MENU

AirPods Proを1ヶ月使った感想!損しない?メリットとデメリット【毎日更新188】

2019 12/05
AirPods Proを1ヶ月使った感想!損しない?メリットとデメリット【毎日更新188】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は188記事目です。

以前こちらの記事でAirPods Proに関する記事を書きました。

あわせて読みたい
AirPods Proが販売されていることを知ったので速攻買ってレビュー!
AirPods Proが販売されていることを知ったので速攻買ってレビュー!みなさんこんにちは。副業ブロガーのソルです。※ブログの毎日更新は165記事目です。Apple好きの人には目が離せないニュース・・・AirPods Proです!!販売されて数週間...

それから約1ヶ月が経過しました。

出張の時に使うのはもちろん、喫茶店でブログを書くときもそうですし、自宅で集中したい時にも使っていて、その中で色んな発見がありました。

というわけで今回の記事では

  • AirPods Proを1ヶ月使った感想
  • AirPods Proのメリット
  • 
AirPods Proのデメリットを紹介。
  • AirPods Proを買うべき人

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • AirPods Proを購入しようと思っている人
  • ワイヤレスかつノイズキャンセリングのイヤホンが欲しい人
  • 実際の使った感想やレビューを知りたい人
  • Apple製品が大好きな人
目次

AirPods Proを1ヶ月使った感想

まず、AirPods Proを1ヶ月使った感想ですが・・・

のアイコン画像
めちゃくち良い!!

この一言に尽きます。

詳細のメリットは後ほど後述しますが、

  • 超コンパクトなので持ち運びが便利
  • ワイヤレスなのでケーブルがごちゃごちゃすることがない
  • ノイズキャンセリングがあるので雑音をカットできる
  • 長時間再生できるので充電回数がとても少ない

という感じです。

私自身、以前はBOSEの有線ノイズキャンセリングイヤホンを使用していたので、ワイヤレスイヤホンはAirPods Proが初めてです。

しかしながら、

のアイコン画像
最高のワイヤレスかつノイズキャンセリングイヤホンなのでは??

と自信を持って言えるぐらい、とても良いイヤホンです。

包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング。周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード。装着感をカスタマイズできるように、ソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意。耐汗耐水性能。アダプティブイコライゼーションで音楽を耳の形に合わせて自動的に調節。Wireless Charging Caseを使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上。

AirPods Proのメリット

というわけで、ここからはAirPods Proのメリットをご紹介します。

その1:超コンパクト

まず、AirPods Proはイヤホン自体も超コンパクトですが、イヤホンの充電ケースも超コンパクトです。

おおよそですが、

  • 長さ:6cm
  • 幅:2cm
  • 高さ:4.5cm

程度なので、どのポケットにも納まる大きさです。

重さも45.6gと非常に軽いです。

その2:ワイヤレス

次に、AirPods Proはワイヤレスという点です。

ワイヤレスなので、ケースやカバンの中でケーブルがごちゃごちゃ絡まることがありません。

また、コンパクトにも関係するのですが、ケーブルがないのでケース自体もとても小さいです。

ちなみに、ワイヤレスイヤホンを使用するのはAirPods Proが初めてでしたが、普通に使っている分に関しては接続が切れることはありません。

自宅の中で使っていて、少し離れた場所に移動しても接続は切れませんでした。

MEMO
感覚的にですが、10m程度離れたぐらいであれば普通に接続されます。

その3:ノイズキャンセリング

次に、AirPods Proはノイズキャンセリング機能があるという点です。

AirPodsは「ただのワイヤレスイヤホン」でしたが、AirPods Proの場合はワイヤレスに加えてノイズキャンセリング機能まである・・・

まさに最高の製品です!

私自身、以前はBOSEのノイズキャンセリングイヤホンを使っていたこともあって

のアイコン画像
ワイヤレスイヤホンが欲しい
のアイコン画像
でもノイズキャンセリングも欲しい

と思っていました。

Amazonで調べればいろんな商品があるのですが・・・どれもパッとしなかったというか。

そんな時にAirPods Proが販売されていることを知って、すかさずに購入したのですが、これが大当たりでした。

なお、肝心要のノイズキャンセリングについては、

  • 自宅で使用:生活音が聞こえなくなります
  • 喫茶店で使用:周囲の声が聞こえなくなります
  • 電車で使用:ガタンゴトンという音が聞こえなくなります

と、十分すぎるぐらいの能力でした。

その4:長時間再生

次に、AirPods Proは最大24時間の再生ができます。

イヤホン単体であれば4.5時間程度にはなりますが、それでも十分です。

そして、ケ充電ケースを併用して充電しながら使用すれば最大で24時間になります。

そしてなんと、充電ケースで5分間充電すれば約1時間使えるようになります!!

あくまで公式サイトの数値とはいえ、出張の時に利用した限りでは充電が切れることはありませんでした。(きちんとケースと一緒に充電していた場合の話)

ちなみに、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンは最大で18時間でした。

この点でもAirPods Proの方が優っていますね。

その5:着け心地

次に、AirPods Proは着け心地も良いです。

イヤホンにイヤーピースがついていることもありますが、BOSEのイヤホンと比べると、長時間使い続けても耳が疲れませんでした。

MEMO
おそらくですが、ケーブルがないので重さも感じないんだと思います。

耳への圧迫感が少ないにも関わらず、割と密着してくれるので周囲の雑音をカットできます。

その6:耐汗耐水性能IPX4に対応

私は運動することがないのであまり恩恵は受けていませんが、AirPods Proは耐汗耐水性能を備えています。

ランニングする時にも使用することができますし、多少の雨程度で壊れることはありません。

私も以前使用していた時に小雨が降ってきたことがあるのですが、なんの問題もなかったです。

注意
ただし、土砂降りの雨に見舞われた時に大丈夫かどうかは不明です・・・

その7:感圧ボタンの操作

最後に、AirPods Proは感圧ボタンがあって、このボタンでいろんな操作ができます。

  • 1回押し:一時停止
  • 2回押し:次の曲に移動
  • 3回押し:前の曲に移動
  • 長押し:ノイズキャンセリングのオン・オフ

ボタン一つでここまでの操作ができるだけでも感動しますが、もっと感動する点は・・・

のアイコン画像
イヤホンを外すと曲が自動で停止し、再びイヤホンをつけると自動で再生してくれる点です!

使ってみて初めて知ったことなのですが、この機能を経験した時は感動しました。

誰かに話しかけられてイヤホンを外した時に自動で停止してくれるので「大事なところだったのに!!」ということがなくなります。笑

また、私は使っていませんが

「Hey Siri」と話しかけるだけで、曲の再生、電話の発信、経路のチェックなどの操作が可能

という優れた機能もあります。

AirPods Proのデメリットを紹介。

AirPods Proのメリットを紹介しましたが、もちろんデメリットを感じることもありました。

ここからはAirPods Proのデメリットについて解説します。

その1:値段が高い

まず、AirPods ProはAppleの純正品です。

Appleブランドということもあって値段はとても高く、30580円もします。

Amazonで検索すれば、ワイヤレスでノイズキャンセリング付きのイヤホンもたくさん出てきますし、もっと安い商品もたくさんあります。(機能性は抜きにして)

もしあなたが

のアイコン画像
少しでも出費を抑えたい!

というのであれば、AirPods Proではなく他のイヤホンを買うのもアリですね。

MEMO
しかしながら、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンも3万円は超えていました。

それを考えると「AirPods Proは高い」とは一概には言えないんですけどね。

その2:低音の響きがイマイチ

次に、AirPods Proは音質も良いのですが・・・低音の響きは少し物足りなさを感じます。

普通に使う分に関しては全く問題ありませんが、もしあなたが

のアイコン画像
最高の音質でないと嫌だ!!

というのであれば、他の製品の方がいいでしょう。

ちなみに、BOSEの方が音質は良かったです。(重低音の響きなどを総合的に考えて)

その3:音量の上げ下げができない

次に、AirPods Proには感圧ボタンがあると言いました。

非常に便利な感圧ボタンなのですが・・・1点だけデメリットがあります。

それが「音量を上げ下げできない」です。

のアイコン画像
曲を飛ばしたりはできるのに、なぜ音量の上げ下げができないんだ・・・

という感じですね。笑

ワイヤレスなので仕方がないのですが、この点は少しマイナスポイントですかね。

とは言っても、基本的にはiPhoneなど機器が近くにあるはずなので、別に問題はないんですけどね。

その4:ワイヤレスだから紛失しそう

最後に、これは私だけなのかもしれませんが、ワイヤレスなので紛失する可能性が高いです。

というのも、例えば何かの拍子にイヤホンを外してポケットに入れたとします。

有線であればケーブルでつながっている状態なので落とすことはないですし、落としてもすぐに気がつきます。

もしくは、ポケットからイヤホンの先端がブラーんと出ているか・・・ですよね。

しかし、ワイヤレスの場合はケーブルがないので、何かの拍子にイヤホンを落としてしまっても非常に気が付きにくいのです。

以前利用していた際にこのようなことがあって、その時は幸いにも気がつくことができましたが・・・

実際にワイヤレスイヤホンを紛失する人は多くいますし、東京では駅構内で「ワイヤレスイヤホンの落し物に注意」と言われているぐらいです。

ワイヤレスというのはメリットでもあり「紛失する恐れがある・落としやすい」というデメリットもあります。

AirPods Proを買うべきか!?

というわけで、AirPods Proのメリットとデメリットについて説明しました。

私個人的には超オススメの製品なのですが、人によっては合わないかもしれません。

なので、私なりに「買うべき人・買わないべき人」を考えてみました。

買うべき人

まず、AirPods Proを買った方が良い人は以下に当てはまる人です。

  • コンパクトがいい
  • ワイヤレスでノイズキャンセリングが欲しい
  • Appleが大好き

まず、コンパクト性に関してはトップクラスのコンパクトさであり、持ち運びも超便利です。

次に、ワイヤレスかつノイズキャンセリングのイヤホンの中では、再生時間や機能面に関してもズバ抜けています。

最後に・・・Appleが大好きな人にはたまらない商品です。

自己満足の世界になりますが、AirPods Proを持っているだけで優越感に浸ることができます。笑

買わないべき人

次に、私が思う「AirPods Proを買わない方が良い人」です。

  • 有線タイプがいい
  • もっと安いほうがいい
  • 最高音質を求めている

上記に当てはまるのであればAirPods Proは買わない方が良いです。

まず、有線タイプの場合は「ケーブルがごちゃごちゃする」というデメリットがある反面、紛失しにくい・落としにくいというメリットもあります。

のアイコン画像
せっかく買ったイヤホンを失くしたくない!

というのであれば、有線タイプのイヤホンを買うべきです。

次に、AirPods Proは3万円を超える値段です。

少しでも出費を抑えたいのであれば、他のイヤホンを買うべきですね。

もっと安いイヤホンは他にもたくさんありますし。

最後に、音質についても「AirPods Proは音質が良い方」だとは思いますが、もっと高音質のイヤホンはたくさんあります。

Sonyもありますし、オーディオテクニカもありますし、BOSEだってパイオニアだってあります。

のアイコン画像
別にそこまで高音質じゃなくても良い

というのであればAirPods Proでも十分ですが

のアイコン画像
高音質じゃないと嫌!!

というのであれば、他のイヤホンを探しましょう。

まとめ:AirPods Proは買うべし!

というわけで、今回の記事では

  1. AirPods Proを1ヶ月使った感想
  2. AirPods Proのメリット
  3. 
AirPods Proのデメリットを紹介。
  4. AirPods Proを買うべき人

上記4つについてお話ししました。

人それぞれ好みは違いますし、合う人・合わない人がいるのはもちろんです。

最終的には「自分に合うかどうか」で判断するべきですが、私個人的には

のアイコン画像
AirPods Proは今まで使った中で最高のイヤホンだ!

と思っていますし、自信を持ってお勧めできるイヤホンであることは間違いありません。

それに、自分に合うかどうかなんて使ってみないと分かりませんからね。

また、AirPods Proに関しては市場価値も高いので、最悪はメルカリで売ることもできます。

定価以上の金額で取引!?
余談ですが、メルカリで検索してみたところ、新品未開封で定価以上の金額になっていました。

おそらく、少し使ったぐらいであれば半額ぐらいで売れるでしょう。

もしあなたがAirPods Proに少しでも興味があるのであれば、一度手にとって使ってみることを強くオススメします!

AirPods Proの便利さに惚れてしまうことは間違いありませんから!

包み込むようなサウンドを生み出すアクティブノイズキャンセリング。周囲の音が聞こえて、今起きていることがわかる外部音取り込みモード。装着感をカスタマイズできるように、ソフトな先細のシリコーン製イヤーチップを3つのサイズで用意。耐汗耐水性能。アダプティブイコライゼーションで音楽を耳の形に合わせて自動的に調節。Wireless Charging Caseを使えば、バッテリー駆動時間は24時間以上。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる