『パスタ作りはこれ』北陸アルミニウムのアルミパンを使った感想とレビュー

  • URLをコピーしました!

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

普段からよくパスタを作るからアルミパンが欲しいんだけど、北陸アルミニウムのアルミパンってどうなの?あまり評判とか見かけないから、実際に使った人の感想を教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、北陸アルミニウムのアルミパンを愛用している私が、北陸アルミニウムのフライパンのメリットデメリットを解説するとともに、おすすめの人を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • 北陸アルミニウムのフライパンを使った感想や評判を知りたい人
  • 北陸アルミのフライパンがどんな人におすすめか知りたい人
  • 北陸アルミニウムのフライパンを買って損しないか不安な人

今回の記事では

  1. 北陸アルミニウムのフライパンをレビュー
  2. 北陸アルミニウムのフライパンのメリット
  3. 北陸アルミニウムのフライパンのデメリット
  4. 北陸アルミニウムのフライパンがおすすめの人

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • 北陸アルミニウムのフライパンを使った感想や評判が分かった
  • 北陸アルミのフライパンがどんな人におすすめか分かった
  • 使い勝手の良いパスタ作りに最適なフライパンを手に入れた

という結果を手にすることができます!

目次

北陸アルミニウムのフライパンをレビュー

それではまず、北陸アルミニウムのフライパンについてレビューします。

具体的には以下の3つです。

  • 北陸アルミニウムのフライパンについて
  • 北陸アルミニウムの「ビストロハウス」
  • 北陸アルミニウムのアルミパンを使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:北陸アルミニウムのフライパンについて

まず1つ目ですが、北陸アルミニウムのフライパンについてです。

北陸アルミニウムとは、富山県に本社を置く家庭用調理器具や健在製品・工業製品を取り扱っているメーカーです。

90年以上の長い歴史を持った企業であり、その名の通り「アルミ」を使った製品を主製品としています。

>>Amazon公式サイト|北陸アルミニウム

その中で、家庭用調理器具として「アルミ製のフライパン」を作っています。

特徴としては、すべて自社工場製造=日本製ということで、安心・安全・信頼の3拍子が揃ったメーカーであることです!

フライパンの種類は多数あって、ここには書ききれないぐらいの種類があります・・・

また、一般家庭用から業務用のプロ料理人向けのモデルまで、多数取り扱っています。

 

アルミパンはもちろん、コーティングのフライパンや中華鍋、本当に色々あるんですよ!

その2:北陸アルミニウムの「ビストロハウス」

2つ目ですが、北陸アルミニウムの「ビストロハウス」についてです。

ビストロハウスとは、プロ料理人向けに作られたアルミパンのことです。

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)
¥3,762 (2022/09/21 21:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

残念ながら、公式サイトではすでに取り扱っておらず、Amazon等から購入することになります。

私が購入したのはこの「ビストロハウス」というモデルであり、プロ料理人のYouTubeでも登場するレベルのアルミパンです。

その3:北陸アルミニウムのアルミパンを使った感想

3つ目ですが、北陸アルミニウムのアルミパンを使った感想についてです。

結論としては、

アルミパンと言えば絶対にこれ!
と言える使いやすいアルミパン

と言ったところでしょうか。

私は普段からパスタを作ることが多く、以前はこちらのアルミパンを使っていました。

大体のアルミパンって、取っ手の部分が熱くなるので家庭では使いにくいんですよね。

その理由で、眠った状態が続いていました。

そこで、Amazonブラックフライデーで北陸アルミニウムのアルミパンを購入したのですが・・・

 

これがもうめちゃくちゃ使いやすいんですよ!!

詳細レビューは後ほどしますが、ここで言っておきたいのは

アルミパンを買うなら絶対に「北陸アルミニウムのビストロハウス」を使え!!

ということですね。

>>Amazonで北陸アルミニウムのアルミパンを見る

北陸アルミニウムのフライパンのメリット

それでは次に、北陸アルミニウムのフライパンを使って感じたメリットを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • 熱伝導がよく温度調節しやすい
  • 取っ手が木製で熱くならない
  • 安心・安全・信頼の日本製
  • 見た目がカッコよくて本格的
  • パスタが最高に作りやすい

それでは詳しく解説します!

その1:熱伝導がよく温度調節しやすい

まず1つ目ですが、熱伝導率がよく温度調節しやすいことです。

アルミニウムは熱伝導率が高いため、

  • 火を強くしたら熱くなる
  • 火を弱くしたら冷める

という特徴を持っています。

なので、火を細かく調節することで、温度調節がしやすいです。

パスタを作る時がそうなのですが、乳化させたい・沸かせたい時には強火にすればOKですし、冷ましたい場合は火を消せばすぐに冷めます。

 

こんな感じで温度調節しやすい点は、アルミパンのメリットですね!

逆に言えば「蓄熱性が低い」ということでもありますので、肉を焼く場合にはあまり向いていないです。

とは言え、北陸アルミニウムのビストロハウスは特厚底になっているため、割と均一に火が入りやすいです。

その2:取っ手が木製で熱くならない

2つ目ですが、取っ手が木製でできているため熱くならないことです。

これが最大のメリットと言っても過言ではありません!

先ほどもお話ししましたが、アルミパンって取っ手の部分が熱くなるのが普通なんですよね。

プロの料理人であれば、鍋掴みやミトンを持って調理するのが普通ですが、一般家庭だとちょっと・・・という感じですよね。

しかし、北陸アルミニウムのビストロハウスは、取っ手の部分が木製でできています。

なので、いくら強火で調理しても、取っ手の部分は一切熱くなりません!

 

持ちやすいですし、滑ることもありません。

この点で、一般家庭でも非常に使い勝手の良いアルミパンとなっているのです!

その3:安心・安全・信頼の日本製

3つ目ですが、安心・安全・信頼の日本製であることです。

北陸アルミニウムのフライパンは、すべて日本の自社工場で製作しています。

なので、海外性でよくある「ハズレの商品」が無いと言えます。

細部まで丁寧に仕上げられていることはもちろん、破損等もなく安心して使うことができます!

その分値段は少し高いですが、

安心の日本製

と考えると、決して高い値段では無いでしょう!

その4:見た目がカッコよくて本格的

4つ目ですが、見た目がカッコよくて本格的であることです。

引用:Amazon公式サイト

料理好きの人には共感していただけると思うのですが・・・アルミパンってめちゃくちゃカッコよくないですか??

 

あのシルバーの光沢がたまりませんよね!

北陸アルミニウムのフライパンは「プロ仕様」ということもあって、見た目がカッコ良いのはもちろん、本格的な作りをしています。

  • 取っ手の持ちやすさ
  • 取っ手と鍋部分のバランス
  • 鍋の丸み(振りやすい)

こんな感じで、カッコよくも機能面では本格的に作られています!

キッチンに飾ると映えること間違いなしです!笑

その5:パスタが最高に作りやすい

5つ目ですが、パスタが最高に作りやすいことです。

ぶっちゃけいうと、アルミパンって「パスタ専門」のフライパンなんですよね。

普通ならテフロン加工のフライパンで十分ですし、肉や魚を焼くときは鉄のフライパンが向いています。

じゃあなぜ、あえてアルミパンを使うかというと・・・パスタを作るのに適しているからです。

  • 焼き目がついて美味しくなる
  • 乳化させやすい
  • ソースを「沸かす・冷ます」がしやすい

パスタソースを作る際には本当に使い勝手が良いんですよ!

イタリア料理人はみんなパスタを作るときにアルミパンを使っていますが、これが理由ですね。

という感じで、パスタを作るときには本当に使いやすいアルミパンです。

パスタを作らない人からしたら必要ないかもしれませんが、普段からパスタ料理を作る人は絶対に持っておくべきアルミパンです!

>>Amazonで北陸アルミニウムのアルミパンを見る

北陸アルミニウムのフライパンのデメリット

それではここで、北陸アルミニウムのフライパンを使って感じたデメリットを解説します。

具体定期には以下の4つです。

  • アルミの割にそんなに軽くない
  • 普通のアルミパンより値段が高い
  • 油を引いても食材がくっ付く
  • 変色しやすい・傷が目立つ

それでは詳しく解説します!

その1:アルミの割にそんなに軽くない

まず1つ目ですが、アルミパンの割にはそんなに軽くないことです。

普通、アルミパンといえば軽いイメージがありますよね。

一般的なフライパンはステンレス製なので、ステンレスよりもアルミの方が軽い=アルミパンは軽いということになります。

ですが、北陸アルミニウムのフライパンはあまり軽く感じませんでした・・・

27センチという大きめのサイズということもあるのですが、重さは約740gと、さほど軽くないです。

また、実際には食材の重さも入りますから、フライパンを持つ際には1kgぐらいになります。

今まで軽いフライパンを使っていたということもあるのですが、パスタを作っていてフライパンを煽る時に重たいんですよね。

 

煽りまくっていたら手首を壊してしまうかも・・・

作りが丈夫でしっかりとしている分、あまり軽くないのはデメリットですね。

その2:普通のアルミパンより値段が高い

2つ目ですが、普通のアルミパンよりも値段が高いことです。

大体ですが、アルミパンは2000円前後あれば購入できます。

大きさにもよりますが、大きめのサイズである27センチでも3000円あれば購入できます。

しかし、北陸アルミニウムのビストロハウスの場合は以下の値段です。

  • 21センチ:2785円(税込)
  • 24センチ:3675円(税込)
  • 27センチ:4385円(税込)

他のアルミパンと比べたら少し高めの値段設定ですよね。

寿命も長いですし、とても使いやすいので、コスパは良いと思います。

値段が高いとは言っても、他のアルミパンよりも1000円ちょっと高い程度なので、買えない値段ではないですけどね。

その3:油を引いても食材がくっ付く

3つ目ですが、油を引いても食材がくっ付くことです。

アルミパンに共通して言えることなのですが、食材がめちゃくちゃくっ付きます。

油を引いても食材がくっ付きます。

なので、何も調べずにいきなり

 

よしっ!肉を焼こう!

と意気込んで油を引いて肉を焼くと・・・とんでもないことになります。

炒める系の料理に関しては、鉄のフライパンやテフロンのフライパンを使いましょう。

肉や魚はまだしも、チャーハンやオムレツを作ると悲惨な目にあいます。

 

もう料理なんてしない!と思うぐらいのトラウマになるかもですね・・・笑

とは言え、くっついた面から焼き色がついてきて、ここが旨味の元(メイラード反応)になるのも事実です。

パスタの場合、このくっついた部分に茹で汁をかけてパスタソースを作ります。

くっついた部分の焼き目(旨味)が取れてちょうど良い・・・ということから、パスタに向いているのです!

その4:変色しやすい・傷が目立つ

4つ目ですが、変色しやすい・傷が目立つことです。

これもどのアルミパンにも言えることなのですが、アルミパンは変色しやすいです。

使って数日で、鍋の色が変色し始めます。

 

別に問題はないのですが、見た目的には少し気が引けますよね。

また、傷も目立ちやすいです。

五徳の上でガシャガシャ動かしていると、裏面が傷だらけになっています。

裏面の光沢。1回使うと傷だらけになります・・・

変色しやすい・傷がつきやすいのは、アルミパンのデメリットですね。

ちなみに、ホームセンターで売っている研磨剤を使ってごしごし磨くと綺麗になります。

変色しやすい反面「研磨剤でピカピカにできる点」は、アルミパンのメリットといえるでしょう!

>>Amazonで北陸アルミニウムのアルミパンを見る

北陸アルミニウムのフライパンがおすすめの人

それでは最後に、北陸アルミニウムのフライパンがおすすめの人を解説します。

具体的には以下の2つです。

  • 普段からよくパスタを作る人
  • 本格的なアルミパンが欲しい人

それでは詳しく解説します!

その1:普段からよくパスタを作る人

まず1つ目ですが、もしあなたが

 

普段からよくパスタを作る

というのであれば、北陸アルミニウムのアルミパンがおすすめです!

何度もお話ししていますが、アルミパンはパスタを作るのに向いています。

また、取っ手が木製なので暑くならないため、一般家庭でも使いやすい設計となっています。

パスタを作る人からするとメリットしかありませんので、ぜひ北陸アルミニウムのビストロハウスを使ってみてください!

その2:本格的なアルミパンが欲しい人

2つ目ですが、もしあなたが

 

本格的なアルミパンが欲しい

というのであれば、北陸アルミニウムのビストロハウスを使ってみてはいかがでしょうか?

ビストロハウスはプロ向けに作られら本格的なアルミパンです。

なので、普段の料理がワンランク格上げされるのは間違いありません!

  • 趣味でよく料理をする人
  • 調理器具にこだわりがある人
  • 自分のお店でカッコ良いフライパンを使いたい人

上記に当てはまるのであれば、北陸アルミニウムのビストロハウスを使ってみましょう!

参考:ぶっちゃけパスタ専門フライパン

参考までに記載しておきますが・・・この記事で何度も述べたように、アルミパンは「パスタ専用」のフライパンとお考えください。

食材がくっ付きやすいという点から、チャーハンやオムレツにはマジで向いていません。

肉や魚を焼くことはできますが、くっ付きやすいのでボロボロ崩れたりもします。

 

同様の理由で、ハンバーグなんかも向いてませんね。

じゃあなんでパスタには向いているのかというと・・・

  • 温度管理しやすい・・・乳化させる・ソースを沸かすのに最適
  • 食材がくっ付く・・・焼き目ができて美味しくなる

という理由です。

焼き目ができたとしても、パスタソースを作るときの茹で汁で綺麗に剥がすことができます。

また、こうすることでパスタソースに食材の香ばしい旨味がプラスされます。

簡単にいうと、お湯を入れたり水で煮たりする場合はより美味しくなるということですね!

この理由から、アルミパンはパスタ作りに向いていると言われています。

>>Amazonで北陸アルミニウムのアルミパンを見る

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 北陸アルミニウムのフライパンをレビュー
  2. 北陸アルミニウムのフライパンのメリット
  3. 北陸アルミニウムのフライパンのデメリット
  4. 北陸アルミニウムのフライパンがおすすめの人

上記4つについてお話ししました。

北陸アルミニウムのフライパンのメリットデメリットを解説するとともに、おすすめの人を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、北陸アルミニウムのアルミパンのメリットデメリットをまとめておきます!

メリット
デメリット
  1. 熱伝導がよく温度調節しやすい
  2. 取っ手が木製で熱くならない
  3. 安心・安全・信頼の日本製
  4. 見た目がカッコよくて本格的
  5. パスタが最高に作りやすい
  1. アルミの割にそんなに軽くない
  2. 普通のアルミパンより値段が高い
  3. 油を引いても食材がくっ付く
  4. 変色しやすい・傷が目立つ

ぶっちゃけ、普段パスタを作らない人にはあまり必要ないかもしれません。

肉や魚を焼くなら、アルミパンよりも他のフライパンの方が使いやすいですからね。

逆に、もしあなたが、

 

ほぼ毎日パスタを食べている

というのであれば、絶対に持っておくべきアルミパンと言えます!

ということで、これを機に北陸アルミニウムのアルミパンを使ってみてはいかがでしょうか?

>>Amazonで北陸アルミニウムのアルミパンを見る

P.S.

私は以前「アカオ」というアルミパンを使っていました。

\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

こちらの記事で詳しく解説していますので、興味がある人は合わせてお読みください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次