『レビュー』アンカーのUSBハブを使った感想:これ一つで7種類の機器と接続

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

最近のノートPCってUSB-Cしかないし数も少ないから不便だよね。アンカーのUSBハブを使ってみようと思うんだけど・・・本当にちゃんと使えるのかな?アンカーのUSBハブを実際に使った感想を知りたい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、アンカーのUSBハブを自宅で愛用している私が、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)について解説するとともに、アンカーのUSBハブを使って感じたメリットやデメリットを解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • アンカーのUSBハブを使った感想とレビューを知りたい人
  • 自宅でMacBook ProなどのノートPCを使っている人
  • USBハブがないと色んな機器に接続できなくて困っている人

今回の記事では

  1. Anker PowerExpand+ 7in1について解説
  2. アンカーのUSBハブを使って感じたメリット
  3. アンカーのUSBハブを使って感じたデメリット
  4. アンカーのUSBハブはどんな人におすすめなのか

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)について理解できた
  • アンカーのUSBハブを使って感じたメリットやデメリットが分かった
  • アンカーのUSBハブたった1つで7つの機器と接続できるようになった

という結果を手にすることができます!

目次

Anker PowerExpand+ 7in1について解説

それではまず、アンカーのUSBハブについて解説します。

具体的には以下の3つです。

  • Anker PowerExpand+ 7in1について
  • アンカーのハブを開封してみた
  • MacBook Proに接続してみた

それでは詳しく解説します!

その1:Anker PowerExpand+ 7in1について

まず1つ目ですが、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)について解説します。

充電器やケーブルといったガジェット類で有名なアンカーのUSBハブであり、

これ1つで7種類の機器と接続できる

という優れもののUSBハブです!

最近多いUSB-Cのケーブルで接続するタイプであり、ポートとしては

  • USB-A ポート:2
  • USB-C ポート:1
  • HDMI ポート:1
  • イーサネット ポート:1
  • microSDカード:1
  • SDカード:1

となっています。

質感もオシャレであり、特にMacBook Proを使っているブロガーや在宅ワーカーで使われていることが多いです!

その2:アンカーのハブを開封してみた

2つ目ですが、アンカーのUSBハブを買った時の写真です。

アンカーの特徴的な箱ですね!

それでは箱の中を見て行きましょう!

開封した写真がこちら。
本体と収納ケースが付属しています。

次はUSBハブ本体を見て行きましょう。

こちらがアンカーのUSBハブ。とても軽いです。
背面がこちら。

続いてポートの拡大写真です。

暗くて見にくいですが・・・こちらがUSB-Aポート2つ。
こちらがUSB-C(PD)ポート、microSDカード、SDカード、HDMI。
こちらにイーサネット(LANケーブル)。
本体に給電するUSB-C(PD)ポート。

とてもおしゃれな質感ですよね!

その3:MacBook Proに接続してみた

3つ目ですが、実際にMacBook Proに接続してみました。

MacBook ProにはUSB-Cポートしかないので、USB-Aポートが2つあるというのは割と便利なんですよね。

マウスを接続できますし、巻き取り式ケーブルも接続できますからね!

なお、外部モニターにはUSB-CとHDMIケーブルを使って接続しています。

残念ながらアンカーのUSBハブにはUSB-Cポートがないので、MacBook Proから外部モニターに直接接続しています。

両端がHDMIケーブルになっているケーブルがあれば、アンカーのUSBハブから出力することができます!

>>Amazon公式サイトで見る

アンカーのUSBハブを使って感じたメリット

それでは次に、アンカーのUSBハブを使うメリットを解説します。

具体的には以下の5つです。

  • これ一つで7種類の機器と接続できる
  • 超軽量・コンパクトで持ち運びに便利
  • ケーブルが頑丈なので断線しにくい
  • 最大48Wの高速充電&高速通信ができる
  • 最近のノートPCの弱点をカバーできる

それでは詳しく解説します!

その1:これ一つで7種類の機器と接続できる

まず1つ目ですが、これ一つで7種類の機器と接続できることです。

先ほど少し紹介しましたが、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)があれば、

  • USB-A ポート:2
  • USB-C ポート:1
  • HDMI ポート:1
  • イーサネット ポート:1
  • microSDカード:1
  • SDカード:1

7種類の機器と接続できるようになります。

MacBook Proをはじめとする、最近のノートパソコンはUSB-Cポートのみがスタンダートになりつつあります。

なので、USB-Aポートが2つあるというのは割と便利なんですよね!

 

USB-Cが普及しているとはいえ、いまだにUSB-Aの機器はたくさんありますし。

また、LANケーブルの差込口もありますので、自宅で有線で使用する場合なども役に立ちます!

その2:超軽量・コンパクトで持ち運びに便利

2つ目ですが、超軽量かつコンパクトで持ち運びに便利なことです。

アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)の大きさはこんな感じです。

  • サイズ:約117 x 53 x 16 mm
  • 重さ:約114g

iPhone12と比較しても一回り小さいサイズであり、手のひらに収まるサイズ感となっています。

机の上で場所を取りませんし、ケーブルを接続しても邪魔になりません。

また、専用の収納ケースも付属していますので、持ち運びにも便利となっています!

その3:ケーブルが頑丈なので断線しにくい

3つ目ですが、ケーブルが頑丈なので断線しにくいことです。

私が購入したアンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)はUSB-Cケーブルで接続するタイプです。

このケーブルの根元が非常に頑丈にできているので、そう簡単には断線しない雰囲気ですね。

なお、アンカーのUSBハブには、ケーブルではなく直接接続するタイプもあります。

こちらの方が見た目はスマートなので迷ったのですが・・・

ちょっとしたことで外れてしまう

みたいな口コミを見たので、ケーブルで接続するタイプのこちらにしました。

 

ケーブルがついているので勝手に外れたりはしませんからね!

その4:最大48Wの高速充電&高速通信ができる

4つ目ですが、最大48Wの高速充電&高速通信ができることです。

データ転送やHDMI接続などハブとして使用しながらも、MacBookに最大48Wまでの高出力でフルスピード充電が可能です。

仕様は60Wなのですが、12W出力はハブ自体への給電に利用されます。

実際にMacBook Proに接続してみましたが、

MacBook Proに付属しているケーブルと
プラグの高速充電性能を落とさない

というイメージですかね。

 

感覚的な話ですが。

また、データ転送も最大5Gbpsの高速データ転送という速さになっています!

その5:最近のノートPCの弱点をカバーできる

5つ目ですが、最近のノートPCの弱点をカバーできることです。

というのも、先ほどもお話ししたように、最近のノートPCはUSB-Cが主流になりつつあります。

一方で、ノートPCに接続する機器はUSB-Aが非常に多いというのが実態です。

なので、必ず「変換ケーブル」が必要になるんですよね。

しかし、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)があれば、これ1つで7種類の機器と同時接続できるようになります。

 

USB-Aポートは2つありますしね!

なので、私個人的には

アンカーのUSBハブはノートPCの
弱点・使いにくさカバーできる

と思っています!

アンカーのUSBハブを使って感じたデメリット

それでは次に、アンカーのUSBハブを使ってみて感じたデメリットを解説します。

具体的には以下の3つです。

  • 使用中はどうしても機器が熱くなる
  • ケーブルがあるのでスマートではない
  • 割と高めの値段なので手が出しにくい

それでは詳しく解説します!

その1:使用中はどうしても機器が熱くなる

まず1つ目ですが、使用中はどうしても機器が熱くなることです。

気になるレベルではないのですし、これで機器が壊れるといったこともないのですが・・・

給電ポートとUSB-Aを1つ使用しているだけで、アンカーのUSBハブ本体が暖かい状態になります。

口コミを見ていると

 

USBハブ本体が熱くなって調子が悪い

というのを見かけましたので、この点はデメリットかなあと感じました。

私はまだ壊れていませんが、机のUSBハブを置いていた部分は少しだけ暖かい状態ですね。笑

その2:ケーブルがあるのでスマートではない

2つ目ですが、ケーブルがあるのでスマートではないことです。

アンカーのUSBハブにはもう一つ人気のモデルがあります。

こちらの方が

ケーブルがなくて機器本体と直接接続する

という感じなので、見た目はスマートになります。

ケーブルがある方がきちんと接続できていますし、外れる心配も少ないですが・・・その分

見た目のスマートさ

は落ちてしまっていますね。

とは言え、自宅で使うだけなので全く問題ないんですけどね。

 

見た目なんて「自己満足」の世界ですし。

その3:割と高めの値段なので手が出しにくい

3つ目ですが、割と高めの値段なので手が出しにくいことです。

アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)は4799円という割と高めの値段設定です。

値段以上の機器性能はあるとは言え、思い立ってすぐに買える値段ではありませんよね・・・

安いものだと2000円とかで販売されているものもありますし。

とは言え、USBハブはあなたの大事なパソコンと接続する機器であり、信頼できる製品じゃないとパソコンを壊しかねないですよね??

 

その点、アンカー製というだけで信頼できますからね!

パソコンと接続する重要な機器と言えるので、多少高めの信頼・安心できる製品を買うべきだとは思います。

ちなみに私はAmazonブラックフライデーを利用したので、3839円で購入できました!

アンカーのUSBハブはどんな人におすすめなのか

それでは最後に、アンカーのUSBハブはどんな人におすすめなのかを解説します。

具体的には以下の3つです。

  • 自宅でパソコン作業をする機会が多い人
  • MacBook Pro等のノートPCを使う人
  • 外出時にもUSBハブを使いたい人

それでは詳しく解説します!

その1:自宅でパソコン作業をする機会が多い人

まず1つ目ですが、もしあなたが

 

自宅でパソコン作業をする機会が多い

というのであれば、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)がおすすめです。

自宅でパソコン作業をしていると、LANケーブルや外部モニターに接続することも多いはずです。

そんな時にアンカーのUSBハブがあれば、これ一つで7種類のデバイスと接続できるようになりますからね!

 

自宅に限らず会社でも活躍できるでしょう!

その2:MacBook Pro等のノートPCを使う人

2つ目ですが、もしあなたが

 

MacBook Pro等のノートPCを使う

というのであれば、是非ともアンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)を使うべきです!

先ほどもお話ししたように、MacBook Proをはじめとする最近のノートPCは

  • USB-Cが主流になりつつある
  • ポートは2つしかないので多くの機器と接続できない

みたいなことが多いです。

充電ケーブルを差し込んだら残り1つだけなんですよね。

しかし!

アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)があればUSB-Cポートを1つ残しつつ、7つの機器と同時に接続できますからね!

その3:外出時にもUSBハブを使いたい人

3つ目ですが、もしあなたが

 

外出時にもUSBハブを使うことが多い

というのであれば、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)を使いましょう。

持ち運びに適したコンパクトなサイズ・重さであると同時に、専用の収納ケースも付属していますからね。

カバンの中でケーブルが絡まることもなくなります!

外出先やカフェでマウスを使ったり別のモニターに接続する場合などに活躍するでしょう!!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. Anker PowerExpand+ 7in1について解説
  2. アンカーのUSBハブを使って感じたメリット
  3. アンカーのUSBハブを使って感じたデメリット
  4. アンカーのUSBハブはどんな人におすすめなのか

上記4つについてお話ししました。

アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)について解説するとともに、アンカーのUSBハブを使って感じたメリットやデメリットを解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)のメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット
デメリット
  1. これ一つで7種類の機器と接続できる
  2. 超軽量・コンパクトで持ち運びに便利
  3. ケーブルが頑丈なので断線しにくい
  4. 最大48Wの高速充電&高速通信ができる
  5. 最近のノートPCの弱点をカバーできる
  1. 使用中はどうしても機器が熱くなる
  2. ケーブルがあるのでスマートではない
  3. 割と高めの値段なので手が出しにくい

何度もお話ししましたが、アンカーのUSBハブ(Anker PowerExpand+ 7in1)が一つあるだけで、7つの機器と同時に接続できるようになります!

自宅でノートPCを使っている人にはもってこいのアイテムですね!

というわけで、もしあなたが

 

ノートPCのポートが少なくて困っている

というのであれば・・・これを機にアンカーのUSBハブを使ってみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる