『2年使ったレビュー』Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想:携帯時も自宅でもOK

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

Anker powercore fusion 5000が欲しいんだけど、実際の使い勝手やメリットデメリットを教えて!また、モバイルバッテリーは持ち歩きだけでなく自宅でも使えるモデルがいい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、Anker PowerCore Fusion 5000を愛用している私が、Anker PowerCore Fusion 5000のメリットとデメリットを解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想を知りたい人
  • 持ち歩きだけでなく自宅で充電プラグとして使いたい人
  • 他の類似製品と比べてどっちがお得なのか知りたい人

今回の記事では

  1. Anker PowerCore Fusion 5000をレビュー
  2. Anker PowerCore Fusion 5000のメリット
  3. Anker PowerCore Fusion 5000のデメリット
  4. Anker PowerCore Fusion 5000と他製品を比較

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想が分かった
  • 他の類似製品を比較してどこがいいのか理解できた
  • これ1つで自宅でも外出先でも充電できるようになった

という結果を手にすることができます!

目次

Anker PowerCore Fusion 5000をレビュー

それではまず、Anker PowerCore Fusion 5000についてレビューします。

具体的には以下の3つです。

  • Anker PowerCore Fusion 5000について
  • Anker PowerCore Fusion 5000のスペック
  • Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想

それでは詳しく解説します!

その1:Anker PowerCore Fusion 5000について

まず1つ目ですが、Anker PowerCore Fusion 5000についてです。

Anker PowerCore Fusion 5000は、アンカー製品の中でも絶大な人気を誇るモバイルバッテリーです。

ブロガーのレビュー記事やYouTuberのレビューでもよく登場しています!

5000mAhの容量を備えており、モバイルバッテリー入門者にとってはちょうどいいぐらいの容量となっています!

 

私も一番最初に購入したのがAnker PowerCore Fusion 5000でした!

その2:Anker PowerCore Fusion 5000のスペック

2つ目ですが、Anker PowerCore Fusion 5000のスペックについてです。

項目内容
サイズ7 × 7. 2× 3.1 cm
重さ189グラム
充電容量5000mAh
出力AC使用時:5V=2.1A (各ポート最大2.1A)
モバイルバッテリー使用時:5V=3A (各ポート最大3A)
充電ポートUSB-Aポート×2
microUSBポート×1
PSE認証取得済み
その他充電プラグあり

その3:Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想

3つ目ですが、Anker PowerCore Fusion 5000を使った感想についてです。

結論としては、モバイルバッテリー入門者にピッタリのモバイルバッテリーですね。

 

外出先で充電切れが多いから、モバイルバッテリーを持つべきなのかな・・・

という場合、まずはAnker PowerCore Fusion 5000を使ってみるのがおすすめです!

 

ちょうどいいサイズ間と充電容量ですからね!

しかも、コンセントにも差し込めるので自宅で充電プラグとしても使えます!

Anker PowerCore Fusion 5000が1つあれば、外出先でも自宅でも使うことができますよ!

>>AmazonでAnker PowerCore Fusion 5000を見る

Anker PowerCore Fusion 5000のメリット

それでは次に、Anker PowerCore Fusion 5000を使って感じたメリットを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • 最新iPhoneを1回以上充電できる
  • 充電スピードが速くすぐに充電できる
  • 自宅で充電プラグとしても使える
  • 2つの機器を同時に充電できる
  • PSEマーク取得で安心して使える

それでは詳しく解説します!

その1:最新iPhoneを1回以上充電できる

まず1つ目ですが、最新のiPhoneを1回以上充電できることです。

Anker PowerCore Fusion 5000は5000mAhの充電容量を備えています。

ちなみに、モバイルバッテリーの充電容量は実際の7〜8割ぐらいと言われていますので、実際には3500mAh〜4000mAhぐらいとなります。

機種名バッテリー容量
iPhone 122775mAh
iPhone Xs2658mAh
iPhone 113110mAh
iPhone SE1821mAh
Xperia XZ33200mAh
Xperia 1 II4000mAh
Galaxy S93000mAh
Galaxy S204000mAh
AQUOS R23130mAh

iPhone12のバッテリー容量は2775mAhなので、iPhone12を1回と少し充電できることになります!

 

たった1回だけしか充電できないの??

と思われるかもしれませんが、外出先で使うのであれば1回フル充電できれば問題ありませんよね?

その2:充電スピードが速くすぐに充電できる

2つ目ですが、充電スピードが速くてすぐに充電できることです。

Anker PowerCore Fusion 5000は最大3Aの速度で充電できます。

使っているケーブルの対応速度にも左右されますが、最大3Aで充電できるというのは結構速いです!

実際、iPhoneを充電した時も

 

あれ?もう充電ここまでできたの??

と思うぐらい速いですからね!

また、Anker独自技術であるPowerIQにより、スマートフォンやタブレットなどを自動判別して高速に充電できたり、モバイルバッテリーのバッテリーの浪費を防止するという機能もあります!

充電するデバイスのバッテリーに負担を与えないんですよね!

その3:自宅で充電プラグとしても使える

3つ目ですが、自宅で充電プラグとして使えることです。

Anker PowerCore Fusion 5000にはコンセントに差し込むプラグがついています。

なので、自宅で充電プラグとしても使うことができるのです!

普通のモバイルバッテリーは、モバイルバッテリーを充電するためのプラグ・ケーブルが必要ですよね。

しかし、Anker PowerCore Fusion 5000の場合は

コンセントに差し込めば充電される

というメリットがあります!

充電中は青く光ります

また、Anker PowerCore Fusion 5000を充電しながらスマホを充電することもできます!

充電プラグとして使っている場合でも、スマホ等の充電が終わるとモバイルバッテリー本体を充電し始めてくれます!

 

外出先で活躍するだけでなく、自宅用の充電プラグとしても使えるのです!

その4:2つの機器を同時に充電できる

4つ目ですが、2つの機器を同時に充電できることです。

Anker PowerCore Fusion 5000には本体の充電(microUSB)とは別にUSB-Aポートが2つあります。

2つの機器を同時に充電することができます!

容量も大きいので、スマホやノートパソコン程度であれば、一度に2つのUSBポートを使用しても問題ありません。

2つ同時に充電すると、その分充電速度も落ちてしまいます。

外出先で急いで2つの機器を充電する必要がある場合は実用的ではないかもしれません。

 

とはいえ、そんなケースはめったに起こらないと思います・・・

また、自宅で充電プラグとして使うのであれば特に問題ないと思います!

その5:PSEマーク取得で安心して使える

5つ目ですが、PSEマークを取得していて安心して使えることです。

Anker PowerCore Fusion 5000はPSE認証を受けたモバイルバッテリーなので、安心して使うことができます!

PSE認証とは

余談ですが、基本的にはPSE認証を受けた製品でないと販売できないことにはなっています。

とはいえ、安物の中国製の製品だと「PSE認証取得」と歌っていてもなんだか不安ですよね。笑

その点、アンカー製品は知名度・信頼性ともに高いので、安心して使うことができますよ!

実際のところ、使っていて「モバイルバッテリーがとても熱い」なんてことも起こりませんからね!

>>AmazonでAnker PowerCore Fusion 5000を見る

Anker PowerCore Fusion 5000のデメリット

それではここで、Anker PowerCore Fusion 5000を使って感じたデメリットを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • ぶっちゃけコンパクトではない
  • AC充電モードだと速度が落ちる
  • 飛行機の預け入れ荷物は不可
  • 充電容量はそこまで大きくない
  • 他製品と比べて値段は若干高め

それでは詳しく解説します!

その1:ぶっちゃけコンパクトではない

まず1つ目ですが、ぶっちゃけコンパクトではないことです。

Anker PowerCore Fusion 5000は「モバイルバッテリー」であるものの、そこまでコンパクトではありません。

決して「大きくて持ち運びに不便」とか、そういうわけではないのですが・・・

 

少し「分厚い」というイメージですかね。

普通にカバンに入るサイズですし、持ち歩く分に関しては何の問題ありません。

とは言え、モバイルバッテリーの中にはもっとコンパクトなものもありますし、ポケットに入る薄型のモバイルバッテリーもあります。

なので、他の製品に比べるとそこまでコンパクトではないことも事実です。

その2:AC充電モードだと速度が落ちる

2つ目ですが、AC充電モードだと充電速度が落ちることです。

AC充電モードとは「充電プラグとして使う場合」と考えてください。

Anker PowerCore Fusion 5000wpモバイルバッテリーとしてではなく、コンセントに差し込んで充電プラグとして使う場合、充電速度が落ちます。

  • 通常モード:最大5V/3A
  • AC充電モード:最大5V/2.1A

モバイルバッテリー本体の充電もするからでしょうね。

また「最大2.1A」なので、USBポートを2つ使う場合、単純計算でそれぞれ1.05Aになります。

あくまで「最大値を分け合う」ということになりますので、これもまた充電速度が落ちます。

自宅で充電プラグとして使う場合は問題ないと思いますし、寝ている間に充電すれば何の問題もありませんけどね。

もし仮に、

 

今すぐ充電しないとやばい!

という状況であれば、コンセントがあったとしてもAC充電モードではなく通常モード(モバイルバッテリーとして)使いましょう。

その3:飛行機の預け入れ荷物は不可

3つ目ですが、飛行機の預け入れ荷物にはNGなことです。

 

これはデメリットというか注意点なのですが・・・

基本的にモバイルバッテリーは「リチウムイオン電池」を使っていることがほとんどなので、飛行機の預け入れ荷物にはできません。

Anker PowerCore Fusion 5000も同じく「リチウムイオン電池」を使っています。

「リチウム電池」は使い切りタイプの一次電池のことです。

出張時に持ち運ぶ際、飛行機の預入荷物(スーツケースの中)に入れないように注意しましょう。

ちなみに、手荷物として機内に持ち込むのであれば問題ありません。

 

必ず機内持ち込みの手荷物と一緒に持っておきましょう!

その4:充電容量はそこまで大きくない

4つ目ですが、充電容量がそこまで大きくないことです。

Anker PowerCore Fusion 5000は5000mAhの容量を備えていますが、言ってしまえば

スマホを1回しか充電できない

ということでもあります。

容量が小さいスマホであれば2回充電できますが、最新のiPhoneだと1回充電しただけでモバイルバッテリーの容量がなくなってしまいます。

容量が大きいモバイルバッテリーを買えば済む話なんですけどね。

もしあなたが

 

1回だけの充電だと物足りない!

というのであれば、容量が大きいモバイルバッテリーを使いましょう。

とは言え、外出先で1回フル充電ができたらそれで問題ないんですけどね。

その5:他製品と比べて値段は若干高め

5つ目ですが、他製品と比べて値段が若干高いことです。

5000mAhのモバイルバッテリーであれば、だいたい2000円前後が相場というところです。

しかし、Anker PowerCore Fusion 5000は3000円ぐらいします。

少しだけではありますが、他社製品に比べると値段が高いですね。

とは言え、知名度・信頼性も高いアンカー製品であり、安い中国製の製品とは違って安心して使えます!

誰もが最初に購入する
アンカーの人気商品

でもありますからね。

充電プラグとしてもつかえる1台2役を兼ね備えている分だと考えましょう。

 

「値段以上の価値はある」と思ってOKです!

Anker PowerCore Fusion 5000と他製品を比較

それでは最後に、Anker PowerCore Fusion 5000と他製品を比較・解説します。

それでは詳しく解説します!

最新型:Anker PowerCore Fusion Ⅲ

まず1つ目ですが、Anker PowerCore Fusion 5000 Ⅲです。

この記事で紹介したAnker PowerCore Fusion 5000の最新モデルとなります。

USB-Aが1つに減っている分、最近主流になりつつあるUSB-Cが増えています。

大きさや重さはほぼ同じですが、充電スピードは少し上がっています。

USB-Cに関してはAnkerの独自技術「PowerIQ 3.0」を搭載しており、PDだけでなく高速充電規格「Quick Charge 3.0(QC3.0)」にも対応しています。

最大18Wの出力に対応しているので、30分でiPhone12を50%充電できるんです!

 

充電速度が速い方がいい

というのであれば、最新モデルのAnker PowerCore Fusion 5000 Ⅲを使いましょう!

>>AmazonでAnker PowerCore Fusion 5000 Ⅲを見る

容量大:Anker PowerCore Fusion 10000

2つ目ですが、Anker PowerCore Fusion 10000です。

こちらはAnker PowerCore Fusion 5000の2倍の容量を誇るモバイルバッテリーです。

サイズも一回り大きくなっていますが、充電容量は倍に増えているという優れたモバイルバッテリーです!

 

最新のiPhoneを2回以上充電することができます!

Anker PowerCore Fusion 5000 Ⅲと同じく、USB-AとUSB-Cを1つずつ搭載しています。

USB-Cについては高速充電に対応しており、最大20W(5V/3A)での充電が可能です!

大きさがほぼ同じであることを考えると、こちらの方がお得な感じがしますね!

>>AmazonでAnker PowerCore Fusion 10000を見る

類似品:RAVPower モバイルバッテリー 6700mAh

3つ目ですが、RAVPower モバイルバッテリー 6700mAhです。

こちらはAnker PowerCore Fusion 5000とほぼ同じ見た目をしている他社メーカーのモバイルバッテリーです。

見た目やデザイン・サイズはほぼ同じですが、充電容量が少しだけ大きいです。

値段はAnker PowerCore Fusion 5000よりも数十円高いぐらいなので、こちらの方が少しだけお得な気がしますね・・・

とはいえ、性能の差は無いに等しいので、あとはあなたの好みの問題だと思います!

>>AmazonでRAVPower モバイルバッテリー 6700mAhを見る

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. Anker PowerCore Fusion 5000をレビュー
  2. Anker PowerCore Fusion 5000のメリット
  3. Anker PowerCore Fusion 5000のデメリット
  4. Anker PowerCore Fusion 5000と他製品を比較

上記4つについてお話ししました。

Anker PowerCore Fusion 5000のメリットとデメリットを解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、Anker PowerCore Fusion 5000のメリットとデメリットをまとめておきます!

メリット
デメリット
  1. 最新iPhoneを1回以上充電できる
  2. 充電スピードが速くすぐに充電できる
  3. 自宅で充電プラグとしても使える
  4. 2つの機器を同時に充電できる
  5. PSEマーク取得で安心して使える
  1. ぶっちゃけコンパクトではない
  2. AC充電モードだと速度が落ちる
  3. 飛行機の預け入れ荷物は不可
  4. 充電容量はそこまで大きくない
  5. 他製品と比べて値段は若干高め

Anker PowerCore Fusion 5000はモバイルバッテリー入門としておすすめです!

もしあなたが

 

モバイルバッテリーなんて使ったことがない

というのであれば、まずはAnker PowerCore Fusion 5000を使ってみてはいかがでしょうか?

>>AmazonでAnker PowerCore Fusion 5000を見る

P.S.

こちらの記事で、容量別のおすすめモバイルバッテリーを紹介しています!

アンカー以外のモバイルバッテリーに興味があるのであれば、こちらの記事も読んでみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる