ミニマリストの休日:ポルペッティ(イタリア版煮込みハンバーグ)

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

ここ最近はミニマリストっぽくない記事が続いていますが、今回もそうです・・・笑

というわけで、この前の休日にある動画の真似をして料理をしました。

その料理がポルペッティというもので、要はイタリアの煮込みハンバーグ的なものですね。

目次

参考レシピ

前回の料理記事に引き続き、今回もChef Ropiaさんの動画を参考にさせていただきました!

余談ですが、自宅のキッチンがこんな感じらしいです。

憧れますね・・・

材料

食材

  • 野菜
  • 玉ねぎ 1個(半分は肉ダネに、半分はトマトソースに)
  • パプリカ 1袋
  • しめじ 1袋

肉ダネ

  • 合挽肉 300g
  • パン粉 100g程度
  • 卵 1個
  • ナツメグ
  • セージ
  • ガラムマサラ
  • ブラックペッパー

その他

  • トマト缶 1缶
MEMO
Ropiaさんの動画ではローリエも使っていますが、近くのスーパーに売っていなかったので断念しました。

作り方

それでは、作り方を紹介していきます。

玉ねぎをみじん切りにする

まず、玉ねぎをみじん切りにします。

パプリカを切る

次に、パプリカを小さめに切ります。

パプリカとしめじは一旦置いておきます。

肉ダネを作る

ひき肉と調味料、香辛料を全て混ぜ合わせていきます。

セージは葉っぱのものを買ったので、2〜3枚を細かく刻んで入れました。

MEMO
手でこねると肉の脂が溶け出してしまうらしいので、氷を入れて混ぜると良いそうです。が、私はスプーンで混ぜる派の人間です。

成形する

今回はハンバーグというよりも肉団子っぽい仕上がりになるので、小判形ではなく丸っこくしていきます。

なお、成形する際に中にモッツアレラチーズを入れます。

この際、手にオリーブオイルをなじませてから成形すると手にベタベタくっつかないのでオススメです。

こんな感じですかね。

肉ダネを焼く

フライパンに油を引いて肉ダネを焼いていきます。

MEMO
テフロン加工のフライパンであれば油は不要かと思います。

焼き目をつける

肉ダネ全体に焼き目をつけていきます。

本当は全面に満遍なく焼き目をつけたかったのですが、菜箸とスプーンでコロコロするのは限界がありました。

トングがあれば使いましょう。

ある程度焼き目がついたら、火を止めて一度お皿に移します。

玉ねぎを炒める

このぐらいのタイミングでトマトソース用の玉ねぎを炒め始めます。

オリーブオイルをひいて、塩を少し加えて炒めていきます。

パプリカとしめじを炒める

肉ダネを焼いたフライパンをそのまま使ってパプリカとしめじを炒めます。

フライパンについた肉ダネの油と焦げ目を、野菜を炒めながら落としていくイメージですね。

トマト缶を準備

トマト缶を開けて、トマト缶の半分程度の水を加えます。

また、ホールトマトは手で潰しておきます。

ザルで濾しても、手で握り潰してもOKです。

材料全てを鍋に移す

玉ねぎが黄金色になり、

野菜にも火が通ったら、

玉ねぎを炒めていた鍋にトマトソースを入れて、

肉だねも入れて、

野菜全てを加えます。

MEMO
Ropiaさんの動画では、このタイミングでローリエを入れていますが、私はローリエが手に入らなかったので入れていません。

蓋をして約20分間放置します。

火は弱火でOKです。

洗物を片付ける

待っている間暇なので、この間にフライパンなどの洗い物を片付けておきましょう。

片付けるまでが料理。これ超大事!

鍋の中を軽く回す

20分ほど経過したら一度蓋を開けて、鍋の中を軽くかき混ぜます。

というか、肉ダネの向きを回転させるような感じですかね。

なお、私はローリエの代わりにセージを数枚ちぎって入れました。

はじめに入れてもいいと思いますが、あまり熱を加えすぎると香りが飛んでしまうらしいので。

盛りつけて完成

約20分(煮込み始めから40分)が経過したら、火を止めてセージを取り除いて、お皿に移して完成です。

完成写真

それでは完成写真がこちらです。

いい感じに仕上がりました。

これはインスタ映えしますかね?(インスタやってないけど)

ド素人にしては良い感じに仕上がったと思います。自己満足ですね。

モッツアレラチーズですが、そこまでドロッと溶けませんでした。どちらかというと食感が残っているぐらいでしたね。美味しかったので問題ありませんが!!

作り方:動画編

今回動画は撮影していないのですが、写真をまとめたものと、一部動画にしたもの(グツグツと煮込んでいる箇所)を編集してみました。

こちらも合わせてご覧いただけると幸いです。

最後に

作ってみて感じたポイントを以下にまとめておきます。

  1. 今回初めてガラムマサラとセージを使いました。セージの香りはよく分かりませんでしたが、ガラムマサラの香りは結構残っていました。そして、食べていると体が温まってくるのが分かるぐらいでした。こうしたスパイスや香辛料も悪くないなあ、と感じた瞬間です。
  2. トングがあったほうが肉に焼き目をつけやすかったかな?と感じました。菜箸でつかむと形が崩れてしまうので・・・
  3. 私はパプリカとしめじを使いましたが、野菜は好きなものを加えてOKです。

という感じで、ド素人がプロ料理人の真似をしてみたわけですが、個人的には良い感じにできたと思います!

皆さんも是非お試しあれ!

P.S.

余ったトマトソースですが、翌日リゾットにして美味しくいただきました。

使いまわしもできて超便利なレシピです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる