ブログで稼ぐにはアフィリエイトが命!位置は関係ない?テキストリンクが有効?【毎日更新271】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は271記事目です。

 のアイコン画像 

アフィリエイトリンクの正しい位置ってあるの?
貼り付けても全然効果がないんだけど・・・

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

というのも・・・あなたが悩みを抱えている通り、

アフィリエイトリンクはテキトーに貼り付けても無駄

というのが事実です。

しかし、あなたはこの事実に気がつくことができました!

そして、この記事を読み終えた後、あなたは

  • アフィリエイトリンクの正しい位置
  • どのリンク(バナー?テキスト?)が効果が高いのか
  • アフィリエイトリンクを貼るときの注意点
  • アフィリエイトリンクよりも重要なこと

これらを知ることができるからです!

最初に結論を言うと「真っ先にアフィリエイトリンクを貼る」と言うことです!(詳しくは後ほど)

副業でブログを始めた人の大半は、なんとなくASPサイトに登録してみるものの、

  • どんなアフィリエイトが稼げるのか
  • どんなアフィリエイトリンクを貼れば良いのか
  • どの位置にアフィリエイトリンクを貼れば良いのか
  • とにかくリンクを貼りまくれば良いのか

これらが何も分からない状態だと思います。

ブログで稼ぐためにはある程度のアフィリエイトの知識も必要ですし、ちょっとした違いによってアフィリエイトの成果が変わってしまいます。

アフィリエイトで結果を出すための知識と方法を身につけて、早く脱サラできるように頑張りましょう!

というわけで、今回の記事では

  1. ブログで稼ぐにはアフィリエイトが命!
  2. アフィリエイトリンクを貼るべき位置とは?
  3. アフィリエイトリンクを貼る時の注意点
  4. 貼る位置よりもライティングが重要?

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • アフィリエイトリンクの正しい配置場所を知りたい人
  • アフィリエイトでそこまで稼げていない人
  • やたらめったらアフィリエイトリンクを貼っている人
目次

ブログで稼ぐにはアフィリエイトが命!

繰り返しになりますが、ブログで稼ぐためにはアフィリエイトが欠かせません。

と言うか、ブログで稼ぐと言うことは「アフィリエイトで稼ぐ」と言い換えてもおかしくはありません。

具体的に「どうやってブログで稼ぐのか」に関しては、

  1. グーグルアドセンスなどのクリック報酬をもらう
  2. Amazonや楽天の商品を販売して紹介料をもらう
  3. ASPサイトに登録してアフィリエイト報酬をもらう

大きく3つに分類されます。

アフィリエイトによって単価の違いなどはあるのですが・・・その中でも特に

アフィリエイトリンクを貼る位置

は非常に重要です。

グーグルアドセンスの広告を貼る位置もそうなのですが、特にアフィリエイトリンクを貼る位置は重要で、貼る位置が違うだけでクリック率が変わってきますからね。

 のアイコン画像 

もちろん報酬額も変わります。

ブログで稼げるようになりたいのであれば、適切な位置に適切なアフィリエイトリンクを貼って、少しでも報酬を得やすいようにしなければいけません。

なお、もしあなたが

 のアイコン画像 

まだアフィリエイトサイトに登録していない

と言うのであれば・・・今すぐにアフィリエイトサイトに登録しておきましょう!

登録しないことには何も始まりませんからね!

アフィリエイトリンクを貼るべき位置とは?

と言うわけで、ここからは本題の「アフィリエイトリンクを貼るべき位置」についてお話しします。

ポイントは以下の4つです。

  • 記事の最初の辺りにリンクを貼る
  • 商品説明の後にリンクを貼る
  • 記事の最後にリンクを貼る
  • 文章の途中にリンクを貼っても意味無し

それでは詳しく解説します!

その1:記事の最初の辺り

まず1つ目ですが、記事の最初の辺りにアフィリエイトリンクを貼りましょう。

具体的には、大見出し(H2タグ)の前までですかね。

 のアイコン画像 

え?何も説明していないのにいきなりアフィリエイトリンクを貼るの?

 のアイコン画像 

ちゃんと説明した後にリンクを貼ったほうが良いんじゃないの??

普通はこう思いますよね?

私も最初はそう思っていたのですが・・・ブログにおいてこの考えはマズイです。

と言うのも、ユーザーのことをきちんと理解できていないからです。

ブログを読むユーザーは

とにかく一刻も早く結論を知りたい

と言う心理があります。

例えば「英会話 おすすめ オンライン」と検索したユーザーは、

オンラインでできるオススメの英会話を知りたい

と言う検索意図を持っています。

なので、ユーザーに対しては真っ先に結論(オンラインでできるオススメの英会話)を提示してあげるべきなのです!

特に、ブログのような「無料で読めるもの」に関しては、ユーザーは何一つ腹を痛めていません。

なので、あなたが書いた記事を一言一句きちんと読むユーザーなんていないのです!

飛ばし読みされることはもちろん、冒頭を読んで

 のアイコン画像 

この記事は自分に関係ない(結論が分からない)

と思われたら、そのページを離脱されるだけなのです。

なので、記事の最初の方にアフィリエイトリンクを貼り付けておきましょう。

ブログを読むユーザーの行動は

  1. 結論を知る
  2. 興味がわいたら続きを読む

です!

何かの商品を紹介する場合もそうですし、比較記事を書く場合にも有効です!

マナブログ運営者のマナブさんも、この方法を取り入れて効果が出たと解説されています。

その2:商品説明の後

2つ目が「商品説明の後」です。

例えば、何かの商品を説明する記事を書いたとします。

そうしたら、その商品を説明した直後(=ユーザーが知りたいことが分かった直後)にもアフィリエイトリンクを貼りましょう。

理由はとても簡単で、知りたい情報を得た後は購買意欲が高い状態だからです。

 のアイコン画像 

この商品のこの点が気になっているんだけど・・・

と言うユーザーがいたとして、あなたの記事を読んでいたとします。

そして、あなたの記事の中で

この商品のこの点が気になる人は多いですが、実は問題ありません!その理由は・・・

と言う感じで、そのユーザーに対する適切な答えを書いていたとします。

すると、ユーザーとしては

 のアイコン画像 

知りたいことが分かった!この商品は大丈夫なんだ!

と、その商品を買っても問題ないと言うことが分かるため、その商品を買う確率がグッと上がります。

とは言え、あなたの記事を「どんなユーザーがどんなキーワードで検索しているのか」にもよります。

例えば、

  • 「商品名」で検索している:買う確率が高い
  • 「ダイエット オススメ サプリメント」みたいな検索:買う確率はそこまで高くない

と言う感じです。

なお、大見出し(H2タグ)の最後にアフィリエイトリンクを貼るのも有効です。
大見出しの後はそれぞれの結論を書いているはずなので。

その3:記事の最後

3つ目ですが、記事の最後にアフィリエイトリンクを貼りましょう。

これも理由は簡単で、

  • 記事を最後まで読む=その商品に興味を持っている人である
  • 読み飛ばされてもアフィリエイトリンクにたどり着く

と言うことです。

1つ目の「その商品に興味を持っている」は、あえて説明する必要はないでしょう。

その商品に関する記事を最後まできちんと読んでくれていると言うことは、その商品に対する購買意欲が高い状態だと言うことですからね。

2つ目の「読み飛ばされてもアフィリエイトリンクにたどり着く」ですが・・・

特にスマホユーザーの場合「読み飛ばす」のが普通です。

先ほども説明したように、あなたの記事を一言一句きちんと読んでくれるユーザーなんていません。

  • 記事の途中でアフィリエイトリンクを貼っていても読み飛ばされる可能性がある
  • そこで、目につきやすい「記事の最後」にアフィリエイトリンクを貼っておけば少しはクリック率が高くなる

と言うことです。

グーグルアドセンスもそうなのですが、記事の最後の広告ユニットが一番クリック率が高いですからね。

注意:文章の途中に貼っても意味がない

よくある間違いが、文章の途中にいきなりアフィリエイトリンクを貼ることです。

こんな感じですね。

正直に言いますが、文章の途中にいきなりアフィリエイトリンクを貼ってもクリックされることは限りなくゼロに近いです。

 のアイコン画像 

アフィリエイトリンクは少しでも多く貼ったほうが良いんじゃないの?

と思うかもしれませんが、クリックされない場所に貼り付けまくったところで

ユーザーの利便性が悪くなる

と認識されてしまうので、SEO的にはマイナス影響でしかありません。

なので、適切な場所に必要最低限のアフィリエイトリンクを貼るようにしましょう。

アフィリエイトリンクは多けりゃ良い

は間違いです。

それに、ユーザーが欲しい情報を調べている途中であれば、広告なんて興味がありませんからね。

また、後ほど詳細説明しますが、文章の途中でバナー広告を貼るのも効果的ではありません。

理由は簡単で「広告と思われてしまう」からです。

アフィリエイトリンクを貼る時の注意点

それでは次に、アフィリエイトリンクを貼る時の注意点についてお話しします。

ポイントは以下の6つです。

  • バナー広告よりテキストリンクを使う
  • 広告感のないテキストリンクを使う
  • 他の文章に青文字・下線装飾は使わない
  • 「公式サイト」などは有効
  • 商品紹介はカッテネ、もしくはもしもアフィリエイトの簡単リンクを使う
  • 広告は貼りすぎ注意

それでは詳しく解説します!

その1:バナー広告よりテキストリンク

少し意外かもしれませんが、バナー広告よりもテキストリンクの方がクリックされやすいです。

その理由は簡単で

  • バナー広告は広告だと思ってしまう
  • そもそも「クリックできる」と思わない

です。

まず1つ目に関してですが・・・ユーザーは広告と分かっている状態であえてクリックすることはありません。

(ユーザーを騙すような言い方になってしまうかもしれませんが)広告と思わせないように、自然な形で誘導する必要があります。

2つ目ですが、ユーザーの中にはバナー広告を見ても

 のアイコン画像 

そもそもクリックできるとは思わなかった

と言うユーザーもいます。

なので、バナー広告を貼る場合には、その直下にテキストリンクも貼りましょう。

もしもアフィリエイト

こんな感じですね。

その2:広告感のないテキストリンクを

テキストリンクを貼るにしても、少し注意が必要です。

例えばですが、

上記の2つのリンクがあったとしましょう。

1つ目のテキストリンクは広告っぽい匂いがプンプンしますよね?

ASPサイトには各種リンクが用意されていて、各社が準備したキャッチコピーが詰め込まれているのですが・・・

そのまま使用してしまうと広告感が丸出しになってしまうことがあります!

なので、できれば「自由テキスト」を選ぶようにしましょう。

そして「自由テキスト」の箇所には「●●公式サイト」と言う文言がオススメです。

その3:文字の装飾で青色は使うな

テキストリンクを使うにあたって注意して欲しいのが「文字の装飾で青色は使うな」と言う点です。

テキストリンクはこんな見た目になります。

今すぐ無料トライアル!【Cambly(キャンブリー)】

人間の本能的なことにも影響しているのですが、人間には

リンクといえば青色にアンダーライン

と言う認識があります。

ワードプレスはテキストリンクと混同しないために下線装飾はありません。

が、青文字の装飾は普通に使えるようになっているため、青文字を使いまくっているどこがリンクなのか分からない状態になってしまいます。

 のアイコン画像 

この項目も青文字で装飾しまくっていますが、分かりにくいですよね?

なので、文字の装飾で下線・青色は使わないようにしましょう。

その4:「公式サイト」などは有効

先ほど少し登場しましたが、テキストリンクを貼る場合において「●●公式サイト」と言うのは非常に効果的です。

この理由は簡単で「公式サイト」と記載があるだけで安心感が生まれるためです。

先ほども少しお話ししましたが、

上記2つのリンクがあったとして、あなたはどちらの方が安心してクリックできるでしょうか?

 のアイコン画像 

もちろん後者ですよね??

ユーザーはあなたのことを疑っていて、

 のアイコン画像 

変な広告をクリックさせられないか?

と常に警戒しています。

その警戒心を解くためにも「公式サイト」と言う記載は非常に効果的なのです。

その5:商品紹介はカッテネを使う

ASPだけでなく、例えばAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトを使う場合は、テキストリンクだけでなくてカッテネなどを取り入れましょう。

普通のテキストリンクだと

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

こんな感じですが、カッテネを使うとこんな見た目になります。

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。本書はWeb上で連載され、大人気を博したコンテンツを書籍化したものです。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。特別解説は、ストーリーを通じて語られるさまざまなノウハウや考え方を、より深く具体的に掘り下げた実践的な内容になっています。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

どうでしょう。

  • 見た目的にもオシャレになる
  • そこまで広告感はない
  • クリックする場所がぱっと見で分かる

というメリットがあります。

詳しくはこちらの記事でもお話ししています。

なお、もしもアフィリエイトの「簡単リンク」を使えば、カッテネのような見た目のリンクが簡単に作れます!

もしもアフィリエイトで簡単リンクを作成する

その他に「カエレバ・ヨメレバ」とか「Rinker」もあるのですが、PA-APIの制限があるので、私はおすすめしていません。

その6:広告は貼りすぎ注意

最後に・・・広告の貼りすぎはNGです。

誰でもそうなのですが、決してあなたの広告をクリックしたいとは思っていません。

自分が欲しい情報があって合理性があると判断できた場合のみリンクをクリックする

これが普通です。

なので、アフィリエイトリンクをやたらめったら貼り付けまくっていると、鬱陶しいだけです。

クリックどころか、そのページから移動されてしまう原因にもなります。

大見出し(H2タグ)の最後に貼り付けるのは非常に有効なのですが、たまに

  • 文章の途中にアフィリエイトリンクを貼りまくっている
  • どこを見てもアフィリエイトリンクだらけ

と言うサイトを見かけます・・・

 のアイコン画像 

ウザいだけですよね!?笑

先ほども言いましたが、

アフィリエイトリンクは適切な場所に必要最小限の数だけ貼り付ける

を忘れないように注意しましょう。

貼る位置よりもライティングが重要?

それでは最後に、アフィリエイトリンクに関して補足しておきます。

ポイントは以下の3つです。

  • アフィリエイトリンクを貼る位置は関係ない!?
  • 広告を貼りまくるのはただの押し売りと同じ
  • ライティングで誘導できるかが重要なポイント

それでは詳しく解説していきます!

その1:貼る位置は関係ないという説も

アフィリエイトリンクを貼り付けるべき位置についてお話ししましたが、中には

 のアイコン画像 

アフィリエイトリンクを貼る位置は関係ない!

という人もいます。

その理由は簡単で、

どんなユーザーがどんなキーワードであなたの記事にたどり着いているかの方が重要

ということです。

例えばですが、あなたが「オンライン英会話のCamblyを使ってみた感想」という記事を書いたとします。

そして、ユーザーの検索キーワードが

  • 英会話 Cambly 感想
  • 英会話 オンライン オススメ

だったとします。

どちらの方があなたの記事を読んでアフィリエイトリンクをクリックする確率が高いでしょうか。

 のアイコン画像 

もちろん前者ですよね?

前者の場合は「Cambly」という商標で検索しているので、

  • Camblyに興味がある
  • Camblyを使おうか迷っているけど一歩踏み出せない
  • Camblyを使って失敗しないか・損しないか心配

という状態です。

なので、それらの不安を取り除いてあげることができれば、アフィリエイトリンクをクリックする確率は高くなります。

一方で後者の場合は

オンラインでできるオススメの英会話を調べている・比較している

という状態です。

Camblyの存在を知らない人もいますし、Camblyを知ったところで

 のアイコン画像 

まだ他にいいものがあるかもしれない

と思うのが普通です。

この場合、あなたの記事を読んだとしても、アフィリエイトリンクをクリックする確率は低いです。

このように、アフィリエイトリンクを貼る位置云々の問題ではなく、そもそも

あなたの記事とユーザーの検索意図が一致しているか

の方が重要だという意見もあります。(事実ですけどね)

その2:広告を貼りまくるのはただの押し売り

先ほどお話しした「広告は貼りすぎ注意」にも関連するのですが、アフィリエイトリンクを貼りまくる行為は、ただの押し売りと同じです。

例えばですが、あなたの家に営業マンが押しかけてきて、

 のアイコン画像 

この商品買ってください!

 のアイコン画像 

こちらもオススメですよ!

 のアイコン画像 

今ならこれもおつけします!!

という感じで押し売りに来られたらどうでしょう・・・

 のアイコン画像 

鬱陶しいだけですよね?

アパレル店でもそうですが、好きでもない服を店員さんが無理やり勧めてくることがありますが・・・
あれもうざいだけですよね??

人間は押し売りなんてされたくありません。

あくまで「自分で納得して選んだ感が欲しい」と思っているのです。

なので、アフィリエイトリンクの貼りまくりはNGであり、適切な位置に最小限の数のアフィリエイトリンクを貼るべきなのです。

自分で納得して選んだ感が欲しい

というのがとても重要であり、人間は誰かに勧められたものよりも自分で納得して選んだものにお金を使いたいと思っています。

特に、ブログを読むユーザーは「情報が欲しい」と言う魂胆があります。
その情報が「商品」であれば別ですが、むやみやたらと商品を押し売りしても効果がないことは目に見えています。

詳細はこちらの本で解説されていますので、興味がある方は一度読んでみてください。

Webマーケティングの実用入門書!人気コンテンツに解説記事を加えて書籍化。数多のWebサイトを救ってきた伝説のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。

その3:ライティングで誘導できるかがポイント

最後に・・・アフィリエイトリンクの貼る位置も大事ですし、あなたの記事とユーザーの検索意図が合っているかどうかも重要なのですが・・・

もっと大事なのは「あなたのライティング力」です。

簡単にいうと、

あなたの記事を読んだユーザーが「この商品欲しい!」と思うような文章になっているか

です。

言ってしまえば「あなたの文章次第で結果は大きく変わる」ということでもあります。

ライティングに関するスキルを学べる本はたくさんありますし、文章次第で結果が変わるというのも事実なのですが・・・

正直にいうと、これは経験あるのみです。

例えばですが、何かの商品を紹介するとなれば

  • あなたが実際に使ってみた感想を事細かく書く
  • 写真も貼り付けてユーザーがイメージしやすい状態にする
  • 良い点も悪い点も全て包み隠さずにそのまま書く

を意識すれば良いかと思います。

寝ログ運営者のわいひらさんは自身のブログで以下のように書かれています。

ネタがなくても月3万円を稼ぐブログなら誰でも作れる。後はやるかやらないかだけ

身の回りにあるモノの写真をデジカメで撮りまくる
写真に撮ったモノを徹底的に使い込む
モノの使用感を自分の感じたままブログに書き殴る

引用:寝ログ

この点がクリアできているのであれば、あとは文章が読みやすいかどうかの問題ですからね。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. ブログで稼ぐにはアフィリエイトが命!
  2. アフィリエイトリンクを貼るべき位置
  3. アフィリエイトリンクを貼る時の注意点
  4. 貼る位置よりもライティングが重要?

上記4つについてお話ししました。

もしあなたが

 のアイコン画像 

なんとなくアフィリエイトを始めて
なんとなくアフィリエイトリンクを貼り付けていた

という状態だったのであれば、アフィリエイトリンクを貼るべき位置や注意点を理解できたかと思います。

もちろん、アフィリエイトリンクを貼る位置に正しい答えはありませんし、

 のアイコン画像 

アフィリエイトリンクを貼る位置は関係ない!

という意見もあります。

しかし、少なくともアフィリエイトリンクを正しい位置に貼り付けていない場合、それだけで機会損失になっている可能性もあります。

なので、テキトーにリンクを貼るのではなく、適切な位置に最小限の数のアフィリエイトリンクを貼りましょう。

この記事の内容をもう一度まとめておきますね。

アフィリエイトリンクを貼るべき位置
  • 記事の最初の辺り:ユーザーは一刻も早く結論を知りたがっている
  • 商品説明の後:知りたいことがわかった直後だとクリックされやすい
  • 記事の最後:最後まで読むということは興味がある人が多い、読み飛ばされてもクリックされる確率が高い
  • 注意:文章の途中にいきなりリンクを貼っても意味がない、変な場所にリンクを貼っても逆効果
アフィリエイトリンクを貼る時の注意点
  • バナー広告よりテキストリンクを使う
  • 広告感のないテキストリンクを使う(できれば自由テキスト)
  • 他の文章に青文字・下線装飾は使わない(テキストリンクとの違いが分からない)
  • 「公式サイト」などは有効(「公式」と言う文字を見るだけで安心感が生まれる)
  • 商品紹介はカッテネ、もしくはもしもアフィリエイトの簡単リンクを使う
  • 広告は貼りすぎ注意(広告の貼りすぎは押し売りと同じこと)
アフィリエイトリンクの位置よりもライティングが重要
  • アフィリエイトリンクを貼る位置は関係ないという説もある。アフィリエイトリンクの位置よりも「あなたの記事とユーザーの検索意図が合っているかどうか」の方が重要。
  • 広告を貼りまくるのはただの押し売りと同じ。誰だって押し売りされたくないし、自分で納得して選んだ商品にお金を使いたい。それにユーザーは「情報」を求めている。
  • 購買率を大きく左右するのはライティングである。しかし、まずはあなたが情熱を持ってその商品のことを包み隠さず伝えることが大事。

この記事を参考にして、あなたもアフィリエイトで稼げるようになりましょう!

最後に、この記事で紹介したあなたにおすすめの記事をもう一度紹介しておきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる