MENU

WordPressテーマSWELL:デザイン・機能抜群&ブロックエディタ完全対応【毎日更新298】

2020 5/27
WordPressテーマSWELL:デザイン・機能抜群&ブロックエディタ完全対応【毎日更新298】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は298記事目です。

 のアイコン画像 

ここ最近、WPテーマのSWELLのことをよく聞くんだけど
SWELLってどんなテーマなの!?

こんな疑問をお持ちであれば、この記事を読むことで解決できます!

というのも、以前こちらのツイートでもお話ししましたが・・・

このブログで1年以上使っていたSANGOから「SWELL」というテーマに乗り換えました!

ついに!

1年以上愛用したSANGOからSWELLに変更しちゃいました・・・

乗り換えプラグインがマジで便利です。

SANGOで書いた記事の見た目が一切崩れていません!!

これからはSWELLとともにブログを運営していきます!

引用:副業ブロガーのソルツイッターより

WordPress(ワードプレス)のテーマ業界で話題沸騰中の「SWELL」

ふとしたきっかけでSWELLの存在を知ったのですが・・・そのデザイン性に一目惚れしてしまい、数日感悩んだ挙句、

  • とにかくデザイン性が良い
  • 自分が追い求めていたデザインである
  • ちょうど連休なので色々設定する時間がある

ということで、SWELLに乗り換えました!

SWELLに乗り換えてかれこれ3ヶ月以上が経過しましたが、何一つ後悔している点がありません!

今回の記事ではWPテーマのSWELLについて解説します。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • WPテーマSWELLの特徴や機能
  • WPテーマSWELLの値段について
  • WPテーマSWELLはどんな人におすすめか?

を知ることができます!

というわけで、今回の記事では

  1. 新世代を担うWPテーマSWELLについて
  2. WPテーマSWELLの特徴や機能など
  3. WPテーマSWELLの値段について
  4. WPテーマSWELLはどんな人にオススメ?

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • WordPress(ワードプレス)のテーマ「SWELL」に興味がある人
  • ブログのテーマを変えようと思っている人
  • SWELLの機能性や使い勝手、特徴を知りたい人
目次

新世代を担うWPテーマSWELLについて

それではまず、WordPress(ワードプレス)のテーマ「SWELL」についてお話しします。

「SWELL」はホームページ制作やプログラミングを行なっている了さん(@ddryo_loos)が開発した有料テーマです。

SWELLというのは「うねり」という意味であり、SWELLにとっての「うねり」とは、

ユーザーの「人生のうねり」

を表しているらしいです。

テーマの特徴としては、

  • スタイリッシュかつシンプルなデザイン
  • ユーザーの目を引くデザイン性あふれるテーマ
  • ブロックエディタに完全対応

であり、SWELLのコンセプトは

シンプルで美しく、機能が豊富で、コードを書く必要もない。

引用:SWELL公式サイトより

です。

その1:開発者の了さんについて

SWELL開発者の了さん(@ddryo_loos)ですが、普段はホームページ制作やプログラミングなどを行なっています。

SWELLを開発されたのも了さんですが、了さんたった一人でサイトの開発やサポートも実施されています。

一人でテーマの開発やサポートを実施されているので、

 のアイコン画像 

了さんが倒れたら終わりでは?

と、少し心配になることもあります・・・

が、後ほど紹介するSWELLER’Sというコミュニティがアツく、手厚いサポートもあります。

その2:コミュニティ「SWELLER’S」がアツイ

SWELLをダウンロードした人には「SWELLER’S」というコミュニティに参加することができます。

要は、分からないことがあればコミュニティで質問すればサポートしてもらえるのですが・・・

私はダウンロードしてすぐに分からないことがあったので質問しました。

すると、その日中に了さんから解決策を教えていただきました。

たった一人で運営している分、利用者との距離が近い感じがしていいですよね。

その3:乗り換え用プラグインも準備

最後に、SWELLには他テーマから乗り換えた時の設定を少しでも楽にすべく、乗り換え用のプラグインが準備されているのです!

現在あるのは、

  • JIN
  • SANGO
  • STORK
  • Cocoon
  • THE THOR

上記5種類のテーマに対応しています。

私はSANGOから乗り換えたのですが、こちらのプラグインを使うことで、

  • 記事のボックスなどのデザインは一切崩れない
  • 設定するのはサイトの基本色とかアドセンス広告の配置とか

この程度の設定で済みました!

テーマ乗り換えにあたって一番ネックとなるのが「設定や修正」なのですが、この手間を最小限に抑えることができるため、非常に乗り換えやすいテーマであると言えますね!

WPテーマSWELLの特徴や機能など

それでは次に、WordPress(ワードプレス)のテーマ「SWELL」の特徴や機能についてお話しします。

その1:ブロックエディタ対応が抜群に良い

以前こちらの記事でもお話ししたのですが・・・現在WordPress(ワードプレス)では「ブロックエディタ」という編集画面が主流になっています。

昔からブログを運営していた人にとっては「クラシックエディタ」が主流であり、私もずっとクラシックエディタを使っていました。

しかし、クラシックエディタは2021年でサポートが終了してしまうので、

 のアイコン画像 

いずれはブロックエディタに乗り換えないといけない

と思っていました。

SANGO時代にもブロックエディタを使ったことはあるのですが・・・これが使いにくくて仕方がない・・・

と思っていたのですが!

SWELLに乗り換えてからは、むしろ

 のアイコン画像 

今まで何でブロックエディタを使っていなかったんだろうか!?

と思うぐらい、めちゃくちゃ操作性が良いんですよ!!

この快適性は実際に使って体験してみるのが一番良いと思いますので、もし興味がある場合は「SWELL無料配布版」を使ってみることをオススメします!

まだ使い始めて1週間も経っていませんが、すでにクラシックエディタには戻れない域に達しました。笑

その2:見た目・デザイン性が最高レベル

次に、WordPress(ワードプレス)テーマSWELLは見た目・デザイン性が最高レベルだと思っています。

とやかく言わなくとも、デモサイトを見ていただければ分かると思います・・・

今まで使っていたSANGOもオシャレではあるのですが、

 のアイコン画像 

なんか自分には違うような・・・

という違和感がありました。

そんな時にSWELLを見つけたのですが、その時に

 のアイコン画像 

これだ!これこそが探していたテーマなんだ!

と、一目惚れしたというかビビッときたというか・・・とにかく「これだ!」と思ったわけです。

とりあえずSWELL無料配布版をダウンロードして使ったのですが、

 のアイコン画像 

やはりこのテーマなんだ!

と確信できたので、有料版をダウンロードしました。

実際のところ、後悔する点はありませんし、正しい判断だったと思います。

その3:ボックスや吹き出しの編集が楽チン

WordPress(ワードプレス)テーマSWELLはブロックエディタ完全対応ということもあって、ボックスや吹き出しの編集がとても楽チンです。

例えばですが、

メインカラーのボックス装飾

メインカラー背景のボックス装飾

注釈用のボックス装飾

カギ括弧のボックス装飾

吹き出し型のボックス装飾

ワンポイントのボックス装飾

チェックマークのボックス装飾

ボックス装飾もカラムの変更も超簡単です!

こんな感じのボックスがクリック一つでできますし、

 のアイコン画像 

こんな感じの吹き出しや

 のアイコン画像 

右からの吹き出しも

 のアイコン画像 

超簡単にできるんだぜ!

こんな感じの吹き出しもクリック一つでできます。

吹き出しは予め画像を登録しておけば簡単に編集できます。

箇条書きの例はこんな感じですね。

  • デフォルトの見出し1
  • デフォルトの見出し2
  • デフォルトの見出し3
  • チェックマークの見出し1
  • チェックマークの見出し2
  • チェックマークの見出し3
  • BADな見出し1
  • BADな見出し2
  • BADな見出し3

とにかく編集するときの快適性が、今までとはまるで違います!

ブログを毎日更新するにあたって「編集が楽チン」というのは大きなモチベーションアップにつながります!

WPテーマSWELLの値段について

それではここで、WordPress(ワードプレス)テーマSWELLの値段について解説していきます。

その1:SWELLの値段

SWELLは有料テーマであり、SWELLの値段は「17600円(税込)」です。

 のアイコン画像 

17600円?高くない!?

と思うかもしれませんが、デザイン性や機能性の高さに加えて

  • ライセンス制限なし
  • 複数サイトで利用可能
  • 了さんのサポートが無料で受けられる

という点を考慮すると、

 のアイコン画像 

妥当な金額なのでは?

と思います。

アップデートの際は無料でアップデートできますので、追加でお金がかかることはないと思って良いでしょう。

その2:他のテーマと比較

それではここで、他の有名なテーマとSWELLの値段を比較してみます。

テーマ値段備考
SWELL17600円(税込)複数サイトOK
SANGO11000円(税込)複数サイトOK
STORK11000円(税込)1サイトのみ
SWALLOW9900円(税込)1サイトのみ
THE THOR16280円(税込)複数サイトOK
JIN14800円(税込)複数サイトOK
AFFINGER514800円(税込)複数サイトOK
賢威24800円(税込)複数サイトOK

SWELLは割と高い部類に入るとは思いますが、先ほど述べたように、機能性やデザイン性・使いやすさを考慮すると

 のアイコン画像 

妥当な金額なんじゃないの??

と思います。

また、STORKなんかは「1サイトのみ」という制約があるので、その点でもお得感はありますよね。

あと、デザインに関しては「あなたの好みの問題」だと思います。

WPテーマSWELLはどんな人にオススメ?

最後に、WordPress(ワードプレス)テーマSWELLはどんな人にオススメなのか?を考えてみました。

その1:SWELLを使うべき人

まずはSWELLを使うべき人についてですが・・・

SWELLのデザインに一目惚れした人

この場合は今すぐにでも購入するべきだと思います!

私も一目惚れして、ビビッときたのですかさず購入したのですが・・・SWELLに乗り換えて大正解でした。

デザインに関しては個人の好みの問題もありますので「どんな人にオススメか」は一概には言えないと思います。

そんな時に重要になるのが

一目惚れしたかどうか

だと思いますので。

あと、もう一つデザインの指標でいえば

 のアイコン画像 

Appleのようなデザインが大好き

というのであれば、SWELLを使って損はしないかと思います。(これは私の感覚)

デザイン性以外の点で言えば、

  • ブロックエディタでの編集に慣れておきたい
  • 記事の編集を楽チン・簡単に済ませたい
  • 色や配置を簡単に変更したい

という点に当てはまるのであれば、SWELLを購入して間違いないと思います。

その2:SWELL以外のテーマを使うべき人

それでは次に、SWELL以外のテーマを使うべき人についてですが・・・

  • SANGOのようなフラットデザインが好き
  • 「SWELLはなんか違うな」と思う
  • 有料テーマではなく無料テーマでいい

ですかね。

先ほど少しお話ししましたが、私が以前使っていたSANGOはフラットデザインと呼ばれるデザインであり、どことなくポップで可愛らしい印象があります。

なので、そうしたデザインが好きであれば、SWELLではなくSANGOなどのテーマを使ったほうがいいかもしれません。

 のアイコン画像 

私はSWELLの方が合っていました。

次に「SWELLはなんか違うな」と思う人についてですが、これはあなたの直感の問題だと思います。

 のアイコン画像 

SWELLはなんか違うかな・・・

と思っている状態で無理にテーマを使ってもしっくりこないと思いますので、この場合は違うテーマを使うべきでしょう。

最後に「有料テーマではなく無料テーマでいい」についてですが・・・

SWELLは17600円と決して安いテーマではありません。

1万円前後のテーマもいくらでもありますし、無料のテーマも星の数ほどありますので、無理にSWELLを使う必要はないでしょう。

その3:ブログ初心者にとっては不向き?

最後に「SWELLはブログ初心者に向いているのか」についてお話ししておきます。

確かにSWELLは操作性も良く知識も経験もない初心者ブロガーでも非常に使いやすいように工夫されています。

 のアイコン画像 

直感的に編集できるといいますか。

しかしながら、SWELLは有料テーマであり、17600円と他のテーマに比べたら少し高い値段設定ではあります。

なので、私個人的には

 のアイコン画像 

初心者ブロガーがいきなりSWELLを使わなくてもいいのでは?

と思うかもしれません。

無料のテーマでも、例えばCocoonなんかは有料テーマに劣らないぐらいのデザイン・機能性がありますからね。

しかしながら、私個人的には

 のアイコン画像 

ブログ初心者だからこそ有料テーマを使うべき

だと思っています。

というのも、

  • プロが作ったデザインが簡単に手に入る
  • 何も分からないど素人が下手にカスタマイズする必要がない
  • 機能が充実しているので余計な作業時間が減る(コンテンツに集中できる)

というメリットがあるからです。

ちなみに、CocoonからSWELLに乗り換えるためのプラグインも準備れています。

普通であればテーマの乗り換えは非常に大変な作業になりますし、後から色々と設定するのは実際に大変なので

「自己投資」と思って最初から有料テーマを使うべき

ということですね!

なお、SWELLには無料配布版も準備されています。

 のアイコン画像 

SWELLに惚れたんだけどいきなり17600円も払うのは心配・・・

と思うのであれば

まずは無料配布版を使ってみるのもオススメです。

SWELLの使い方を実際に体験できますし、無料配布版を使った上で有料版をダウンロードしても問題ないですからね。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 新世代を担うWPテーマSWELLについて
  2. WPテーマSWELLの特徴や機能など
  3. WPテーマSWELLの値段について
  4. WPテーマSWELLはどんな人にオススメ?

上記4つについてお話ししました。

なんだかんだ書きましたが、私の中では

 のアイコン画像 

思い切ってSWELLに変えて良かった!

と思っています。

  • スタイリッシュかつシンプルなデザイン
  • ブロックエディタ完全対応・日々の編集作業の快適さ
  • コミュニティのアツさ・サポートの手堅さ

どれを取っても良い点だらけですからね。

もしあなたが

 のアイコン画像 

WordPress(ワードプレス)のテーマSWELLに興味がある!

というのであれば、これを機にSWELLを導入しましょう!

なお、SWELLに関しては他の記事でもお話ししていますので、合わせてお読みいただけたらと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる