『おすすめ3選』アフィリエイトにおすすめの商品リンク作成ツール:売上急増間違いなし!

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

今まではカエレバを使って商品紹介していたけど、仕様変更になったので使いにくくなった。ブログにおすすめの商品リンク作成ツールを知りたい!それぞれの特徴やメリットも教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、副業ブログで月5桁稼いでいる私が、ブログにおすすめの商品リンク作成ツール3選を紹介するとともに、どの商品リンクがおすすめなのかを解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • アフィリエイトにおすすめの商品リンク作成ツールを知りたい人
  • それぞれの商品リンク作成ツールの特徴やメリットを知りたい人
  • 今まではカエレバを使っていたが仕様変更になって困っている人

今回の記事では

  1. Rinkerの使い方やメリット・デメリット
  2. カッテネの使い方やメリット・デメリット
  3. もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリット・デメリット
  4. 結局どの商品リンク作成ツールが一番おすすめ?

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • アフィリエイトにおすすめの商品リンク作成ツールを理解できた
  • それぞれの商品リンク作成ツールの特徴やメリットが分かった
  • あなたに合った商品リンク作成ツールを導入して売上が増えた

という結果を手にすることができます!

目次

Rinkerの使い方やメリット・デメリット

それではまず、Rinkerの使い方やメリット・デメリットについて解説します。

具体的には以下の4つです。

  • Rinkerについて
  • Rinkerのメリット
  • Rinkerのデメリット
  • Rinkerを使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:Rinkerについて

まず1つ目ですが、Rinkerについてです。

Rinker(リンカー)は「おやこそだて」を運営されている、やよいさんが開発されたワードプレス専用のプラグインです。

Rinkerの最大の特徴は

一瞬で商品リンクを作成できる

というお手軽さにあります。

また、

 

今まではカエレバを使っていた

というブロガーのほとんどの人は、Rinkerに乗り換えています。

実際にRinkerを使っているブロガーも非常に多いですからね。

利用者が多いこともあって、カスタマイズコードもたくさんあります。

なので、あなたが好きなデザインにカスタマイズしやすいこともRinkerの特徴ですね。

その2:Rinkerのメリット

2つ目ですが、Rinkerを使うメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

Rinkerのメリット
  • 商品リンクの取得が鬼簡単で超速い
  • ショートコードなので後から編集可能
  • 利用者が多いのでカスタマイズが豊富
  • ショップボタンを増やすこともできる

先ほどもお話ししましたが、Rinkerの最大のメリットは「商品リンクの作成が超簡単」なことです。

初期設定さえ済ませておけば、

記事内でRinkerを使って商品を検索
→そのまま商品リンクを作成&貼り付け

するだけで作業完了です。

なので、いろんなページを行ったり来たりする必要がないんですよね!

ショートコードを登録しておけば、いつでもお目当ての商品リンクを呼び出すこともできます。

このお手軽さもあって、Rinkerを使っているブロガーが非常に多いんですよね!

 

私もRinkerを使っています!

その3:Rinkerのデメリット

3つ目ですが、Rinkerを使うデメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

Rinkerのデメリット
  • 売上がないとPA-API機能に引っかかる
  • どれかのリンクは「検索結果」になる
  • 「リクエスト回数が多すぎます」がウザい
  • プラグインなのでワードプレスでしか使えない

Rinkerの最大のデメリットは「AmazonのPA-API機能に引っかかる」ということですかね。

カエレバの仕様変更のきっかけもAmazonのPA-API機能の影響です。

30日間売上が無ければPA-APIが使えなくなる可能性があるので、売上が安定していないブログ初心者にとっては非常に痛いものです・・・

なので、ブログ初心者にとってはRinkerは少し微妙な気がします。

 

もしもアフィリエイトを経由することで解決することも可能です。

また、売上が安定しているブロガーにとってはこのデメリットは関係なくなるので、やはりRinkerを使いたくなるんですよね!

その4:Rinkerを使った感想

4つ目ですが、実際にRinkerを使った感想についてです。

今現在、私はRinkerを使っているのですが、商品リンク作成が本当に簡単にできます!

今まではカッテネというツールを使っていたのですが、カッテネは自分で一から商品リンクを取得しなければいけませんでした。

しかし、Rinkerの場合は検索してクリックするだけで、簡単に商品リンクを作成できますからね。

 

記事編集時間が大幅に短縮されました!

また、ショートコードで管理されていることもあって、リンク切れや商品を変更する場合なども

ショートコードを編集すれば
全ての記事の商品リンクが修正される

というのもメリットに感じますね!

なので、すでにAmazonでの売上が安定しているという場合は、Rinkerをおすすめします!

こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください!

カッテネの使い方やメリット・デメリット

それでは次に、カッテネの使い方やメリット・デメリットについて解説します。

具体的には以下の4つです。

  • カッテネについて
  • カッテネのメリット
  • カッテネのデメリット
  • カッテネを使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:カッテネについて

まず1つ目ですが、カッテネについてです。

カッテネを使った商品リンクがこちらです。

ヒロイン・松岡めぐみの父親が経営するオーダー家具の販売会社「マツオカ」。そのWebサイトは、ある理由から検索結果の表示順位が急激に低下する。マツオカの売り上げは激減し経営危機に瀕したとき、めぐみの前に謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が現れる。

カッテネは「WebFood」を運営されている、たいさんが製作したワードプレスのプラグインです。

カエレバの仕様変更をきっかけに「もっといい商品リンク作成ツールを作りたい!」という思いからカッテネを開発されました!

カッテネは「商品リンクを自動で取得する」というわけではなく

自分で商品リンクを一から取得して
ショートコードにまとめる

という原始的な作業のイメージです。

なので、商品リンクを作成するのに時間はかかります。

が、Rinkerのように

Amazonでは商品が表示されているけど楽天では検索結果が出ない

みたいな事象が発生しません。

 

なので、リンク切れが発生しにくいです。

また、カスタマイズの自由度も非常に高いので、

  • Kindleのリンクを追加したり
  • 公式サイトのリンクを追加したり

と、非常に自由度が高い商品リンク作成ツールと言えます!

その2:カッテネのメリット

2つ目ですが、カッテネを使うメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

カッテネのメリット
  • リンク切れが発生しにくい
  • AazonのPA-API機能を気にしなくていい
  • カスタマイズ性が非常に高い
  • 商品紹介ツールの中で報酬率が一番高い

カッテネは自分で一からリンク取得するので、言ってしまえば「各リンク先のページを自分の目で確かめる」という作業をこなします。

なので、そもそもリンク切れが発生しにくいと言えます。

また、AmazonのPA-API機能を使わないので、

30日間売上が発生しない場合は〜

みたいな制限を心配にする必要が無くなります!

カスタマイズ性も自由度も非常に高く、作業の手間はかかるもののブログ初心者にとってはお勧めできる商品リンク作成ツールと言えますね!

その3:カッテネのデメリット

3つ目ですが、カッテネを使うデメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

カッテネのデメリット
  • リンクを作成するのが超絶鬼面倒臭い
  • ブログ初心者には手順が少し難しい
  • 後からリンク修正するのが面倒臭い
  • プラグインなのでワードプレスしか使えない

カッテネの最大のデメリットは「作業が超面倒臭い」ということです。

慣れていても1つの商品リンクを作るのに5分ぐらいはかかっていました。

なので、10個の商品があれば1時間ぐらいはかかります。

また、各商品リンクを修正するのも結構面倒臭いです。

Rinkerのショートコードのように一括管理されているわけではありませんからね。

なので、この作業の手間を「必要な時間だ」と捉えるのであれば、カッテネを使うのもアリですね!

その4:カッテネを使った感想

4つ目ですが、実際にカッテネを使った感想についてです。

私も以前はカエレバを使っていたのですが、売上がない雑魚ブロガーだったこともあって、カッテネを使って商品リンクを作っていました。

物販アフィリエイトの記事を書くたびに

 

うわ〜この記事も商品リンクが多いなあ〜
めちゃくちゃ時間かかるなあ〜面倒臭いなあ〜

と感じていました。笑

しかし、他の商品リンク作成ツールよりも原始的な作業である分、確実性は間違いありません。

自分の目で一から商品リンクを確かめるわけですからね。

今はRinkerを使っていますが、カッテネのおかげでブログの売上を伸ばすことができたと言っても過言ではありません!

なので、売上が安定していないブログ初心者にとってはおすすめできる商品リンク作成ツールと言えますね!

こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください!

もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリット・デメリット

それではここで、もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリット・デメリットについて解説します。

具体的には以下の4つです。

かんたんリンクについて
かんたんリンクのメリット
かんたんリンクのデメリット
かんたんリンクを使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:かんたんリンクについて

まず1つ目ですが、もしもアフィリエイトのかんたんリンクについてです。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使った商品リンクがこちらです。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクとは、大手ASPサイトのもしもアフィリエイト独自のサービスです。

その名の通り「超簡単に商品リンクが作成できる」というのが特徴です。

また、かんたんリンクは

Amazon、楽天、Yahoo!ショッピング
全てもしもアフィリエイト内で提携する

ということもあって、売上をもしもアフィリエイトで一元管理することができます。

また、もしもアフィリエイト自体もブログ初心者にわかりやすくて優しい作りになっていますので、まさに

 

知識がないブログ初心者

におすすめできる商品リンク作成ツールですね!

もしもアフィリエイトの会員登録も無料・審査不要なので、これを機に登録しておくべきだと言えます!

その2:かんたんリンクのメリット

2つ目ですが、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクのメリット
  • その名の通り商品リンクの作成が超簡単
  • AmazonのPA-APIを気にする必要がない
  • 各サイトの売上を一元管理できる
  • 楽天ポイントではなく現金受け取りに
  • アメブロでもはてなブログでも使える

もしもアフィリエイトのかんたんリンクはその名の通り

ブログ初心者でも超簡単に
商品リンクを作成できる

というのが最大のメリットです。

また、もしもアフィリエイトのPA-API機能を使うので、AmazonのPA-APIを気にする必要もありません!

各サイトの売上を一元管理できることや、ワードプレス以外のブログで使えることも、もしもアフィリエイトのメリットと言えるでしょう!

その3:かんたんリンクのデメリット

3つ目ですが、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うデメリットについてです。

簡単にまとめるとこんな感じです。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクのデメリット
  • 見た目・デザインが少し単調になる
  • Amazon・楽天・Yahoo!以外は使えない
  • 検索キーワードが割と重要になる
  • 報酬率が少しだけ低くなってしまう

もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うと、少し単調なデザインになります。

シンプルと言えばそこまでなのですが・・・

 

ちょっと寂しい感じがしますよね・・・
カスタマイズすれば解決できますけど。

また、もしもアフィリエイトを経由する分、報酬率は少し下がってしまいます。

最初のうちは気にならないかもしれませんが、ブログの収益が増えてくると

 

もしもアフィリエイトじゃなければ
もう少し報酬が多かったのになあ〜

と気になるレベルになります。

その代わり、面倒臭い作業を一切する必要がないお手軽さでは他の商品リンク作成ツールには負けません!

その4:かんたんリンクを使った感想

4つ目ですが、実際にもしもアフィリエイトのかんたんリンクを使った感想についてです。

カッテネを使っていた時に、実は少しだけもしもアフィリエイトのかんたんリンクを使ったことがあります。

商品リンクの作成にかかる時間や手間はめちゃくちゃ少なかったですし、

面倒臭い作業を一切する必要がない

というのは大きなメリットに感じました。

また、カスタマイズすればあなたの好きなデザインの商品リンクにできますし、そのままでも十分使えるシンプルなデザインとなっています。

なので、使いやすいといえば使いやすいです。

 

どんなデザインのブログにも溶け込むようなシンプルさですからね!

なので、もしもアフィリエイトのかんたんリンクも、ブログ初心者におすすめできる商品リンク作成ツールと言えますね!

こちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください!

結局どの商品リンク作成ツールが一番おすすめ?

それでは最後に、どの商品リンク作成ツールが一番おすすめなのかを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 売上が発生しているなら断然Rinkerがおすすめ
  • ブログを始めたて&高い報酬率ならカッテネ
  • 効率重視かつ一元管理したいならかんたんリンク
  • それぞれの商品リンク作成ツールの特徴をまとめてみた

それでは詳しく解説します!

売上が発生しているなら断然「Rinker」がおすすめ

もしあなたが

 

すでにある程度の売上が安定して発生している

というのであれば、Rinkerを使うのがおすすめです。

なぜならば、AmazonのPA-APIを気にしなくてもいいからです。

作業性やショートコードの管理面を考えれば、ダントツでRinkerが使いやすいですからね!

ボタンを増やしたりCSSを触ってカスタマイズするのもかんたんにできますので、

 

ブログで売り上げが発生するようになってきた

というのであれば、Rinkerを使ってみてはいかがでしょうか?

ブログを始めたて&高い報酬率なら「カッテネ」

もしあなたが

 

ブログを始めたてで売上が発生していない。
少しでも高い報酬率がいい。

というのであれば、カッテネを使うのがおすすめです。

作業の手間はかかる分、リンク切れが発生しにくい・高い報酬率を維持できる、といった恩恵を受けることができます。

作業手順が多いとは言っても、決して難しい作業・頭を使う作業はありませんからね。

慣れてしまえば誰でも簡単にこなせる作業ではあります。

なので、ブログを始めたての初心者であれば、カッテネを使ってみてはいかがでしょうか?

効率重視かつ一元管理したいなら「かんたんリンク」

もしあなたが

 

ブログを始めたてで右も左も分からない。
とにかくかんたんに済ませたい。

というのであれば、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うのがおすすめです。

報酬率が少しだけ下がってしまう反面、もしもアフィリエイト内で全ての作業・管理を完結させることができますので、面倒臭い作業が一切無くなります!

ユーザーから見ても非常にわかりやすいシンプルなデザインになっているので、売上も発生しやすいです。

 

AmazonのPA-APIを機にする必要もありませんからね!

なので、ブログを始めたてで右も左も分からない初心者であれば、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使ってみてはいかがでしょうか?

それぞれの商品リンク作成ツールの特徴をまとめてみた

それでは最後に、それぞれの商品リンク作成ツールをまとめておきます。

スクロールできます
項目Rinkerカッテネもしもアフィリエイト
対応アフィリエイトAmazon、楽天、Yahoo!
もしもAF、その他
Amazon、楽天、Yahoo!
その他何でもOK
Amazon、楽天、Yahoo!
商品リンク掲載方法ショートコードHTMLコードHTMLコード
ワードプレス以外の対応ワードプレスのみワードプレスのみアメブロ・はてブロもOK
商品リンクの管理管理しやすい管理しにくい管理しにくい
カスタマイズ性デザイン変更は多数あり
ボタンの数を増やせる
デザイン変更はぼちぼち
ボタンの数はいくらでも
デザイン変更は多数あり
ボタンの数を増やせない
紹介する商品の検索検索可能
(たまに固まる)
検索機能なし
全て手動でリンク取得
検索可能
一瞬で検索可能
リンク切れの発生たまにある基本的に無したまにある
商品リンク作成時間1分5分1分
総合評価売上が安定していて
ある程度の知識がある
中級ブロガー向け
売上が安定していない
ある程度慣れてきた
脱初心者ブロガー向け
ブログを始めたてで
右も左も分からない
ブログ初心者向け
※優位な点を赤太文字にしています。

それぞれの商品リンク作成ツールのメリット・デメリットがありますので、一概には「これが良い!」とは言えません。

とは言え、私がもしブログを最初から始めるとするならば・・・

  • 最初はもしもアフィリエイトを使う
  • 慣れてきたらカッテネを使ってみる
  • 売上が安定してきたらRinkerを使う

という感じでブログを運営していくでしょう。

 

ここはあなたのレベルに合わせて商品リンク作成ツールを選ぶべきですね!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  • Rinkerの使い方やメリット・デメリット
  • カッテネの使い方やメリット・デメリット
  • もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリット・デメリット
  • 結局どの商品リンク作成ツールが一番おすすめ?

上記4つについてお話ししました。

ブログにおすすめの商品リンク作成ツール3選を紹介するとともに、どの商品リンクがおすすめなのかを解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、おすすめの商品リンク作成ツールをまとめておきます!

スクロールできます
項目Rinkerカッテネもしもアフィリエイト
対応アフィリエイトAmazon、楽天、Yahoo!
もしもAF、その他
Amazon、楽天、Yahoo!
その他何でもOK
Amazon、楽天、Yahoo!
商品リンク掲載方法ショートコードHTMLコードHTMLコード
ワードプレス以外の対応ワードプレスのみワードプレスのみアメブロ・はてブロもOK
商品リンクの管理管理しやすい管理しにくい管理しにくい
カスタマイズ性デザイン変更は多数あり
ボタンの数を増やせる
デザイン変更はぼちぼち
ボタンの数はいくらでも
デザイン変更は多数あり
ボタンの数を増やせない
紹介する商品の検索検索可能
(たまに固まる)
検索機能なし
全て手動でリンク取得
検索可能
一瞬で検索できる
リンク切れの発生たまにある基本的に無したまにある
商品リンク作成時間1分5分1分
総合評価売上が安定していて
ある程度の知識がある
中級ブロガー向け
売上が安定していない
ある程度慣れてきた
脱初心者ブロガー向け
ブログを始めたてで
右も左も分からない
ブログ初心者向け
※優位な点を赤太文字にしています。

なお、ここまで読んで、もしあなたが

 

商品リンク作成ツールが色々あるのは分かったけど、
結局どれがおすすめなの!?どれを使えばいいの??

と思うのであれば、

  • 最初はもしもアフィリエイトを使う
  • 慣れてきたらカッテネを使ってみる
  • 売上が安定してきたらRinkerを使う

という感じでブログを運営してみてはいかがでしょうか?

こちらの記事でそれぞれの商品リンク作成ツールのメリットやデメリットをまとめていますので、合わせて読んでみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる