『一番高い報酬率』カッテネの使い方やメリット・デメリット:PA-APIは関係なし

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 のアイコン画像 

今までカエレバやRinkerを使っていたんだけど、AmazonのPA-APIの仕様変更で使いにくくなった・・・カッテネという商品リンク作成ツールがあると聞いたけど、使い勝手がいいのか気になる。カッテネを使った感想や具体的な使い方を知りたい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、副業ブログでカッテネを愛用していた私が、カッテネの使い方と設定項目を徹底解説するとともに、カッテネを使って感じたメリットやデメリットについて解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • カッテネの使い方や使い勝手を詳しく知りたい人
  • カッテネを使ったメリットやデメリットを知りたい人
  • AmazonのPA-API仕様変更がきっかけで困っている人

今回の記事では

  1. カッテネの使い方と設定項目を徹底解説
  2. カッテネを使って感じたメリットを解説
  3. カッテネを使って感じたデメリットを解説
  4. カッテネと他の商品紹介ツールを比較してみた

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • カッテネの使い方や設定項目を理解できた
  • カッテネを使うメリットやデメリットが分かった
  • ブログにカッテネを導入して売上が爆増した

という結果を手にすることができます!

目次

カッテネの使い方と設定項目を徹底解説

それではまず、カッテネの使い方や設定項目について解説します。

具体的には以下の3つです。

  • カッテネを使った場合の商品リンク
  • カッテネで商品リンクを取得する方法
  • カッテネを使う上でやっておくべき設定

それでは詳しく解説します!

その1:カッテネを使った場合の商品リンク

まず1つ目ですが、カッテネを使った場合の商品リンクについてです。

カッテネを使うとこんな感じの商品リンクになります。

Webで「成果を上げる」ための文章の書き方を解説した実用入門書。謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が活躍するストーリーを通じて、SEOに強いライティングのノウハウを学ぶことができます。連載をまとめた本編全7話に、書籍だけの書き下ろしとなる本編エピローグ、Webで成果を上げる文章を書くための手法や思考法を伝える特別解説(約100ページ)を加えました。Webサイトやブログの記事だけではなく、ビジネス文書などにも活用できるライティング教本の決定版です!

なお、カッテネを使う上では、

の登録が必須です。

 のアイコン画像 

全て登録しておきましょう!

もしもアフィリエイト経由で登録することもできるのですが、せっかくの「一番高い報酬率」が下がってしまいます。

なので、カッテネを使うのであればもしもアフィリエイトを経由する必要はないでしょう。

ただし、もしあなたが

 のアイコン画像 

まだAmazonアソシエイトの審査に通っていない

というのであれば、もしもアフィリエイトを経由するのもアリですね!

その2:カッテネで商品リンクを取得する方法

2つ目ですが、カッテネで商品リンクを取得する具体的な手順を解説します。

イメージ的にいうと、カエレバヨメレバのように自動で商品リンクを取得するわけではなく、

  1. プラグインをインストール・有効化する
  2. 本文にカッテネのショートコードを入力
  3. URL部分に各商品のリンクを入力

という、原始的な方法でアフィリエイトリンクを作成するイメージです。

⑴各種ASPサイトに登録する

まず、各種ASPサイトに登録しておきましょう!

Amazonアソシエイトは審査が必要です。

最近の審査は非常に厳しくなってきているので、最初のうちはバリューコマースまたはもしもアフィリエイト経由でAmazonアソシエイトを使うことをおすすめします。

なお、バリューコマースよりももしもアフィリエイトの方がAmazonアソシエイトの料率は高いです!

⑵カッテネをインストール

次に、カッテネをインストールしましょう。

手順は普通のプラグインをインストールするのと同じです。

プラグイン→新規追加→検索画面に「kattene」と入力→ダウンロード&有効化

上記の手順でインストールしてください。

 のアイコン画像 

最後には「有効化」することも忘れずに。

⑶カッテネをショートコードに登録

次に、カッテネをショートコードに登録しておきます。

こちらの手順ではAddQuicktagを利用しますので、インストール・有効化しておいてください。

AddQuicktagの設定画面で、以下の写真のように入力してください。

左上が名前、右下がショートコードです。

名前はなんでも良いのですが、分かりやすいように「カッテネ」としています。

ショートコードは以下をコピペしてください。(コピペでOK)

これで設定は完了です。

デフォルトでは「Amazon、Kindle、楽天、楽天Kobo、audiobookの5つとなっています。

が、基本的にはAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの3つを使うことが多いと思いますので、その場合は以下のコードにしておきましょう!

⑷カッテネで商品リンクを作成

最後に、カッテネで商品リンクを作成していきます。

商品リンクを作成するときは、この手順をずっと繰り返すイメージです。

STEP
Amazonの商品リンクを作成

まずはAmazonの商品リンクを作成します。

Amazonアソシエイト公式サイト

Amazonでお目当ての商品の販売ページに行って、テキストリンクをコピーし、カッテネのリンク欄に貼り付けます。

テキストリンクをコピペします。

私はこの時に

  • Amazonのテキストリンク
  • 商品名
  • 商品の説明

上記3つをコピペして入力しています。

商品名と、商品説明もコピペしておきます。

それぞれ以下の箇所にコピペします。

STEP
楽天の商品リンクを作成

次に楽天の商品リンクを設定します。

楽天アフィリエイト公式サイト

楽天アフィリエイトのサイトで商品名を入力すると、次のような画面になります。

画像サイズは300×300ぐらいで。

まずは画像を右クリックし「画像のURLをコピー」を選択、カッテネの商品画像の欄にURLを貼り付けます。

あとは、楽天アフィリエイトの短縮URLをコピペし、楽天の欄に貼り付けます。

楽天アフィリエイトの画面では

  • 商品の画像
  • 楽天のアフィリエイトリンク

上記2つをコピペし入力します。

それぞれ以下の箇所にコピペします。

STEP
Yahoo!ショッピングの商品リンクを作成

最後に、Yahooショッピングのアフィリエイトリンクを生成します。

こちらはバリューコマースというASPサイトを利用するので、まだ登録していない人は登録しておきましょう!

バリューコマース公式サイト

バリューコマースで「ヤフー」と検索すれば、Yahooショッピングのリンクが表示されますので、提携させておきましょう。

提携後は「My Link」をクリックして再度検索します。

左側の「My Link」をクリックし、再検索します。

すると、こんな画面になります。

My Linkの画面がたくさん出てきますので

これはあなたに開示されている特別な広告です

と表示されている箇所からアフィリエイトリンクを生成します。

他の箇所からリンクを生成しても、リンク切れが発生してしまいます。
必ず「これはあなたに開示されている特別な広告です」の箇所からリンク生成してください。

Yahooショッピングの検索画面から目的の商品を探して、その商品のURLをコピーします。

そして、バリューコマースの画面にペーストし、文字の欄にはテキトーに「あ」と入力しておきます。

最後に「My Linkコードを取得」を入力すると、あなた専用のアフィリエイトリンクが生成されます。

このURLをカッテネのリンクの下あたりにペーストし、

右クリックで「URLをコピー」をクリックします。

そして、カッテネのYahooショッピングの欄にペーストします。

これでアフィリエイトリンクは完成です!

STEP
商品リンクの画面を確認

ここまでの手順が完了したら、こんな感じの画面になります。

これでリンクが間違っていないかどうかをチェックしておきましょう!

なお、例えば公式サイトのリンクを追加したい場合は「Kindle」の文字を「公式サイト」に変えて、公式サイトのリンクをコピペすればOKです。

こんな感じでカスタマイズ性・自由度に優れています!

これでカッテネを使えるようになりました!

 のアイコン画像 

ここからあなたのブログのアフィリエイト収益は爆速するでしょう!

その3:カッテネを使う上でやっておくべき設定

3つ目ですが、カッテネを使う上でやっておくべき設定について解説します。

基本的には設定すべき項目はありません。

なぜならば、毎回自分でリンクを取得するからです。

なので、強いて言うならば「デザイン」をカスタマイズするぐらいですかね。

ネットで調べたらたくさんのカスタマイズコードが出てくるかと思いますので、あなたの好きなデザインのコードをコピペしましょう。

なお、私のような商品リンクのデザインにカスタマイズしたいのであれば、以下のコードをCSSにコピペしてください。

これでカエレバやRinkerのような見た目の商品紹介リンクになりますよ!

カッテネを使って感じたメリットを解説

それでは次に、カッテネを使って感じたメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • リンク切れが発生しにくい
  • AazonのPA-API機能を気にしなくていい
  • カスタマイズ性が非常に高い
  • 商品紹介ツールの中で報酬率が一番高い

それでは詳しく解説します!

その1:リンク切れが発生しにくい

まず1つ目ですが、リンク切れが発生しにくいことです。

と言うのも、カッテネはカエレバヨメレバ・Rinkerのように「商品キーワードから自動で商品リンクを生成する」わけではなく、

あなた自身で一から商品を調べて商品リンクを生成する

からです。

なので、

そもそも商品のリンク切れが発生しにくい

と言うメリットがあります。

商品リンク作成の際に自分で一から商品を確かめるわけですからね。

余談ですが、ユーザーが商品リンクをクリックした際、リンク切れが発生していたら、

 のアイコン画像 

なんだよこれ。リンク切れじゃん。まじ萎えるわ〜

と言う感じで、あなたが思っている10倍ぐらいユーザーは萎えてしまうものです。

なので、そうした機会損失を防ぐことができます。

手間がかかる分、リンク切れが発生しにくい&売上の機会損失が発生しにくいことは、カッテネのメリットの一つですね。

また、例えばRinkerの場合、Amazon検索でリンクを作成すると、楽天は検索画面の表示になります。

場合によってはお目当ての商品がないこともあります。

しかし、カッテネの場合はリンク先を自由に設定することができます。

なので、例えば

Amazonで紹介したい。
でも楽天だとお目当ての商品がない。

と言う場合など、楽天では類似商品をリンク先に設定するなんてこともできます。

その2:AazonのPA-API機能を気にしなくていい

2つ目ですが、AazonのPA-API機能を気にしなくていいことです。

これが最大のメリットといえるかもしれません。

AmazonアソシエイトのPA-API機能は2019年1月に仕様変更がありました。

超簡単に言うと

30日間PA-API経由の売上がなければ
利用不可になる可能性があるよ

と言うものです。

売上が安定していないブログ初心者にとっては非常に痛いことなんですよね。

ちなみに、このタイミングでカエレバ・ヨメレバの仕様変更がありました。

なので、カエレバ・ヨメレバ、そしてRinkerを使っていたブログ初心者が痛い目にあったのです。

しかし!

カッテネの場合は「自分で一から商品リンクを作成する」と言うこともあって、AmazonのPA-API機能を使いません。

なので、そもそもPA-APIの制限を気にする必要がないのです!

ブログ初心者にとっては非常に嬉しいメリットと言えますね!

その3:カスタマイズ性が非常に高い

3つ目ですが、カスタマイズ性が非常に高いことです。

デザインを変えることはもちろん、ボタンの数を増やすことも簡単です。

なぜならば、ショートコードでできているからです。

なので、ボタンを増やしたいのであれば、コードをコピペして貼り付ければボタンの数が4つになります。

 のアイコン画像 

6つでも7つでも増やすことが可能です!

ボタンの色を変えることも簡単ですし、ボタンに表示されている文字を変えることも簡単です。

もちろんですが、

  • 公式サイトのリンクを掲載するのも簡単
  • ボタンの数を減らすことも可能
  • 商品説明欄を自由に変えることもできる

こんな感じでカスタマイズ性が非常に高いことも、カッテネのメリットと言えるでしょう。

その4:商品紹介ツールの中で報酬率が一番高い

4つ目ですが、商品紹介ツールの中で報酬率が一番高いことです。

理由は簡単で、自分で一から各サイトのリンクをコピペするからです。

例えばですが、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うことで、商品リンクを作成することはできます。

しかし、もしもアフィリエイト経由だとAmazonアソシエイトや楽天アフィリエイトの報酬率が下がってしまうのです。

カッテネの場合は各サイトのリンクをコピペする(どの仲介サイトも経由しない)と言うこともあって、商品紹介の報酬率は一番高い状態になります。

手間はかかる分、報酬率が一番高い状態になると言うことも、カッテネのメリットと言えますね!

Rinkerも報酬率は一番高い状態になりますが、大きな違いとしては

AmazonアソシエイトのPA-API機能に引っかかるかどうか

ですかね。

 のアイコン画像 

カッテネの場合はPA-APIを気にしなくても大丈夫です!

カッテネを使って感じたデメリットを解説

それでは次に、カッテネを使って感じたデメリットを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • リンクを作成するのが超絶鬼面倒臭い
  • ブログ初心者には手順が少し難しい
  • 後からリンク修正するのが面倒臭い
  • プラグインなのでワードプレスしか使えない

それでは詳しく解説します!

その1:リンクを作成するのが超絶鬼面倒臭い

まず1つ目ですが、商品リンクを作成するのが超絶鬼面倒臭いことです。

これがカッテネ最大のデメリットです。

というのも、カエレバやRinkerのように「商品リンクを自動で取得する」わけではなく、カッテネは

あなた自身で全ての商品リンクを一つ一つ取得しなければいけない・・・

と言うものです。

 のアイコン画像 

この作業、はっきり言って・・・と言うか
控えめに言って超絶鬼面倒臭いです。

もしあなたが「カエレバヨメレバを使っていた」という状態であればなおさらですが・・・

今までは商品名を入力してボタンをクリックすれば自動で商品リンクが生成されていたのが、

Amazon・楽天・バリューコマース各サイトで
商品を調べてリンクを取得する必要がある

という状態になります。

慣れの問題もありますが、これがマジで面倒臭いです。

アフィリエイト商品を紹介する記事を編集していると、いつも

 のアイコン画像 

ああ〜今回の記事は商品リンクマジで多いわ〜
めちゃくちゃ時間かかるわ〜

と、やる気がなくなって萎えてしまうレベルです。笑

リンク生成が面倒くさいのはカッテネを使う最大のデメリットですね。

その2:ブログ初心者には手順が少し難しい

2つ目ですが、ブログ初心者には手順が少し難しいことです。

  • プラグインをワードプレスにインストールするだけ
  • CSSコードをコピペすれば見た目を変えられる
  • 各サイトのアフィリエイト商品を自分で探してコピペ

という作業なので、決して”頭を使う作業”ではありません。

やろうと思えばできる作業ですし、大して難しい作業でもありません。

しかし、慣れるまでの間は

 のアイコン画像 

なんか面倒くさいしややこしいなあ〜
これ間違ってないかな?大丈夫なのかな?

と不安になることもあるでしょう。

決して「難しい」わけではないのですが、ワンクリックでリンクを自動生成できるカエレバヨメレバと比較した場合には、初心者にとってはややこしくて難しいかもしれません。

作業自体は難しくありませんが

手順がたくさんあって複雑だし面倒くさい

と言うイメージです。

その3:後からリンク修正するのが面倒臭い

3つ目ですが、後からリンク修正するのが面倒臭いことです。

例えばですが、Rinkerはショートコードで管理されているので、そのショートコードを修正すれば10記事全ての商品リンクが修正されます。

しかし、カッテネの場合は「記事ごとにショートコードを作る」と言うものです。

なので、リンク切れが発生した場合、10記事全ての商品リンクを修正しなければいけません。

そんなに頻繁にあることではないのですが・・・これも非常に面倒臭い作業になります。

また、例えば他の記事に同じ商品リンクを貼り付けるとしましょう。

Rinkerの場合はショートコードから瞬時に呼び出すことができますが、カッテネの場合は他の記事からショートコードを丸ごとコピーしてくる必要があります。

記事を探す手間と、記事の中からコードを探す手間がかかります。

これも少し面倒臭い作業ではあります。

その4:プラグインなのでワードプレスしか使えない

4つ目ですが、プラグインなのでワードプレスでしか使えないことです。

これはRinkerも同じなのですが、カッテネはワードプレスのプラグインです。

なので、はてなブログやアメブロでは使用できません。

とはいえ、このブログを読んでいるあなたはおそらくワードプレスでブログを運営しているでしょうから、あまり気にする必要はないかもしれませんね。

それに、本気で稼ぎたいのであればワードプレスのブログ一択です。

もしあなたが

 のアイコン画像 

ワードプレスのブログじゃない

というのであれば、これを機にワードプレスでブログを開設することを強くおすすめします!

カッテネと他の商品紹介ツールを比較してみた

それでは最後に、カッテネと他の商品紹介ツールを比較してみます。

具体的には以下の4つです。

  • カッテネとRinker
  • カッテネとかんたんリンク
  • カッテネはどんな人におすすめ?
  • カッテネを使って感じた感想

それでは詳しく解説します!

その1:カッテネとRinker

まず1つ目ですが、カッテネのRinkerを比較します。

作業性や商品リンク取得の手間で言えば、断然Rinkerの方が早くて簡単です。

しかし、RinkerはAmazonのPA-API機能に引っかかる可能性があります。

 のアイコン画像 

売上が発生していない初心者ブロガーであればなおさらですね。

かと言って、もしもアフィリエイト経由にすると「報酬率が下がる」と言うデメリットもあります。

なので、カッテネは

  • Rinkerよりも作業の手間はめちゃくちゃ増える。
  • その代わりAmazonのPA-API機能を気にしなくてもいい。
  • しかも報酬率が一番高い状態になる。

ということですね。

売上が定期的に発生している状態であればRinkerの方が使いやすいですが、そうでない場合(ブログを始めたての場合)はカッテネを使うのもありですね!

 のアイコン画像 

実際に私は以前カッテネを使っていましたし。

詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています!

その2:カッテネとかんたんリンク

2つ目ですが、カッテネともしもアフィリエイトのかんたんリンクを比較します。

こちらも、作業性で言えばもしもアフィリエイトのかんたんリンクの方が速いです。

その名の通り「かんたん」ですからね。

ただ、もしもアフィリエイトのかんたんリンクは、見た目が単調な感じになります。

そして、もしもアフィリエイトを経由すると報酬率も少しだけ低くなってしまうので、積み上げていけば割と大きな収益差になってしまいます。

とは言え、カスタマイズすればRinkerみたいなデザインにすることも可能ですし、カスタマイズコードもたくさんあります。

何より、もしもアフィリエイトのかんたんリンクは

もしもアフィリエイトでAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングの管理できる

というメリットがありますので、収益管理などが楽ちんです。

また、全て「もしも側のPA-API」が使われていますので、AmazonのPA-APIを気にする必要もありません。

なので、ブログ初心者にとってはもしもアフィリエイトのかんたんリンクもおすすめです!

詳しくはこちらの記事で詳しく解説しています!

その3:カッテネはどんな人におすすめ?

3つ目ですが、カッテネはどんな人におすすめなのかを解説します。

結論を言うと以下に当てはまる人です。

  • ブログ初心者でAmazonの売上が少ない人
  • 自分で確実にリンク先を調べておきたい人
  • カスタマイズの自由性が高い方がいい人
  • 一からリンク取得する手間が面倒だと感じない人
  • アフィリエイト報酬率が少しでも高い方がいい人

カッテネは自分で一からリンク取得すると言う面倒臭さはあります。

その代わりに、一から自分で商品リンクを調べるのでリンク切れしにくいと言うメリットもあります。

そして、ブログ初心者にとっては非常に嬉しいAmazonのPA-API機能の制限を受けないと言うのもメリットですね!

もしもアフィリエイトもリンク作成が簡単、かつPA-APIを気にする必要はないものの、報酬率が下がってしまいますからね。

なので、

 のアイコン画像 

少しでも高い報酬率がいい!

と言う場合は、カッテネを使うのがおすすめですよ!

その4:カッテネを使って感じた感想

4つ目ですが、私がカッテネを使って感じた感想を解説しておきます。

カッテネを使っていて一番強く感じたことは

商品リンクを作るのに時間がかかる

に尽きますね。

何度もお話ししていますが、1つの商品リンクを作成するのに

  • Amazonで調べて
  • 楽天で調べて
  • バリューコマースで調べて

と言う手順を踏む必要があります。

 のアイコン画像 

慣れていたとしても5分ぐらいはかかります。

なので、商品紹介記事を書くときは編集するのが面倒くさかったです。

10個の商品を紹介するとなれば、それだけで1時間ぐらいかかりますからね。

その代わり、PA-APIを気にしなくてもいいですし、商品リンクを自分で一から調べると言うこともあって、収益につながる確実性は高かったと思います。

今はAmazonで定期的に売上が発生するようになったのでRinkerを使ってはいますが、以前はカッテネを使っていましたし、カッテネのおかげで売上が上がりましたからね。

なので、ブログ初心者はカッテネを使ってみることをおすすめします!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. カッテネの使い方と設定項目を徹底解説
  2. カッテネを使って感じたメリットを解説
  3. カッテネを使って感じたデメリットを解説
  4. カッテネと他の商品紹介ツールを比較してみた

上記4つについてお話ししました。

カッテネの使い方と設定項目を徹底解説するとともに、カッテネを使って感じたメリットやデメリットについてお話ししましたが・・・いかがだったでしょうか?

それでは最後に、カッテネを使うべき人をまとめておきますね!

カッテネを使うべき人
  • ブログ初心者でAmazonの売上が少ない人
  • 自分で確実にリンク先を調べておきたい人
  • カスタマイズの自由性が高い方がいい人
  • 一からリンク取得する手間が面倒だと感じない人
  • アフィリエイト報酬率が少しでも高い方がいい人

商品リンク作成の時間はかかるものの、あなたのブログの売り上げは確実に上がるに違いありません!

ということで、この記事を読んで

 のアイコン画像 

カッテネは面倒臭そうだけど確実性がありそうだな。
商品料率も一番高いしカスタマイズ性も高そうだし!

と思ったのであれば・・・これを機にカッテネをインストールしてみてはいかがでしょうか?

カッテネダウンロードサイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる