スマホを見すぎて夜眠れないスマホ依存症の人へ:夜23時にアラームを設定【毎日更新207】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は207記事目です。

のアイコン画像
暇があればついスマホを見てしまう
のアイコン画像
自宅にいるときはほぼスマホを見て過ごしている
のアイコン画像
夜眠れない時もスマホを見てしまう

現代人にとっては生活の基盤となっているスマホ。

スマホ一台あれば、電話やメールはもちろん、YouTubeを見たりネットで何かを調べることも可能です。

なんなら、スマホからブログを投稿できますからね。

非常に便利な時代になりました。

便利すぎるが故に、自宅にいるときやつい暇な時はなぜかスマホを手に取っていることがほとんどだと思います。

そんな感じで、夜眠れない時もついつい夜遅くまでスマホばかり見てしまいがちです。

スマホを見続けるのが現代人にとって普通になりかけていますが・・・

あなたもご承知の通り、スマホの見過ぎは体に悪影響を及ぼします。

なので、適度に「スマホを見ない時間」を作る必要があるわけです。

というわけで、今回の記事では

  1. 現代人には手放せない超便利なスマホ
  2. スマホが体に与える悪影響とは?
  3. スマホを見ないようにするための対策方法
  4. 画期的な方法:夜23時にアラームをセット

上記4つについてお話しします。

この記事を読むべき人
今回の記事は以下の人向けです。

  • 暇があればついスマホを見てしまうスマホ依存症の人
  • 自宅にいるときはほぼスマホを見て過ごしている人
  • 夜眠れない時もスマホを見てしまい寝つきが悪い人
目次

現代人には手放せない超便利なスマホ

冒頭でもお話しした通り、スマホは非常に便利なアイテムです。

  • 電話やメールで誰かと連絡を取れる
  • YouTubeなどのコンテンツが見れる
  • ネットで何かを検索したりブログを投稿できる

これだけではなく、スマホ一台で他にも色んなことができます。

なので、現代人にとってはスマホは手放せない人生の相棒になった、といっても過言ではありません。

あまりの便利さに、つい暇があればスマホを見ているという人がほとんどだと思います。

私もそうですし、夜眠れない時にはついスマホを見てしまいがちです。

のアイコン画像
スマホを見ていたら目が疲れて眠たくなるかな?見たい動画もあるし。

みたいな感じで。

スマホが体に与える悪影響とは?

しかし、あなたも想像がつくかと思いますが、スマホを触りすぎていると体に悪影響を及ぼします。

というわけで、ここからはスマホが体に与える悪影響についてお話しします。

その1:睡眠の質が低下する

まず、誰もが想像つくであろうことですが、スマホを見過ぎると睡眠の質が低下します。

特に「夜眠れないからスマホを見る」というのは余計に睡眠の質が低下してしまいます。

MEMO
iPhoneにはブルーライト調整機能もついていますが、そうは言ってもブルーライトを見ていることに変わりはありませんからね。

ブルーライトを見ていると、脳が起きてしまいます。

夜眠れない時にスマホを見ると「目が疲れてくる感覚」があると思いますが、目が疲れるだけであって脳は起きてしまいます。

なので、睡眠の質が低下してしまうわけですね。

その2:うつ病になりやすい

次が、スマホを見過ぎるとうつ病になりやすくなります。

スマホを見る姿勢や目の疲れにより、自律神経が集中する首が長時間圧迫されると、副交感神経の働きが鈍くなります。

すると、

  • 頭痛やめまい
  • 全身のだるさ
  • 食欲不振
  • 不眠

などの症状を引き起こりやすくなり、その症状が慢性的になるとうつ症状に発展する恐れがあります。

なので、上記のどれかに思い当たる症状があれば、スマホを触り続けるのをやめましょう。

その3:眼球が爆発する

最後が、スマホを見過ぎていると眼球が爆発してしまうことです。

のアイコン画像
お前何言ってんの?お前の頭が爆発してるんじゃないの??

と思われたかもしれません。笑

しかし、スマホを見過ぎて眼球が爆発した人は実際にいます。

こちらの動画をご参照ください。

この症状は「バルサルバ症状」と呼ばれていて、簡単にいうと網膜血管が爆発してしまうというものです。

恐ろしいですよね・・・

スマホを見ないようにするための対策方法

スマホが体に与える悪影響がなんとなく理解できたところで、次はスマホを見過ぎないようにするための対策方法について解説します。

MEMO
なお、ミニマリストの中には「電子機器断捨離日」というのを実践していて、その日1日はスマホもパソコンも電子機器類を一切見ないということです。

流石にここまでする必要はないのですが、あくまで参考程度に。

その1:オフラインにする

まずは、あなたのスマホの通知をオフにしましょう。

通知をオフにしなくても、電波を切るだけでもいいです。

スマホを見てしまうのは

  • 電話が鳴った
  • メールが届いた
  • LINEが届いた
  • YouTubeの動画が投稿された

など、何かしらの通知があるからです。

なので、スマホを見ないようにするためには、まずはオフラインにして通知がない状態にしましょう。

その2:スマホを手の届かないところに置く

次が、スマホを手の届かないところに置くという方法です。

そもそも、なぜスマホを触ってしまうのかというと「いつも手の届くところにスマホを置いているから」です。

私もそうですが、ついついスマホを見てしまうのは、手の届くところにスマホを置く癖がついてしまっているからだと思っています。

なので、そんな時は手が届かないところにスマホをおきましょう。

すぐに届くからスマホを持ってしまうのです。

極端な話、押入れの奥の方にスマホを片付けるとどうでしょう。

スマホを取り出すのが面倒くさいので、スマホを触ろうという気持ちは薄れるはずです。

物理的にスマホを触れない状態にしてしまうという方法ですね。

その3:スマホの電源を切ってしまう

最後が、スマホの電源を切ってしまうという方法です。

「オフラインにする」でもいいのですが、オフラインにしてもアプリなどの通知が届くことがあります。

それに、オフラインでもスマホで出来ることはたくさんありますからね。

なので、そんな時はスマホの電源を切ってしまいましょう。

私はiPhoneの目覚ましを使っているので、実際に夜寝るときに電源をオフにすることはしません。

しかし、

  • スマホを手の届かないところに置く
  • スマホの電源を切ってしまう

この方法を組み合わせることで、スマホを触る時間は確実に減ります。

大切なのは「少しでもスマホを触る時間を減らす」ということですからね。

画期的な方法:夜23時にアラームをセット

ちなみに・・・私が実践している画期的な方法があります。

それは、夜23時にスマホのアラームが鳴るようにしておき、アラームが鳴ったらスマホを見るのをやめてすぐに寝るという方法です。

マナブログ運営者のマナブさんが実践している方法です。

参考までに、僕の場合は「音を使って、生活のルール化」をしています。
使っているのは写真にある「3つの音」です。

朝のアラームは普通ですが、

2つ目はFXのトレード時間。これが鳴ったらチャートを見る。

最後が「スマホ禁止時間」です。
これが鳴ったら、絶対にスマホを閉じる。

わりと効果あり

IT企業社長のマコなり社長も「夜23時以降にスマホを見たら、その瞬間に●ぬと思ってください」と言っています。

それだけ、夜遅くにスマホを見るというのは体に良くないということですね。

ビジネスマンにとってもブロガーにとっても「翌日のパフォーマンスを落としてしまう」という結果に繋がりかねないですし。

この方法を実践し始めてから、寝つきが良くなった気がします。

最初のうちは

のアイコン画像
ああ〜スマホ触りてえ〜YouTube見てえ〜

とストレスが溜まってしまいましたが・・・3日ぐらい続けると慣れてきました。

そして、アラームが鳴った途端に

のアイコン画像
よしっ。今日はもう寝るぞ!

という感じで、生活リズムも整い始めました。

心なしか、寝つきが良くなったこともあって、次の日の朝目覚めが良くなりました。

今までは

のアイコン画像
ああ〜もう少し寝ようかな〜

という感じで、

  • 二度寝してしまう
  • 布団の中でゴロゴロしてしまう

のどちらかでしたが、実践し始めてから

のアイコン画像
よしっ、もう朝だ。起きよう。

という感じで、自然に目が覚めるようになりました。

もう一つ素晴らしい点が、目覚ましをかけなくても勝手に起きれるようになったという点です。

23時以降にスマホを見ないようにするだけで、ここまでのメリットがありますからね。

あなたも実践してみてください。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 現代人には手放せない超便利なスマホ
  2. スマホが体に与える悪影響とは?
  3. スマホを見ないようにするための対策方法
  4. 画期的な方法:夜23時にアラームをセット

上記4つについてお話ししました。

スマホ1台あれば何でもできる便利な時代になりましたが、やはりスマホにもデメリットはたくさんあります。

何より、スマホを見過ぎてしまうとあなたの体に悪影響を及ぼしてしまいます。

そして、仕事のパフォーマンスが落ちてしまいますからね。

なので、くれぐれもスマホの見過ぎには注意してください。

スマホを見過ぎないようにするための方法をまとめると、

スマホを見過ぎないようにするための方法
  1. オフラインにする
  2. スマホを手の届かないところに置く
  3. スマホの電源を切ってしまう

上記3点です。

そして、最後に紹介したスマホを見過ぎないようにするための画期的な方法

夜23時にアラームをセットする。

アラームが鳴ったらそれ以降はスマホを見ずにすぐに寝る

という方法です。

こちらは非常に効果がありましたので、もしあなたが

のアイコン画像
夜遅くまでついスマホを見過ぎてしまう。寝つきも悪い。

というのであれば、今日からすぐにこの方法を実践してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる