんが、感覚的には

 

記事の編集時間が3分の1ぐらいに短縮できている

と感じています!

また、ブロックエディタを使うことで、HTMLやCSSの知識がなくても「直感的に編集できる」ようになります。

具体的にいうと、

  • この文章のところをボックス装飾で囲みたい
  • この文章を吹き出しに変えたい
  • この文章を箇条書きに変更したい
  • 2カラムにして左に画像・右に文章にしたい
  • ここに表を挿入したい

というのが、誰でも簡単にできてしまうのです!

SWELLに乗り換えることで、直感的に、かつ超効率よく作業することができますよ!

その3:HTMLやCSSの知識は一切不要

3つ目ですが、SWELLを使うにあたってHTMLやCSSの知識は一切不要です!

というのも、SWELLのコンセプトは

直感的に操作できる

だからです。

コードを書く必要もなく直感的に操作できるので、記事を書く時の時間コストを大幅に削減できるのがSWELLの大きな魅力の1つです。

引用:SWELL公式サイト

コードを書く必要もなく直感的に操作できるので、記事を書く時の時間コストを大幅に削減できるのがSWELLの大きな魅力の1つです!

カラーリングやレイアウトを変えるのも簡単であり、テーマ設定から誰でも直感的にブログをカスタマイズすることができます!

また、私のような知識のないど素人でもトップページを改造することだってできました!

余談ですが、最近私はSWELLに関する記事を書いていて、

 

そもそもSWELLに変えてからCSSを一切触っていない

ということにも気がつきました・・・

知識がない初心者ブロガーでも、簡単にオシャレなデザインを手に入れられるのは、SWELLを導入する大きなメリットと言えます!

その4:大抵のことはSWELLで完結する

4つ目ですが、SWELLに乗り換えることで、大抵のことはSWELLで完結できるようになります。

先ほども少しお話ししましたが、余計なプラグインを減らすことができます。

なぜならば、SWELLの機能性が優れているからです!

また、商品広告タグとか、記事一覧とか、目次作成とか、そうしたものは全てSWELL機能で実現できます。

 

トップページを自分でアレンジすることも簡単にできます。

もちろんですが、これらを実践するにあたって、HTMLとかCSSをカスタマイズをする必要もありません!

SWELLに乗り換えれば、あなたがやりたいと思っていることの大半は実現できると思っていいでしょう!

結論:WPテーマSWELLは神テーマである

結論をまとめると・・・SWELLは神テーマであるということです!

  • デザイン性も神レベル
  • 機能性も神レベル
  • ブロックエディタとの相性も神レベル
  • やりたいことはすべて実現できる

こんな神テーマが他にどこにあるのか!?

というぐらい、SWELLは使いやすい優良テーマだと思っています!

実際、SWELLを使い始めてから自分のブログを見て

 

なんかおしゃれな感じになったなあ~

と思うようになりました。

そして、それがブログ運営のモチベーションアップにも繋がっていますからね!

SWELLは決して安くない有料テーマであり、簡単に手は出せないかもしれません。

しかし、私個人的には、

知識もないブログ初心者こそ
お金を払ってSWELLを買うべき

と思っています!

なぜならば、SWELLを使うことでコンテンツ制作に集中できるからです!

デザインのことやコードのことをいちいち考える時間が不要になりますからね!

それに、あなたの記事を経由してSWELLを購入する人が4人いればSWELL購入金額を回収できます!

SWELLはメリットだらけの神テーマなので、これを機にブログのテーマをSWELLに乗り換えてみてはいかがでしょうか??

SWELLに乗り換える上で発生する悩みと事実

それでは最後に、SWELLに乗り換える上で発生する悩みと事実を解説します。

具体的には以下の5つです。

  • テーマの乗り換えって面倒臭い?
  • 乗り換えるとSEOが下がるの?
  • 過去記事ってどんな風になるの?
  • SWELLのカスタマイズは面倒臭い?
  • ブロックエディタって使いにくい?

それでは詳しく解説します!

その1:テーマの乗り換えって面倒臭い?

まず1つ目ですが、

 

テーマの乗り換えって面倒臭いんじゃないの?

という悩みです。

結論としては「SWELLの場合はそんな悩みは不要」ということです。

冒頭でもお話ししたように、SWELLにはテーマ乗り換えサポートプラグインがあります!

現在は以下6つのテーマに対応しています。

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR
  • AFFINGER

100%完璧に以前のテーマの機能を引き継げるわけではありませんが、少なくとも過去の記事のデザインは一切崩れていませんでした。

なので、

テーマ乗り換え直後に記事を全てリライトする

という作業は不要です!

 

これはSWELL独自のメリットと言えますね!

その2:乗り換えるとSEOが下がるの?

2つ目ですが、

 

SWELLに乗り換えるとSEOが下がるの?

という悩みです。

結論としては「下がりません」ということです。

というのも、そもそもSEOの評価はテーマだけで決まるものではありません。

あなたのコンテンツが一番重要ですし、だいたいのテーマ必要最低限のSEO対策は施されていますからね。

SWELLに乗り換えてSEO検索順位が下がるとか、そんな悩みは一切不要です!

ちなみに、私がSWELLに乗り換えた数日後・・・なぜかブログのPV数が激増しました。

これがSWELL効果なのかどうかは分かりませんが・・・

 

私の場合はこの結果でした。笑

その3:過去記事ってどんな風になるの?

3つ目ですが、

 

テーマを変えた時に過去記事ってどんな風になるの?

という悩みです。

結論としては「以前のテーマのデザインがそのまま引き継がれる」ということです。

これはSWELL独自の「テーマ乗り換えサポートプラグイン」があるから実現できていることです!

実際私はSANGOからSWELLに乗り換えましたが、SANGO時代の記事に書いたデザインは全て維持されています。

徐々にいろんな記事をリライトしてはいるものの、決して

テーマ乗り換え直後に全ての記事をリライトしなければいけない

ということは一切ありません!

なので、焦らずにじっくりと、SWELLのデザインに合わせてリライトしていけばOKです!

その4:SWELLのカスタマイズは面倒臭い?

4つ目ですが、

 

SWELLのカスタマイズは面倒臭いの?

という悩みです。

結論としては「ぶっちゃけカスタマイズと言えるカスタマイズはしなくてOK」ということです。

というのも、SWELLは余計なカスタマイズを一切しなくてもいいテーマだからです。

強いて言えば、

  • テーマカラーを変える
  • レイアウトを少し変える
  • Google設定する

ぐらいですかね。

私はブログのトップページもカスタマイズしていますが、カスタマイズしなくても十分使えるデザインです。

 

それに、HTMLやCSSを触る必要はありません!

むしろ、今までやっていた余計なカスタマイズをする必要がなくなるので、メリットだらけですよ!

その5:ブロックエディタって使いにくい?

5つ目ですが、

 

ブロックエディタって使いにくいの?

という悩みです。

結論としては「SWELLのブロックエディタはマジで神レベルなので、さっさとブロックエディタを使ってください」ということです。笑

先ほどもお話ししたように、SWELLのブロックエディタはマジで操作性が抜群に良いです!

公式サイトに記載の通り、マウスをぽちぽちすればそれだけで記事の編集ができるのです!

記事本文を書いて、それをショートコードで囲って・・・みたいな操作は一切不要ですからね!

このおかげで、記事の編集時間が3分の1ぐらいまで短縮されています!

また、ブロックエディタを想定した、

  • Usefu Blocks(便利なブロック)
  • Pochippu(商品紹介ツール)

というプラグインもあります。(了さんが共同開発されたプラグイン)

なので、ブロックエディタを使って困ることはありません!

クラシックエディタはサポートが終了してしまうので、今のうちににブロックエディタを使うべきですよ!

というわけで、結論としては

さっさとSWELLに乗り換えましょう

ということです!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 他テーマからSWELLに乗り換える手順
  2. SWELLに乗り換えた時にやるべきこと
  3. 今すぐWPテーマSWELLに乗り換えるべき理由
  4. SWELLに乗り換える上で発生する悩みと事実

上記4つについてお話ししました。

他テーマからSWELLに乗り換える手順を解説するとともに、乗り換えた時にやるべきことやSWELLに乗り換えるべき理由を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

この記事を読んだのであれば・・・SWELLにより興味が湧いたと思います!

こちらの記事でSWELLのメリット・デメリットを徹底解説していますので、合わせてお読みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる