『SANGO』カテゴリーページをメニューに表示する方法:3つの手順でOK

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

WPテーマのSANGOを使ってブログを運営しているんだけど、ヘッダーメニューにカテゴリーページを表示させたい!その方法を教えて!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、SANGOを使っていた私が、SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • SANGOのカテゴリーページをメニューに表示させたい人
  • WPテーマのSANGOでブログを運営している人
  • 具体的なカスタマイズ方法を知りたい人

今回の記事では

  1. SANGOのカテゴリーページについて
  2. SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法
  3. カスタマイズ後のカテゴリーページの問題点

上記3つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • SANGOのカテゴリーページをメニューに表示させる方法が分かった
  • 自分が思っていたブログにカスタマイズすることができた
  • メニューにカテゴリーページを表示することでPV数が上がった

という結果を手にすることができます!

現在私はSWELLというテーマを使っています。なので、解説する画面とこのブログのデザインが変わっております。

目次

SANGOのカテゴリーページについて

それではまず、SANGOのカテゴリーページについて解説します。

具体的には以下の2つです。

  • デフォルトのカテゴリーページ
  • カスタマイズ後のカテゴリーページ

それでは詳しく解説します!

その1:デフォルトのカテゴリーページ

まず1つ目ですが、SANGOのデフォルトのカテゴリーページについてです。

デフォルトのカテゴリーページはカテゴリーページは右側のサイドバーに表示されているだけで、メニューには表示されないんですよね。

メニューに表示されているのは固定ページだけです。

しかし、私は

 

カテゴリーページをメニューに表示させたい

と思っていました。

なぜならば、見せたいのは固定ページではなく「ブログの記事」だったからです。

この記事では「カテゴリーページをメニューに表示させる」カスタマイズ方法について解説します。

その2:カスタマイズ後のカテゴリーページ

2つ目ですが、カスタマイズ後のカテゴリーページについてです。

カスタマイズ後はこんな感じになります。

メニューに表示されているカテゴリーをクリックすると・・・

カテゴリーページが表示されるようになりました!

なお、こちらのサイトを参考にカスタマイズしました。

こちらのサイトを真似しながらカスタマイズしたところ、無事に

トップページのヘッダーメニューに
カテゴリーページを表示させる

ができました!

SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法

それでは次に、SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法を解説します。

具体的には以下の3つです。

  • それぞれの固定ページを作る
  • ショートコードを入力する
  • 各ページをカスタマイズする

それでは詳しく解説します!

その1:それぞれの固定ページを作る

まず1つ目ですが、それぞれの固定ページを作りましょう。

私の例で言えば「Minimalist」のカテゴリーページを作りたいので、そのページを作っていきます。

固定ページのパーマリンクですが、例えば「minimalist」と入力してしまうと、勝手に普通のカテゴリーページが表示されてしまいます。

なので「minimalist-top」という感じで、少し違ったURLにしましょう。

その2:ショートコードを入力する

2つ目ですが、ショートコードを入力しましょう。

先ほど作成した固定ページの本文にショートコードを貼り付けます。

ショートコード
[catpost catid="30" num="10" type="card"]

このコードを貼り付ければ

カテゴリーID=30 の記事が10記事表示される

ということになります。

カテゴリーIDの調べ方は以下の通りです。

STEP
投稿→カテゴリーに移動
STEP
対象のカテゴリーにカーソールを合わせる
STEP
左下にURLが表示されるのでIDをチェック

URLの中に「…tag_id=●●」の記載がありますので、●●の数字を見てください。

その3:各ページをカスタマイズする

3つ目ですが、それぞれの固定ページをカスタマイズしましょう。

このカスタマイズ方法で作る固定ページと普通のカテゴリーページとの最大の違いは

自分で本文入力ができる

という点です。

なので、記事を表示させるだけでなく、

  • 目次を入れる
  • 補足説明を入れる
  • オススメ商品を紹介する

などのカスタマイズをしましょう。

カスタマイズ後のカテゴリーページの問題点

それではここで、このカスタマイズ後のカテゴリーページの問題点について解説します。

強いて挙げるならば「カテゴリーの2ページ目が表示されない」という点ですかね。

このカスタマイズ方法だと「表示される記事が10記事」という制約があって、次のページに行くことができません・・・

固定ページをスクロールすると「次へ」というボタンが見つからない・・・
 

固定ページをスクロールすると
「次へ」というボタンが見つからない・・・

参考にさせていただいたサイトにも記載がなかったので、おそらくいい方法は無いのかもしれませんね。

なので、もし

 

それじゃあ嫌だ!

というのであれば、

  • 固定ページを作成する
  • パーマリンクをカテゴリーページと同じURLにする
  • そのまま公開する

上記の手順で、トップページのメニューをカテゴリーページを表示することができます。

そうすると、きちんと次のページに行くことができます!

ただし、本文や見出しなどを作れない「普通のカテゴリーページ」になります。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. SANGOのカテゴリーページについて
  2. SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法
  3. カスタマイズ後のカテゴリーページの問題点

上記3つについてお話ししました。

SANGOのカテゴリーページをメニューに表示する方法を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

やってみると、意外と簡単な作業ですよ!

というわけで、これを機にSANGOのメニューをカスタマイズしてみましょう!

P.S.

参考までにお話ししておくと、今私が愛用しているSWELLというテーマは、トップメニューにカテゴリーページを表示させることができます。

というか、カスタマイズ性に優れているので、

  • メニューに各カテゴリーの固定ページを表示させる
  • 各固定ページに各カテゴリーの記事を表示させる
  • 人気記事やランダムに記事を表示させることもできる
  • もちろん普通の固定ページとして編集できる

というメリットがあります!

興味があれば、こちらの記事も読んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる