カエレバの代わりにもしもアフィリエイト【かんたんリンク】マジで簡単

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 のアイコン画像 

今までカエレバを使っていたんだけど仕様変更で使いにくくなった!
カエレバの代わりになるツールって他にあるの!?

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

物販アフィリエイトといえば「カエレバ」というぐらい、カエレバの利用者が多かったのですが・・・

Amazonアソシエイトの規約変更に伴って、カエレバの仕様も変わってしまいましたよね。

そこで、私はずっと「カッテネ」というツールを利用していたのですが・・・

ここ最近はもしもアフィリエイトの「かんたんリンク」を使っています!

実際に使ってみると、その名の通り「かんたん」にリンクを取得できます!

この記事では、もしもアフィリエイトのかんたんリンクについてお話しするとともに、カエレバの代わりとなるツールに関しても解説します。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • カッテネの代わりに便利なツールを知ることができる
  • 物販アフィリエイトの売り上げが加速する
  • アフィリエイトリンクの取得作業が大幅に短縮できる

これらのメリットを得られます!

今回の記事で紹介するツールは以下の3つです。

というわけで、今回の記事では

  1. もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリットなど
  2. カッテネの使い方やメリットなど
  3. Rinkerの使い方やメリットなど
  4. どのツールが一番おすすめなのか解説

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • カエレバの代わりになるツールを知りたい人
  • 物販アフィリエイトをメインにブログ運営している人
  • PA-API機能のことを気にしている人
目次

もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリットなど

それではまず、もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリットなどを解説します。

その1:かんたんリンクの使い方

もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方は・・・

 のアイコン画像 

本当にかんたんです。笑

まずはもしもアフィリエイトに登録し、

  • Amazon
  • 楽天
  • ヤフー

に提携しておきましょう。

ログイン後はページ上部にある「かんたんリンクをクリック」し、

  • 商品名を検索
  • 対象商品をクリック

の手順で、紹介したい商品の商品コードが自動で取得されます!

商品コードをブログに貼り付ければ作業終了ですね!

ちなみに、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うとこんな見た目になります。

カスタマイズも可能なので、ネットで調べてあなたの好みのデザインにカスタマイズされてみてはいかがでしょうか?

もしもアフィリエイト公式サイト

その2:かんたんリンクのメリット

もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うメリットですが・・・その名の通り

超かんたんにリンク作成ができる

という点ですかね。

実際、商品を検索してコードを取得するのは1分ぐらいでできます!

また、PA-APIのことを機にする必要がないというのも大きなメリットです。

特に、売上が常時発生していないブロガーからするとメリットに感じる点ですね!

もしもアフィリエイトのかんたんリンクでコードを取得すると、デフォルトでスマホ対応のコードになっています。

 のアイコン画像 

なので、基本的には「貼り付けたら終了」です。

なお、通常楽天アフィリエイトは

楽天ポイントとして成果報酬を受け取る

というのが普通です。

しかし、もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うことで、

全ての売り上げがもしも経由になる

ことになります。

そのため、楽天アフィリエイトで発生した報酬もポイントではなく現金で受け取ることもできます!

その3:かんたんリンクのデメリット

もしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うデメリットですが・・・

カスタマイズ次第ではあるものの、そのまま貼り付けると少しさみしい感じがしてしまう点ですかね。

また、

もしもアフィリエイトの登録が必要

ということも少し面倒臭いといえば面倒臭いかもしれません。

しかしながら、もしもアフィリエイトは

サイトの審査がない

というお手軽さがあります。

誰でもかんたんに登録できますし、何よりアフィリエイト商品も豊富なので、登録していない人はこれを機に登録してみてはいかがでしょうか?

カッテネの使い方やメリットなど

それでは次に、カッテネの使い方やメリットなどを解説します。

その1:カッテネの使い方

まずカッテネの使い方ですが・・・

カッテネの使い方は別の記事で詳しく解説していますので、こちらの記事をご参照いただけたらと思います。

カッテネはこんな感じの商品紹介になります。

ヒロイン・松岡めぐみの父親が経営するオーダー家具の販売会社「マツオカ」。そのWebサイトは、ある理由から検索結果の表示順位が急激に低下する。マツオカの売り上げは激減し経営危機に瀕したとき、めぐみの前に謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が現れる。

カエレバやヨメレバのように、

一つの商品に対して複数のASPやショッピングサイトのリンクを貼ること可能

という商品紹介ツールですね!

しかし、カッテネは他のツールとは違って

全ての商品リンクを自分で手作業で取得する必要がある

という面倒臭い作業が発生します。

しかしながら、自分でコードを取得するということは「リンク切れを起こすことも少ない」ということです。

また、自分で好きな商品を選んで設定できますね!

カエレバやヨメレバより使い方が簡単なカッテネ作った

その2:カッテネのメリット

カッテネを使うメリットですが・・・先ほどもお話ししたように、カッテネを使う際は

自分で商品リンクを取得する

ので、商品を一つずつ確かめながらリンク作成をすることになります。

なのでリンク切れになるリスクが少ないのがメリットですね。

それに、コードを自動取得するわけではないので

AmazonアソシエイトのPA-API機能の制限にかからない

という点もメリットです!

この点に関しては「ブログを始めたての初心者」にとってもは大きなメリットになります!

また、

  • カスタマイズ性が高いこと
  • ボタンの数を増やすことも簡単

というのもメリットでしょう。

デフォルトの設定であれば

ヒロイン・松岡めぐみの父親が経営するオーダー家具の販売会社「マツオカ」。そのWebサイトは、ある理由から検索結果の表示順位が急激に低下する。マツオカの売り上げは激減し経営危機に瀕したとき、めぐみの前に謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が現れる。

こんな感じになりますが、コードをコピペしてボタンの数を増やすことも可能です。

ヒロイン・松岡めぐみの父親が経営するオーダー家具の販売会社「マツオカ」。そのWebサイトは、ある理由から検索結果の表示順位が急激に低下する。マツオカの売り上げは激減し経営危機に瀕したとき、めぐみの前に謎のWebマーケッター「ボーン・片桐」が現れる。

こんな感じですね!

その3:カッテネのデメリット

カッテネを使うデメリットですが・・・何よりも、

商品リンクを自分で取得するのが非常に面倒くさい

というですね。

慣れれば多少はマシにはなるのですが、カッテネを使って1年以上経った今でも

 のアイコン画像 

商品リンク取得するの面倒くせえなあ〜

と思うぐらいですからね。笑

1つの商品ならまだしも、比較記事とか商品一覧の記事を書く場合などは、何十個もの商品コードを取得する必要があります。

そのときは

商品リンクを取得するだけで1時間ぐらいかかる

なんて事もあります・・・泣

Rinkerの使い方やメリットなど

それでは次に、Rinkerの使い方やメリットなどを解説します。

その1:Rinkerの使い方

まずはRinkerの使い方ですが・・・

Rinkerを使うとこんな感じの見た目になります。

引用:【基本から応用まで図解で完全解説】Rinker(リンカー)の使い方と実例

Rinkerはワードプレスのプラグインとなりますので、

  • Rinker(プラグイン)をインストール
  • Rinkerのページで商品を検索
  • 商品リンクを取得して記事に貼り付ける

このような手順になります。

私も昔はRinkerを使っていたのですが、今現在は使っていません。

なので、詳しい使い方に関しては違う記事を参照していただけたらと思います。

なお、Rinkerに関しても「各ページの商品リンク」を自分で変えることはできます。

その2:Rinkerのメリット

Rinkerを使うメリットですが・・・

手っ取り早く商品コードを取得できる

という点ですかね。

カッテネに比べると、商品コード取得にかかる時間は半分以下です。

なので、短時間で作業ができるという点については大きなメリットですね!

実際にRinkerを使っているブロガーも多いので、カスタマイズコードもたくさんあります!

その3:Rinkerのデメリット

Rinkerのデメリットですが・・・

Rinkerには「PA-API機能」の制限が引っかかってしまうので、

Amazonアソシエイトで30日以上売上がない場合は商品リンクを自動で取得できない

というデメリットがあります。

もしあなたが

 のアイコン画像 

毎日Amazonで売上が発生している

という状態であれば話は別なのですが・・・ブログを始めたての初心者の場合、最初のうちは売上が発生していない状態でしょう・・・

なので、もしあなたが

 のアイコン画像 

まだAmazonで売上が発生していない

という状態であれば、Rinekrは使わないほうがいいでしょう。

また、Rinkerはワードプレスのプラグインなので、はてなブログなどでは使えません。

どのツールが一番おすすめなのか解説

それでは最後に、どのツールがあなたに一番おすすめなのかを詳しく解説します。

その1:個人的にはかんたんリンクがおすすめ

今の私の意見としては・・・

 のアイコン画像 

もしもアフィリエイトのかんたんリンクが一番おすすめ!

という感じですね。

今までは「カッテネ」を使っていたのですが、ここ最近はもしもアフィリエイトのかんたんリンクを使うようになりました。

理由は簡単で「作業のスピードが速いから」です。

もしもアフィリエイトのかんたんリンクは、その名の通り「本当に簡単にリンク作成」ができますからね!

その2:カッテネは面倒臭いが確実性はある

私が約1年間使っていたカッテネですが・・・

カッテネを使っていたときは「自分で商品を確かめながらリンクを作成する」ので、確実性と安心感はありました。

AmazonアソシエイトのPA-API機能に引っかからない点も安心できますね!

しかし、何よりも

作業するのが面倒くさいし時間がかかる

というのが最大の欠点です。

とは言っても、自分でコードを取得するということは、自分で商品と販売元を確かめながらコードを取得することになりますよね。

なので、

確実性と安心感がある

という点については、他のツールにはない大きなメリットと言えます!

その3:売上が発生していたらRinkerでもOK

最後にRinkerに関してですが・・・

先ほど話したように、物販アフィリエイトとなれば「Amazonアソシエイト」がメインになることが多いです。

しかし、AmazonにはPA-API機能の制限があるので、

Amazonで売上が発生していない

という人には、Rinkerはあまり向いていません。

Rinkerを使う場合は、

  • Amazonで売上が発生しまくっている人
  • 楽天アフィリエイトがメインの人

には向いていると言えますね。

余談ですが、楽天アフィリエイトがメインの場合は「カエレバ」で問題ないんですけどね・・・

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. もしもアフィリエイトのかんたんリンクの使い方やメリットなど
  2. カッテネの使い方やメリットなど
  3. Rinkerの使い方やメリットなど
  4. どのツールが一番おすすめなのか解説

上記4つについてお話しします。

カエレバの代わりとなる商品コード取得ツールを紹介しましたが・・・いかがだったでしょうか?

それでは最後に、それぞれのツールのメリットとデメリットをまとめておきますね。

メリット
  • 商品コード取得が本当にかんたん
  • カスタマイズも可能
  • 楽天アフィリエイトの報酬が現金で受け取れる
デメリット
  • もしもアフィリエイトの登録が必要
  • デフォルトの状態だと少し寂しい見た目になる

※タブをクリックすると切り替わります。

どのツールもメリット・デメリットはありますが・・・カエレバの代わりになる便利なツールであることに変わりはありません!

というわけで、もしあなたが

 のアイコン画像 

今までカエレバを使っていたんだけど仕様変更で使いにくくなった!
カエレバの代わりになるツールって他にあるの!?

というのであれば・・・これを機にこの記事で紹介した商品コード取得ツールを使ってみてはいかがでしょうか??

あなたの売上を加速させる商品コード取得ツール

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる