MENU

カメラのキタムラでフォトブックを作った感想:自宅で簡単お手軽に作成【毎日更新310】

2020 4/05
カメラのキタムラでフォトブックを作った感想:自宅で簡単お手軽に作成【毎日更新310】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は310記事目です。

結婚して1年以上が経過したのですが・・・私たち夫婦は結婚式を挙げずにウエディングフォトだけで済ませました。

その写真を両親に見せたところ

 のアイコン画像 

いい感じのフォトブックにしてちょうだい!

と言われました。

 のアイコン画像 

フォトブックなんて作ったことないし、どうやればいいんだろうか??

そう思って色々と調べていたところ、カメラのキタムラでフォトブックを簡単に作成できることを知りました。

実際にカメラのキタムラに行って作ったのですが・・・超簡単に良い感じのフォトブックが作れました!

ちゃんと両親にも送ったので今頃満足している・・・はず。笑

今回の記事ではカメラのキタムラのフォトブックに関して感想を述べるとともに、ネットでフォトブックを作れるサービスを紹介します!

もしあなたが

 のアイコン画像 

フォトブックを作りたい

と思っているのであれば、この記事を読んでください。

というわけで、今回の記事では

  1. カメラのキタムラでフォトブックを作った感想
  2. カメラのキタムラでフォトブックを作る2種類の方法
  3. フォトブックのサイズや料金について
  4. その他ネットでフォトブックを作れるサービス

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • カメラのキタムラでフォトブックを作りたい人
  • 誰かに渡すフォトブックをお手軽に作りたい人
  • どうやってフォトブックを作るのか知りたい人
目次

カメラのキタムラでフォトブックを作った感想

まずは、今回カメラのキタムラで作ったフォトブックについてお話しします。

冒頭でもお話ししましたが、両親にウエディングフォトを渡すためにフォトブックを作ったのですが・・・

そのフォトブックがこちらです。

Pocket Bookというフォトブック。
表紙に写真を貼り付けできます。
全部で22ページあります。
表紙と裏面がこんな感じ。

どうでしょう。

 のアイコン画像 

結構良い感じの出来栄えじゃないですかね??

写真は全部で22枚ありますので、結構な枚数を挿入することができます。

また、表紙に写真を飾ることもできますし、文字を入れることもできます。(結婚記念日など)

しかも・・・この出来栄えでたった990円(税込)という安さです。

1000円以下でこのようなフォトブックを作ることができたので、

 のアイコン画像 

とても安くて、しかも質の良いものを作れた!

と大満足です。

後ほど説明しますが、もっと大きいサイズもありますし、写真の配置場所も色々選べます。

カメラのキタムラでフォトブックを作る2種類の方法

それでは次に、カメラのキタムラでフォトブックを作る2種類の方法をお話しします。

その1:店舗で作成する

まずはカメラのキタムラの店舗で作るという方法です。

 のアイコン画像 

私はこの方法でフォトブックを作りました。

店舗にある専用のパソコンを使ってフォトブックを作るのですが・・・これが本当に簡単に作れちゃうんです!

あなたがやることは、

  1. どのタイプのフォトブックにするかを決める(お店に見本があります)
  2. スマホに写真のデータを保存しておく
  3. 専用のアプリをインストールする(店舗でQRコードを読み取ってダウンロード)
  4. 店舗のWi-Fiに接続して写真データを移す
  5. フォトブックに使う写真を選ぶ
  6. 写真の配置場所を決める(自動配置も可能)
  7. 最終確認して注文する
  8. 約1週間後に完成品を取りに行く

という感じですが・・・めちゃくちゃ簡単です。

分からないことがあれば店員さんに質問すれば教えてくれますからね。

また、大体1週間ぐらいでフォトブックが完成するらしいですが、私の場合は3日程度で「完成しました」とお店から連絡が来ました。

代金の支払いはフォトブック完成後になります。

店舗が混んでいるわけでもないので、急かされることなく落ち着いてフォトブックを作ることができました。

 のアイコン画像 

何より、フォトブックを作っている時が楽しかったです。笑

その2:ネットで作成する

2つ目が「ネットで作成する」という方法です。

カメラのキタムラは実店舗だけでなく、以下の公式サイトでもフォトブックを作ることが可能です。

カメラのキタムラ公式サイト

要領は「店舗で作る」ときと同じですが・・・一番のメリットは

パソコンさえあれば自宅でフォトブックを作れる

という点でしょうか。

フォトブックの受け取りに関しては、郵送で自宅に送ってもらうこともできます。

ただし、ネットの場合は「フォトブックの見本」を手に取って確認できないため、少なくとも

 のアイコン画像 

お近くのお店で見本だけは見ておいた方が良いのでは?

と思います。

しかしながら

パソコン1台あれば自宅で簡単にフォトブックが作れる

というのは大きなメリットでもあります。

夫婦や恋人同士での写真なんかは、お店で編集していて誰かに見られるとちょっと恥ずかしい・・・
なんて思いもあるでしょうしね。

ネットでフォトブックを作る場合は「他人に見られない」というのもメリットの一つです。

カメラのキタムラ公式サイト

フォトブックのサイズや料金について

今回私はカメラのキタムラでフォトブックを作りました。

私が作ったのは「ポケットブック:ましかく(22ページ)」のフォトブックですが・・・これ以外にもたくさんの種類があります。

なので、ここではカメラのキタムラでフォトブックを作る上でのサイズや料金について解説します。

商品名 サイズ(mm)縦×横 ページ数価格
ポケットブック:ましかく102×102mm22ページ900円(税込990円)
ポケットブック:よこなが102×152mm22ページ1,200円(税込1,320円)
シンプル100143×143mm100ページ2,000円(税込2,200円)
フォトブックハードカバー:145×145145×145mm16ページ2,800円(税込3,080円)~
フォト本:文庫サイズ148×105mm24ページ2,000円(税込2,200円)~
おなかのフォトブック150×150mm22ページ3,000円(税込3,300円)
フォトプラスブック:A5ヨコ150×200mm22ページ2,000円(税込2,200円)~
フォトブックリングスクエア152×152mm15ページ1,200円(税込1,320円)~
フォトブックソフトカバー182×140mm8ページ1,000円(税込1,100円)~
フォトブックハードカバー:185×185185×185mm16ページ3,700円(税込4,070円)~
Photozine(フォトジン):A5サイズ198×138mm12ページ600円(税込660円)~
フォトプラスブック:A5タテ200×150mm22ページ2,000円(税込2,200円)~
イヤーアルバム:A5サイズ205×145mm16ページ3,000円(税込3,300円)~
フォトブックハードカバー:205×145205×145mm16ページ3,000円(税込3,300円)~
フォト本:A5サイズ210×148mm24ページ3,000円(税込3,300円)~
フォトプラスブック:A4ヨコ210×280mm22ページ3,000円(税込3,300円)~
フォトブックリングA5210×152mm15ページ1,500円(税込1,650円)~
フォトプラスブック:A4タテ280×210mm22ページ3,000円(税込3,300円)~
Photozine(フォトジン):A4サイズ285×200mm12ページ1,200円(税込1,320円)~
フォトブックハードカバー:287×203287×203mm16ページ5,000円(税込5,500円)~
イヤーアルバム:A4サイズ287×203mm16ページ5,000円(税込5,500円)~
フォト本:A4サイズ297×210mm24ページ4,000円(税込4,400円)~

カメラのキタムラ公式サイトより引用

この様に色んなサイズがありますので、あなたに合ったフォトブックが見つかるはずです。

店舗でもネットでも上記の種類が選べます。

しかし・・・先ほどもお話しした通り、ネットでフォトブックを作る場合は、

  • ネットではフォトブックの見本の実物が見れない
  • 写真の質感やフォトブックの素材感が分からない
  • (紙の大きさは分かっても)実際の大きさなどがイメージできない

というデメリットがあります。

なので、少なくとも

 のアイコン画像 

どの種類のフォトブックを使うか?

はお近くの店舗で一度確認してみるべきだと思います。

その他ネットでフォトブックを作れるサービス

それでは最後に、カメラのキタムラ以外で「ネットでフォトブックを作れるサービス」を紹介します。

実際に私が使ったわけではないので、あくまで参考意見としてお願いします・・・

その1:おしゃれなフォトブック『BON』

まず1つ目はBONというフォトブックサービス。

こちらは

MUJIBOOKS(無印良品)推奨のおしゃれなフォトブック

というだけあって、無印らしいシンプルでおしゃれなデザインが特徴のフォトブックです。

BONは、MUJIBOOKSが推奨するオーダー・ブック・サービスです。MUJIBOOKSのある無印良品店舗では、実際につくられたサンプルをお手に取ってご覧いただけます。どうぞご来店ください。

引用:BON公式サイトより

フォトブックの作り方はとても簡単で、

  1. 枚数を選ぶ(24枚か48枚)
  2. サイズを選ぶ(S・M・XL)
  3. 写真を並べる
  4. 名前をつける
  5. 注文する

たったこれだけです。

スマホがあればネットで簡単にフォトブックを作ることができますし、しかも質感のあるおしゃれなフォトブックに仕上がります。

 のアイコン画像 

お手軽に作りたい。でも質感は落としたくない。

という人にぴったりですね!

BON公式サイト

その2:超高品質フォトブック

2つ目が超高品質フォトブックです。

最大の特徴は

スマホでかんたん!たった3分で作成できる

というだけあって、ネットで超簡単にフォトブックが作れる点でしょうか。

パソコンはもちろん、スマホでもサクッとフォトブックを作ることができます!

フォトブックの種類もたくさんあって、価格に関しても

ページ数価格(税込)画像数(表紙込み)
12ページ980円11枚
24ページ1,700円23枚
36ページ2,420円35枚
48ページ3,140円47枚
60ページ3,860円59枚

という安めの値段設定です。

超高品質フォトブック公式サイト

その3:Photoback

3つ目がPhotobackです。

こちらは少し高めの値段設定のフォトブックで、どちらかと言えば

 のアイコン画像 

高級感のあるフォトブックを作りたい

という人にオススメです。

フォトブックには上質で落ち着いた「マット用紙」を採用しており、プロも認める本格的な”本”のような仕上がりになります。

専用ソフトのダウンロードは不要であり、ネット上で誰でも簡単に編集できます。

デザインも「写真が映える様なテンプレート」が準備されているので、専門知識がなくてもおしゃれでいい感じのフォトブックが出来上がるでしょう。

写真が映えるシンプルなデザイン、専門知識がなくても誰でもオシャレに作成。

引用:Photoback公式サイトより

フォトブックの種類は以下の7種類となっています。

  • FOLIO [フォリオ]
  • ROUGH [ラフ]
  • POCKET [ポケット]
  • GRAPH [グラフ]
  • LIFE [ライフ]
  • BUNKO [ブンコ]
  • ALBUM[アルバム]

Photoback公式サイト

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. カメラのキタムラでフォトブックを作った感想
  2. カメラのキタムラでフォトブックを作る2種類の方法
  3. フォトブックのサイズや料金について
  4. その他ネットでフォトブックを作れるサービス

上記4つについてお話ししました。

また、カメラのキタムラ以外にも、以下のサイトからネットで簡単にフォトブックを作ることが可能です!

しかしながら、今回私が利用したカメラのキタムラの場合は

  • 誰でも知っている有名な老舗である
  • 実店舗でフォトブックを確認できる

というメリットがあります。

なので、もしあなたが

 のアイコン画像 

フォトブックを作りたい

と思っているのであれば、カメラのキタムラのフォトブックをオススメします。

カメラのキタムラ公式サイト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる