Rinkerの使い方を徹底解説&おすすめする理由:一瞬で商品リンクを取得

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 のアイコン画像 

Amazonや楽天の物販アフィリエイトの記事を書くことが多いんだけど、いちいち商品リンクを取得するのが面倒くさい・・・多くのブロガーはRinkerを使っているけど、Rinkerって便利なの?実際に使った感想を教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、副業ブログでRinkerを使いまくっている私が、Rinkerの使い方と設定項目を徹底解説するとともに、Rinkerを使って感じたメリットやデメリットについて解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • Rinkerの使い方や設定項目を詳しく知りたい人
  • Rinkerを使うメリットやデメリットを知りたい人
  • 他の商品紹介ツールとどう違うのか知りたい人

今回の記事では

  1. Rinkerの使い方と設定項目を徹底解説
  2. Rinkerを使って感じたメリットを解説
  3. Rinkerを使って感じたデメリットを解説
  4. Rinkerと他の商品紹介ツールを比較してみた

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • Rinkerの使い方や設定項目を理解できた
  • Rinkerを使うメリットやデメリットが分かった
  • ブログにRinkerを導入して売上が爆増した

という結果を手にすることができます!

目次

Rinkerの使い方と設定項目を徹底解説

それではまず、Rinkerの使い方や設定項目を解説します。

具体的には以下の3つです。

  • Rinkerを使った場合の商品リンク
  • Rinkerで商品リンクを取得する方法
  • Rinkerを使う上でやっておくべき設定

それでは詳しく解説します!

その1:Rinkerを使った場合の商品リンク

まず1つ目ですが、Rinkerを使った場合の商品リンクについてです。

Rinkerを使うとこんな感じの商品リンクになります。

なお、Rinkerを使う上では、

の登録が必須です。

なので、全て登録しておきましょう!

なお、もしもアフィリエイト経由でRinkerを使用することもできます。

その2:Rinkerで商品リンクを取得する手順

2つ目ですが、Rinkerで商品リンクを取得する具体的な手順を解説します。

⑴各種ASPサイトに登録する

まず、各種ASPサイトに登録しておきましょう!

Amazonアソシエイトは審査が必要です。

最近の審査は非常に厳しくなってきているので、最初のうちはバリューコマースまたはもしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトを使うことをおすすめします。

なお、バリューコマースよりももしもアフィリエイトの方がAmazonアソシエイトの料率は高いです!

⑵Rinkerをインストール

次に、Rinkerをインストールします!

STEP
BOOTHでRinkerを無料ダウンロード

以下のサイトからRinkerをダウンロードします。

Rinkerダウンロードサイト

Rinkerは無料でダウンロードできます!

Rinkerは通常プラグインのようにWordPressの管理画面の検索からは出てきませんのでご注意を・・・

STEP
Rinkerをアップロード

ダウンロードしたRinkerのZIPファイルをワードプレスにアップロードします。

WordPressダッシュボード→プラグイン→プラグインのアップロード→ファイルを選択

ここで、先ほどダウンロードしたZIPファイルを選択し、アップロードをクリックします。

STEP
Rinkerを有効化

最後に、Rinkerを「プラグインの有効化」をクリックすれば、インストールは完了です!

⑶Rinkerの設定

それでは次に、Rinkerの設定(トラッキングIDの入力)をします。

STEP
AmazonアソシエイトのトラッキングIDを入力

まずはAmazonアソシエイトのトラッキングIDを入力します。

Amazonアソシエイト公式サイト

Amazonアソシエイト→ツール→Amazon Product Advertising API

ここでAmazonのアクセスキーとシークレットキーを取得しておきます。

WordPressの管理画面→設定→Rinker

先ほど取得したアクセスキーとシークレットキーをコピペします。

STEP
楽天アフィリエイトのアフィリエイトIDを入力

次に楽天アフィリエイトのアフィリエイトIDを入力します。

楽天アフィリエイト公式サイト

登録が完了していれば、以下のサイトでアフィリエイトIDが簡単に分かります。

楽天アフィリエイトのアフィリエイトID

WordPressの管理画面→設定→Rinker

先ほど取得したアフィリエイトIDをコピペします。

STEP
バリューコマース(Yahoo!ショッピング)のトラッキングIDを入力

次にバリューコマースを経由してYahoo!ショッピングのトラッキングIDを入力します。

バリューコマース公式サイト

ツール→LinkSwitch→LinkSwitch設定

LinkSwitchのコードを全てコピーします。

WordPressの管理画面→設定→Rinker

先ほど取得したLinkSwitchのコードを全てコピペします。

STEP
もしもアフィリエイトでAmazonのトラッキングIDを入力

ここからは、もしもアフィリエイトを経由してRinkerを使う場合の設定方法です。

もしもアフィリエイト公式サイト

もしもアフィリエイトの広告検索で「Amazon」と入力し、最後の方に出てくるAmazonと提携します。

広告リンクを取得をクリックし、コードの中にある7桁の数字をコピーします。

ID番号は黒塗りしている部分で「a_id=」の後の7ケタの数字です。

WordPressの管理画面→設定→Rinker

7桁の数字をRinkerのもしもアフィリエイト設定 AmazonIDの欄にコピペします。

STEP
もしもアフィリエイトで楽天のトラッキングIDを入力

次に、同じ方法で楽天アフィリエイトと提携&コードをコピペします。

もしもアフィリエイトの広告検索で「楽天」と入力し、最後の方に出てくる楽天市場と提携します。

広告リンクを取得をクリックし、コードの中にある7桁の数字をコピーします。

ID番号は黒塗りしている部分で「a_id=」の後の7ケタの数字です。

WordPressの管理画面→設定→Rinker

7桁の数字をRinkerのもしもアフィリエイト設定 楽天IDの欄にコピペします。

STEP
もしもアフィリエイトでYahoo!ショッピングのトラッキングIDを入力

最後に、同じ方法でYahoo!ショッピングと提携&コードをコピペします。

もしもアフィリエイトの広告検索で「yahoo!」と入力し、最後の方に出てくるYahoo!ショッピングと提携します。

広告リンクを取得をクリックし、コードの中にある7桁の数字をコピーします。

ID番号は黒塗りしている部分で「a_id=」の後の7ケタの数字です。

WordPressの管理画面→設定→Rinker

7桁の数字をRinkerのもしもアフィリエイト設定 Yahoo!ショッピングIDの欄にコピペします。

これでRinkerの設定は終わりです!

⑷Rinkerで商品リンクを作成

ここまでできたら、実際にRinkerで商品リンクを作ってみましょう。

STEP
商品リンク→新規追加をクリック
STEP
商品情報を取得をクリック
STEP
Amazonか楽天で検索

今回はAmazonで「沈黙Web」と検索します。

すると、沈黙のWebライティング、または沈黙のWebマーケティングが表示されます。

書籍やガジェットなどはAmazon検索、ファッションや食品は楽天検索がおすすめです!

STEP
商品リンクを保存&ショートコードをコピペ

これでショートコードが取得できましたので、これを記事にコピペします。

すると、こんな感じで商品リンクが作成されました!

慣れると「1商品1分」もかからずにリンクを作成することができますよ!

これでRinkerを使えるようになりました!

 のアイコン画像 

ここからあなたのブログのアフィリエイト収益は爆速するでしょう!

その3:Rinkerを使う上でやっておくべき設定

3つ目ですが、Rinkerを使う上でやっておくべき設定について解説します。

まず第一に、Rinkerのカスタマイズコードはたくさんあります。

なので、個人の好みにもよるのですが・・・

仮に私が使用しているシンプルなデザインが好きだという場合は、こちらのコードをコピペしましょう。

また、私は

 のアイコン画像 

商品リンクは外部リンクがいい!

と思っている派の人間です。

理由は簡単で、内部リンクにしてしまうと商品を比較する際、前のページにいちいち戻らなければいけないからです。

Rinkerのデフォルト設定では「新規ページを開く」ではなく「ページを移動する」になってしまうのですが、こちらのコードをコピペすれば外部リンクにすることができます。

Rinker(リンカー)の商品リンクを別タブで開くようにカスタマイズ|ワードプレス

こちらのサイトを参考にさせていただきました!

Rinkerを使って感じたメリットを解説

それでは次に、Rinkerを使って感じたメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 商品リンクの取得が鬼簡単で超速い
  • ショートコードなので後から編集可能
  • 利用者が多いのでカスタマイズが豊富
  • ショップボタンを増やすこともできる

それでは詳しく解説します!

その1:商品リンクの取得が鬼簡単で超速い

まず1つ目ですが、商品リンクの取得が鬼簡単で超速いことです!

Rinkerをインストールしておけば、Rinkerの画面で「商品検索」するだけでとっても簡単に商品リンクを取得することができます!

私は一時期カッテネというツールを使っていたのですが、こちらは全てのリンクを全て自分で取得しなければいけませんでした。

なので、1つの商品リンクを取得するのに5分以上かかっていました。

しかし、Rinkerの場合・・・1分あれば商品リンクを取得可能になります。

検索すれば自動で商品リンクを取得してくれますからね!

この作業生の良さは他の商品紹介ツールと比べてもダントツだと思いますので、作業時間が速くなることは間違いありません!

 のアイコン画像 

物販アフィリエイトの記事を書いている人はなおさらです!

その2:ショートコードなので後から編集可能

2つ目ですが、ショートコードなので後から編集することが可能です。

Rinkerは商品リンクを取得した後、記事にショートコードを貼り付けます。

ショートコードの良いところは

後から商品リンクを一括編集できる

ということです。

例えばですが、同じ商品を10個の記事で紹介していたとしましょう。

仮にその商品が販売停止になったり型落ちになった場合、10記事全ての商品リンクを修正しなければいけません。

 のアイコン画像 

くそ面倒臭い作業になります。

しかし、ショートコードで管理している場合、

ショートコードだけを編集すれば
10記事全ての商品リンクが更新される

ということになります。

なので、後から商品リンクを修正するのがとても簡単になるのです!

この点もRinkerのメリットと言えますね!

その3:利用者が多いのでカスタマイズが豊富

3つ目ですが、利用者が多いのでカスタマイズが豊富なことです。

以前は

商品紹介ツールと言えばカエレバ!

という感じでしたが、ある時期を境にカエレバを使う人は一気に減りました。

そんな時に登場したのがRinkerなのですが・・・今では「商品紹介ツールと言えばRinker」と言うぐらい知名度が広まりました!

そして、Rinkerを使っているブロガーがめちゃくちゃ多くなっています!

なので、ネットでカスタマイズコードを調べたらたくさんのコードが出てきます!

 のアイコン画像 

こんなデザインにしたいな。

と思うものがあれば、コードをコピーしてあなたのブログのCSSに貼り付けすれば簡単にデザインを真似できます!

利用者が多くてカスタマイズしやすい点も、Rinkerのメリットと言えますね!

その4:ショップボタンを増やすこともできる

4つ目ですが、ショップボタンを増やせることです。

Rinkerは基本的に、

  • Amazon
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

の3つのリンクが表示されますが、商品リンク編集画面でボタンを増やすことも可能です。

例えばですが、

  • 公式サイトを追加したり
  • セブンネットショッピングを追加したり

と言うことも簡単にできちゃいます!

特にアフィリエイトをやっているブロガーにとっては、公式サイトを追加したいことって意外と多いんですよね。

ブロガーの要望に答えてくれているのも、Rinkerを使う大きなメリットといえるでしょう!

Rinkerを使って感じたデメリットを解説

それでは次に、Rinkerを使って感じたデメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 売上がないとPA-API機能に引っかかる
  • どれかのリンクは「検索結果」になる
  • 「リクエスト回数が多すぎます」がウザい
  • プラグインなのでワードプレスでしか使えない

それでは詳しく解説します!

その1:売上がないとPA-API機能に引っかかる

まず1つ目ですが、売上がないとPA-API機能に引っかかることです。

RinkerはAmazonアソシエイトのPA-API機能を使って商品リンクを取得します。

しかし、AmazonのPA-API機能はある時期を境に非常に条件が厳しくなり、

Amazonアソシエイトで30日以上売上がない場合は商品リンクを自動で取得できない

と言う状態になりました。

なので、売上が発生していない初心者ブロガーからすると、

Rinkerを使っても報酬が発生しない

と言う状態になってしまうのです!

すでに売上が発生しているのであれば問題ありませんが、そうでない場合はデメリットと言えますね。

ちなみに、カエレバの仕様変更があったのもこのタイミングです。

 のアイコン画像 

ここからカエレバを使う人が一気に減りました。

その2:どれかのリンクは「検索結果」になる

2つ目ですが、どれかのリンクは「検索結果」になることです。

例えばですが、Rinkerの商品検索機能は

Amazonまたは楽天のどちらかで検索する

と言うものです。

例えばAmazonで商品を検索すると、楽天の商品リンクは「検索画面」のリンクを取得することになります。

楽天で検索をかけた場合、Amazonが検索結果のリンクになります。

つまり、2つの商品リンクが「商品ページ」になることはなく、どちらかが検索画面になってしまうのです。

場合によっては意図しないページになってしまうこともあります。

とは言え、Amazonは商品が画面でショップ比較ができるのに対し、

楽天・Yahoo!は検索画面でないと各ショップの比較ができない

ので、調べている人の使いやすさを考えて設定されているのでしょう。

 のアイコン画像 

実際に使っていて不便に感じたことはありませんし。

その3:「リクエスト回数が多すぎます」がウザい

3つ目ですが、たまに「リクエスト回数が多すぎます」と表示されてがウザいことです。

これはRinkerあるあるなのですが・・・

特に楽天で検索した場合に「リクエスト回数が多すぎます」と表示されて、商品リンクを取得できないことがよくあります。

何度かクリックしていればきちんと取得できるのですが・・・

何回クリックしてもリンク取得できないことがたまにあります。

決して「不具合」ではなく普通に使えているので、PA-APIの問題だとは思うのですが・・・

これもデメリットに感じる点の一つですね。

その4:プラグインなのでワードプレスでしか使えない

4つ目ですが、プラグインなのでワードプレスでしか使えないことです。

Rinkerはワードプレスのプラグインです。

なので、はてなブログやアメブロでは使用できません。

とはいえ、このブログを読んでいるあなたはおそらくワードプレスでブログを運営しているでしょう。

 のアイコン画像 

あまり気にする必要はないかもしれません。

それに、本気で稼ぎたいのであればワードプレスのブログ一択です。

もしあなたが

 のアイコン画像 

ワードプレスのブログじゃない

というのであれば、これを機にワードプレスでブログを開設することを強くおすすめします!

なお、プラグインということはアップデートされる時もあります。

先ほどお話しした外部リンクへの切り替えなどは、アップデートした時に全てデフォルトに上書きされています・・・

もう一度コピペし直せばそれで済むのですが、アップデート直後は

 のアイコン画像 

あれ?外部リンクにならないぞ?

と少しだけビックリしてしまいます。笑

Rinkerと他の商品紹介ツールを比較してみた

それでは最後に、Rinkerと他の商品紹介ツールを比較してみます。

具体的には以下の4つです。

  • Rinkerとかんたんリンク
  • Rinkerとカッテネ
  • Rinkerはどんな人におすすめ?
  • Rinkerを使って感じた感想

それでは詳しく解説します!

その1:Rinkerとかんたんリンク

まず1つ目ですが、Rinkerともしもアフィリエイトのかんたんリンクを比較します。

もしもアフィリエイトの「かんたんリンク」のリンク取得は、その名の通りめちゃくちゃ簡単です。

ただし、見た目が単調になることと、もしもアフィリエイトを経由することで報酬率が少し下がってしまうのはデメリットと言えますね。

その代わり、もしもアフィリエイトを経由すると

  • Amazonアソシエイトの最低支払い料金が1000円になる(通常は5000円)
  • 楽天アフィリエイトの支払いがポイントではなく現金になる

というメリットもあります。

なお、もしもアフィリエイトでRinkerを利用する場合、商品検索は楽天で行うことになります。

また、最近のAmazonアソシエイトは審査が厳しく、

審査前に180日以内に少なくとも3個商品を売る必要がある

といった条件もあります。

なので、

  • ブログをはじめたての場合はもしもアフィリエイト経由で商品リンクを作成する
  • 安定して売り上げが発生するようになったらAmazonアソシエイトへ登録する

という流れがおすすめです。

詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています!

その2:Rinkerとカッテネ

2つ目ですが、Rinkerとカッテネを比較します。

以前私が使っていたのはカッテネという商品紹介ツールです。

こちらは「商品リンクを全て自分で取得する必要がある」という手間はあるものの、自分で一からリンクを調べるため

  • 自由度が高い
  • リンク切れが発生しにくい

というメリットがありました。

また、AmazonアソシエイトもPA-API機能ではないため、

売上がない初心者ブロガーでも使える

というのもメリットでした。

しかしながら「一らから商品リンクを全て取得する」というのがとんでもなく面倒臭いです。

最近は売上も定期的に発生するようになってきたので、カッテネからRinkerに乗り換えました。

なので、

  • ブログを始めたてで売上が発生していない
  • 商品リンクの自由度が高い方がいい
  • 自分で一から確実に商品リンクを取得しないと心配

という場合は、カッテネを使うべきですね。

詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています!

その3:Rinkerはどんな人におすすめ?

3つ目ですが、Rinkerはどんな人におすすめなのかを解説します。

結論を言うと以下に当てはまる人です。

  • 手っ取り早く商品リンクを作成したい
  • おしゃれでカスタマイズ豊富なデザインがいい
  • Amazonアソシエイトですでに売上が発生している
  • ワードプレスでブログを運営している

まず何より、Rinkerは商品リンクを手っ取り早く作成できることが最大のポイントなので、

  • 物販アフィリエイトの記事を多数書いている
  • 商品紹介記事がめちゃくちゃ多い

というブロガーにとってはぴったりですね。

なので、もしあなたが

 のアイコン画像 

オススメの商品を紹介する記事がほとんど。
商品数が多くて商品リンクを取得するのが面倒くさい。

というのであれば、これを機にRinkerを使ってみるべきですね!

その4:Rinkerを使って感じた感想

4つ目ですが、私がRinkerを使って感じた感想を解説しておきます。

先ほどからもお話ししてますが、私は以前カッテネというめちゃくちゃ手間のかかる商品紹介ツールを使用していました。

なので、Rinkerに変えた時は

 のアイコン画像 

なんだこのお手軽さは!
今までの作業は一体何だったんだ!?

と衝撃を受けました・・・

商品リンクは1分足らずで作成できますし、ショートコードなので後から修正するのも簡単です。

リンク切れが発生していたとしても「商品リンクを修正する」だけでOKですので、全ての記事を修正する必要もありません!

ブログを運営していると、少なからずAmazonや楽天の商品を紹介することがあるかと思います。

なので、ブロガーにとってRinkerは切っても切り離せない必須のツールと言えますね!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. Rinkerの使い方と設定項目を徹底解説
  2. Rinkerを使って感じたメリットを解説
  3. Rinkerを使って感じたデメリットを解説
  4. Rinkerと他の商品紹介ツールを比較してみた

上記4つについてお話ししました。

Rinkerの使い方と設定項目を徹底解説するとともに、Rinkerを使って感じたメリットやデメリットについてお話ししましたが・・・いかがだったでしょうか?

それでは最後に、Rinkerを使うべき人をまとめておきますね!

Rinkerを使うべき人
  • Amazonや楽天の物販アフィリエイトの記事が多い
  • 手っ取り早く商品リンクを作成したい
  • おしゃれでカスタマイズ豊富なデザインがいい
  • Amazonアソシエイトですでに売上が発生している
  • ワードプレスでブログを運営している

Rinkerを使うことで、あなたの記事編集時間は格段に短縮されるでしょう!

ということで、この記事を読んで

 のアイコン画像 

Rinkerめっちゃいいじゃん!
早速使ってみようかな!!

と思ったのであれば・・・これを機にRinkerをインストールしてみてはいかがでしょうか?

Rinkerダウンロードサイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる