MENU

おすすめのパルミジャーノレッジャーノチーズ:値段は?お味は?【毎日更新203】

2019 12/20
おすすめのパルミジャーノレッジャーノチーズ:値段は?お味は?【毎日更新203】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は203記事目です。

あなたは「パルミジャーノレッジャーノ」という単語を聞いたことがありますか?

答えは「パルミジャーノレッジャーノチーズ」という名のチーズです。

なぜこんなお話をするのかというとですね・・・

私は日頃からよくパスタを食べます。

休日に料理をするとなれば大体パスタを作ります。

そんな時に、市販で売っている粉チーズ(緑色のアレ)をよく使っていたのですが・・・

YouTubeで料理動画を見ていると

のアイコン画像
あの緑のやつは避けたほうがいいですね!

という発言を何度か聞きました。

自宅で使う分に関しては別に問題ないのですが、せっかくなので

のアイコン画像
物は試しに少し高いチーズを買ってみよう

ということで、チーズの王様と言われているパルミジャーノレッジャーノチーズを購入しました。

結論を言うと

のアイコン画像
とっても味が濃くて、しかも味が深くて、市販のものと比べ物にならないぐらい美味しい!

という感想になるのですが・・・

それだけだと何が良いのかよく分からないと思います。

というわけで、今回の記事では

  1. パルミジャーノレッジャーノとは?
  2. パルミジャーノレッジャーノを買った感想
  3. パルミジャーノレッジャーノと他のチーズを比較
  4. 楽天でパルミジャーノレッジャーノを買うならば

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • パルミジャーノレッジャーノが欲しい人・興味がある人
  • ネットでパルミジャーノレッジャーノを買って大丈夫か心配な人
  • パルミジャーノレッジャーノが買えるオススメのお店を知りたい人
目次

パルミジャーノレッジャーノチーズとは?

まず最初に、パルミジャーノレッジャーノについてお話しします。

パルミジャーノ・レッジャーノは、北イタリアの特定地域で生産されたチーズで、「イタリアチーズの王様」と呼ばれるほど人気が高いチーズです。

たまにYouTubeでも登場するのですが、「チーズ」と言われたら普通は「粉チーズ」か「ケーキを切ったようなあの形」を想像しますよね?

しかし、このパルミジャーノレッジャーノは大きな樽ような形をしており、1個で30kg以上にもなる大きな塊になっています。

約2年以上も熟成されるパルミジャーノレッジャーノは、1日1個しか生産できないとされていて、非常に希少価値の高いチーズです。

だから良い値段がするわけですね。

パルミジャーノ・レッジャーノは、北イタリアの特定地域で生産されたチーズで、「イタリアチーズの王様」と呼ばれるほど人気の高いチーズです。

そのため、世界各地で「パルメザン」の名でイミテーションが造られてきました。

このような状況から伝統的なチーズを守るために、パルミジャーノ・レッジャーノ協会は、熟成期間中に厳重な検査を行い、その上で約2年かそれ以上の長い熟成に適しているものを“Parmigiano Reggiano”(パルミジャーノ・レッジャーノ)、熟成12ヶ月の時点で微小な傷や内部にわずかな欠陥が見られるものを“Parmigiano Reggiano Mezzano”(パルミジャーノ・レッジャーノ・メッツァーノ)に等級を分け、チーズの表皮に焼印などでマークを付けています。

熟成が進むとアミノ酸が結晶化して、じゃりじゃりとした食感と、しっかりとした旨味と豊かな香りが感じられます。

引用:チーズクラブ様より

イタリア料理店に行くと

  • パルミジャーノレッジャーノ
  • グラナパダーノ

上記のどちらかが使われていることがほとんどであり、パルミジャーノレッジャーノの方が値段が高い分風味も良いです。

グラナパダーノはパルミジャーノレッジャーノに比べると安価であり、かつ風味も良い(パルミジャーノレッジャーノには劣る)ので、こちらも多くのお店で使われています。

私が大好きなChef Ropiaさんはお店でもパルミジャーノレッジャーノを使われており、カルボナーラを作るときには

チーズだけはケチんない方がいい

と言われています。

そんな言葉を鵜呑みにして、パスタ好きの私はパルミジャーノレッジャーノを購入したのです・・・笑

パルミジャーノレッジャーノを買った感想

というわけで、今回購入したパルミジャーノレッジャーノがこちらになります。

イタリア政府の保護を受けた、1,000年以上の歴史をもつ超ハードタイプのチーズです。最低24ヵ月の熟成を経てやっと市場に出回る事が許されるチーズなのです。日本ではもちろんイタリアでも非常に価値が高く、銀行にパルミジャーノレジャーノを持っていけばそれを担保にお金を借りることができ、そのため銀行がチーズの熟成庫をもっているところがあり、そこにはベテランの熟成士がチーズの熟成の管理をしている程、貴重なチーズなのです。そして圧倒的な迫力を醸し出すこのチーズ大きさとして超ハード系に属するチーズの中でも最も硬いく旨みが凝縮されたチーズなのです。

本家本元の商品で言えば、こちらの大きな樽のようなチーズになるのですが・・・

ザネッティ社はイタリア北部に6つの工場を構えるイタリア最大のチーズ生産者の1つ。パルミジャーノやグラナパダーノを始め、イタイアを代表する数多くのチーズを販売しています。北イタリア、レッジョ・エミリア地方で24ヶ月(2年)熟成した、パルミジャーノ・レッジャーノのホールです。細かく砕いてワインのおつまみに、すりおろしてパスタやリゾットなど、様々な料理でお楽しみください。※表面が固いためカットには専用の道具が必要です。

1つ10万円以上もするので、流石に素人が買える値段ではありませんね。笑

というわけで、袋詰めされているパルミジャーノレッジャーノを購入したのですが、ここからはその感想についてお話しします。

値段

今回購入したのは200gで1200円ほどのパルミジャーノレッジャーノです。

100gあたり600円程度ということになりますね。

一方で、大体のスーパーで売っている粉チーズの値段は、80gで350円程度です。

100gあたりに直すと、約450円程度ですね。

なので、市販の粉チーズと比べても少し値段が高い程度です。

それに、あの樽の形をしたパルミジャーノレッジャーノを買うと10万円以上はかかるので、

のアイコン画像
数千円でパルミジャーノレッジャーノが手に入る!

と考えれば、まあ高い買い物であないのかなあと。

次に、肝心要の味ですが・・・

試しに、

  • 市販の粉チーズを使ったカルボナーラ
  • パルミジャーノレッジャーノを使ったカルボナーラ

を作ってみました。

そのお味は・・・

見違えるほど味が濃くなりました!!

見た目は同じです。

しかし、まずチーズを入れた瞬間からチーズのクリーミーな風味が出てくるのです!

ちなみに嫁も

のアイコン画像
びっくりするぐらい味が濃いね

と言っていました。

注意
ただ・・・癖があると言えば癖はあります。

その癖ことが旨味の強さなのですが・・・苦手な人には苦手かもしれません。

使いやすさ

使いやすさというのは、普段の料理使いにどうかというところです。

今回購入したパルミジャーノレッジャーノは粉チーズになっているので、

  • 料理にさっとふりかけることができる
  • パスタソースに入れるのもスプーンですくって入れれば楽チン

という感じで、非常に使い勝手が良いです。

ただし、発送されてきた袋にはジッパーも何もついていないので、ジップロックか何かの容器に移し替えておきましょう。

なお、私はまだ使い始めて間もないですが、冷蔵庫で2〜3ヶ月は持ちます。

MEMO
冷凍すれば保存期間はもっと伸びます。(ただし、風味は落ちるようです)

総合的な感想

そんなこんなで、パルミジャーノレッジャーノの総合的な感想についてですが・・・

冒頭でもお話したように

のアイコン画像
とっても味が濃くて、しかも味が深くて、市販のものと比べ物にならないぐらい美味しい!

という感じです。

のアイコン画像
本物のパルミジャーノレッジャーノなのか??

と言われたら、正直にいうとよく分かりません。

偽造されているかもしれませんしね。笑

しかし、そうは言っても

  • 値段もそこまで高いわけではない
  • 200gあるので結構多い
  • 普段の料理が一段階格上げされる
  • 実際にめちゃくちゃ美味しい

これだけのメリットがあるわけですし、とにかく食べてみたらこの感想の意味がよく分かるかと思います!

イタリア政府の保護を受けた、1,000年以上の歴史をもつ超ハードタイプのチーズです。最低24ヵ月の熟成を経てやっと市場に出回る事が許されるチーズなのです。日本ではもちろんイタリアでも非常に価値が高く、銀行にパルミジャーノレジャーノを持っていけばそれを担保にお金を借りることができ、そのため銀行がチーズの熟成庫をもっているところがあり、そこにはベテランの熟成士がチーズの熟成の管理をしている程、貴重なチーズなのです。そして圧倒的な迫力を醸し出すこのチーズ大きさとして超ハード系に属するチーズの中でも最も硬いく旨みが凝縮されたチーズなのです。

パルミジャーノレッジャーノと他のチーズを比較

パルミジャーノレッジャーノはチーズの王様と言われているぐらい価値が高いチーズですが、もちろんパルミジャーノレッジャーノ以外にも美味しいチーズはあります。

ここではパルミジャーノレッジャーノと他のチーズについて比較してみます。

  • グラナパダーノ
  • スプリンツ
  • ペコリーノ・ロマーノ
  • 雪印の粉チーズ

グラナパダーノ

まずはグラナパダーノ。

パルミジャーノレッジャーノと同じ、北イタリアで作られるチーズです。

パルミジャーノレッジャーノに比べると安価でありながら、市販のチーズと比べると非常に美味しいチーズです。

また、安価ということもあって、だいたいのイタリア料理店で使われています。

MEMO
私が先日訪れたピザ屋さんでも、サラダやピザの上にグラナパダーノが振りかけられていました。

ちなみに・・・今回私はパルミジャーノレッジャーノと合わせてグラナパダーノも購入しました。

それがこちらです。

小売店で販売されているパルメザンとは全く異なります。それは、一切熱風乾燥を行っていないという点、だからチーズが生きている、でも生きているから小売店のパルメザンと同じ扱いをしてしまうと、カビが生えてしまいます。保存は長期する場合は、小分け冷凍にしてください!開封後冷蔵で取り扱う場合は、なるべく早くご使用ください。プロセスチーズではありません。ナチュラルチーズは生鮮野菜と同じように優しく扱ってください。

同じ1200円程度の値段でしたが、内容量は500gと非常に多いです。

正直にいうと、使いきれないぐらいの量です。笑

試しに1回使ってみましたが、とても風味があって美味しいです。

しかし、パルミジャーノレッジャーノには劣りますけどね。

ペコリーノ・ロマーノ

次がペコリーノ・ロマーノ。

ペコリーノ・ロマーノは、羊のミルクを原料としたイタリア最古と言われるチーズです。

MEMO
雌羊のことをイタリア語で「ペコーラ」というところから、この名前がついたようです。

遡ると、2000年以上前のローマ帝国の時代から食べられてきたと言われている、非常に長い歴史のあるチーズです。

その当時は冷蔵庫のような保存容器がありませんでしたから、このチーズは保存目的で作られていました。

そして、そのことから塩っけが強いのが特徴です。

MEMO
余談ですが、同じペコリーノの名前でも、トスカーナ地方などで作られているペコリーノ・トスカーノは、ペコリーノ・ロマーノほどの塩気はなくマイルドな味わいで、そのまま食べられていることもあります。

スプリンツ

次がスプリンツです。

スイスで作られるチーズで、超硬質のチーズであることが特徴です。

また、ヨーロッパの中で最も古いチーズの一つと言われています。

熟成期間は16ヶ月~3年と非常に長く、こちらも希少価値が高いです。

また、熟成期間が長いこともあって、凝縮された旨味があることも特徴です。

MEMO
2002年にAOP(原産地名称保護制度)に認定されました。

緑色の粉チーズ

最後が、市販の粉チーズ。

例の、緑色の容器のアレです。笑

パスタにふりかける程度であればこちらの粉チーズでもいいのですが、カルボナーラのように「チーズの味がもろに影響する」ような料理であれば、旨味は弱いですね。

あと、よくあるのが「パルメザンチーズ」と聞くとこの緑色の粉チーズのことを想像するかと思います。

熟成された米国産のパルメザンチーズをすりおろした、100%ナチュラルチーズ。原材料は生乳と食塩のみです。濃厚な風味とおしゃれな雰囲気、カルシウムが豊富に含まれているため、普段の料理にふりかけるだけで、風味的、見た目、栄養的そして気持ち的にも”きまり”、ワンランクアップした料理となります。

しかし、パルメザンチーズというのは「粉チーズ」の総称のことで、パルミジャーノレッジャーノのような特有の名称ではありません。

要は「寄せ集めの粉チーズ」ということです。

とは言っても、家庭で使う分にはこちらでも十分なんですけどね。

楽天でパルミジャーノレッジャーノを買うならば

ちなみに、私は今回楽天市場でパルミジャーノレッジャーノを購入しました。

購入したお店は「ハイ食材室」というお店です。

最初はAmazonで買おうと思っていたのですが、なかなか良いものが見つからなかったので楽天で検索し、今回購入に至りました。

「ハイ」というだけあって、割と高級な食材が多いです。

高級とは言いながらもそこまで高いわけではありませんので、興味がある方は一度利用してみてください。

ハイ食材室

最後に、私が購入したパルミジャーノレッジャーノグラナパダーノのリンクを貼り付けておきます。

興味がある方は一度買ってみてください。

イタリア政府の保護を受けた、1,000年以上の歴史をもつ超ハードタイプのチーズです。最低24ヵ月の熟成を経てやっと市場に出回る事が許されるチーズなのです。日本ではもちろんイタリアでも非常に価値が高く、銀行にパルミジャーノレジャーノを持っていけばそれを担保にお金を借りることができ、そのため銀行がチーズの熟成庫をもっているところがあり、そこにはベテランの熟成士がチーズの熟成の管理をしている程、貴重なチーズなのです。そして圧倒的な迫力を醸し出すこのチーズ大きさとして超ハード系に属するチーズの中でも最も硬いく旨みが凝縮されたチーズなのです。
小売店で販売されているパルメザンとは全く異なります。それは、一切熱風乾燥を行っていないという点、だからチーズが生きている、でも生きているから小売店のパルメザンと同じ扱いをしてしまうと、カビが生えてしまいます。保存は長期する場合は、小分け冷凍にしてください!開封後冷蔵で取り扱う場合は、なるべく早くご使用ください。プロセスチーズではありません。ナチュラルチーズは生鮮野菜と同じように優しく扱ってください。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. パルミジャーノレッジャーノとは?
  2. パルミジャーノレッジャーノを買った感想
  3. パルミジャーノレッジャーノと他のチーズを比較
  4. 楽天でパルミジャーノレッジャーノを買うならば

上記4つについてお話ししました。

「たかだかチーズ」と言われたらそこまでかもしれませんし、正直にいうと最初は私も

のアイコン画像
チーズ一つでそんなに味が変わるのか??

と思っていました。

しかし・・・実際に食べてみることでその違いを実感することができました。

今ではすっかりパルミジャーノレッジャーノを使うのが普通になってしまいました。

おそらく、今後緑色のアレを使う機会はほぼないでしょう・・・笑

チーズ一つで、普段の料理のレベルが一段階上がりますからね!

興味がある方は一度購入してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
閉じる