旅行の際に持っていくべきアイテム~新婚旅行を経験して~

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

先日1週間かけて新婚旅行に行ってきたわけですが、その中で「これはあって良かった」「これがなくて困った」ということがありました。

これから旅行に行く人へのアドバイスになればと思って、私が1週間のオーストリア旅行を経験して感じたことをあなたにシェアしたいと思います。

というわけで、今回は「海外旅行の際に持って行くべきアイテム」に関してお話しします。

目次

ガジェット類

Wi-Fi

当たり前の話なのですが、ネット社会であるこの時代に、電子機器が通信できない・・・という状況は最悪です。

特に、道の分からない海外に行く時にGoogleマップが使えないなんて、針山地獄に落とされて足の裏から血だらけになっているところに、さらに塩を擦り込んでいるようなものです。(よく分からない)

空港やホテルではWi-Fiが使えるところがほとんどですが、たまにホテルのWi-Fiの調子が悪い時もあります。

なので、日本でWi-Fiを借りて行くことをお勧めします。

LINEが使えれば連絡は取れますしね。

1週間となれば1万円を超える金額にはなるものの、Wi-Fiがなくて何もできない状態になることを考えたら、それを1万円程度で解決できるなんて安い話です。

変換プラグ

これも当たり前の話ではありますが、日本と海外ではコンセントプラグの形状が違います。

なので、最低でも1つは変換プラグを持って行きましょう。

なお、ヨーロッパではUSBタイプのものもありますので、この場合は変換プラグがなくてもUSBタイプであればどれでも充電できます。

ただし、そこまで旅行に行く頻度が少ないのであれば、空港でWi-Fiを借りるついでに変換プラグを借りるのも手です。

嫁は変換プラグを持っていませんでしたので買おうとしましたが、海外に行くのなんて今回の新婚旅行程度しかありません。

「そのためにわざわざ買うのもどうか?」と思ったので、Wi-Fiを申し込む際に変換プラグも借りました。

なお、レンタルの場合、行き先に合わせた形状を選んでくれる、という特典付きです。

ないとは思いますが、変換プラグの形状が違って使えない・・・ということが無くなります。

Amazon公式サイト

モバイルバッテリー

海外旅行となると、いつも以上に写真や動画撮影をすると思います。

私は1日で200~300枚ぐらいは写真を撮っていました。

そうなると、すぐに電池がなくなってしまい、お昼過ぎには20%以下になってしまいます。

なので、移動中やいざという時に充電できるように、カバンに入るぐらいのモバイルバッテリーを持って行くことをお勧めします。

Amazon公式サイト

せっかく観光に来たのに、充電がなくなって写真が撮れなかった・・・なんて状況は最悪ですからね。

なお、喫茶店やカフェに入れば電源があるので、充電することは可能です。

が、日本みたいに少し歩けば充電できる場所があるとも限らないので、やはりモバイルバッテリーは必要ですね。

私も新婚旅行中はほぼ毎日お世話になりました。

現地通貨用の財布

日本以外の国に行くならば必ず発生する通貨の両替。

日本円と現地通貨がごちゃ混ぜになると、もう使いにくいったらありゃしない。

なので、できれば日本円と現地通貨用の財布を分けて使いましょう。

財布を2つに分けることで、万が一スリや盗難にあってもリスクを分散することもできますので。

日用品

ポリ袋・ジップロック

日本でコンビニで何かを買ったら、小さい袋がついてきますよね?

日頃から何気なくもらっているあの小さい袋ですが、旅行の際には意外と重宝します。

と言うのも、ちょっとしたゴミをまとめたり、一度着た服を小分けにして入れたり、液体などバッグの中でこぼれたら嫌なものを入れたり、何かと使えます。

また、手荷物として液体物(化粧品など)を持って行く場合は透明かつチャック付きの袋に入れないといけません。

そんな時に役に立つのが袋状のジップロック。

トラベル用品に透明のポーチなどがよく販売されていますが、私個人的には、形が決まっているポーチ類よりもスーパーで売っているジップロックが一番使いやすいです。

空気を抜くことができるし、形に合わせられるし、チャックは付いていますし。

Amazon公式サイト

あと、海外でお酒やワインなどを買う際にも、万が一スーツケースの中で瓶が割れた場合のために、少し大きめのジップロックがあったほうがいいと感じました。

私はワインを買ったのですが、小さいジップロックしかなかったので・・・

Amazon公式サイト

歯磨きセット

日本のホテルはアメニティグッズが揃っていますが、海外のホテルではタオルやスリッパ程度であり、なぜか歯磨きセットがありません。(シャンプーなどはあるのに)

なので、日本から歯磨きセットを持って行った方がいいです。

現地のスーパーや空港など、買おうと思えばどこでも買えます。

ただし、日本のようにコンビニがあるわけではないため、困った時にすぐに手に入らない可能性も十分あります。

歯磨きセットは持参するようにしましょう。

歯磨きシート

無印良品や薬局に売っている歯磨きシートですが、これは歯ブラシの代わりにこのシートを指に巻いて歯をゴシゴシする・・・という商品です。

飛行機の中で歯磨きをすると、トイレを長時間使ってしまうというマナーのない人間になってしまいます。

注意
みんなが寝ている時間など空いているときは別に大丈夫ですが、機内食の直後や朝方など混んでいるときに長時間トイレに入るのは避けましょう。

なので、この歯磨きシートを使ってささっと口の中を綺麗にしてしまいましょう。

今回初めて使ってみましたが、使い心地は悪くなかったです。

Amazon公式サイト

あと、それ以外にも霧吹きタイプのマウススプレー、ブレスケア、小型のリステインももっていきました。

なにせ、口の中が気持ち悪いのが超絶嫌いなので。(液体タイプのものは必ず100mL以内にしましょう。でないと空港で捨てられます。)

Amazon公式サイト

泡立てネット

何気に重宝する大事なアイテム。

というのも、毎日お風呂に入って綺麗に体を洗うのが普通の我々日本人にとって、きちんと体が洗えないというのは結構なストレスです。

特に男性であれば体をゴシゴシするボディタオルを使っているかと思います。

が、ホテルにはそうしたものがありません。(使うとするならば備え付けのタオルぐらい)

とは言っても、ボディーソープや石鹸をただ手に取ってそのまま肌に伸ばすだけなら全然洗えている気がしませんし、何度もボディーソープを取らないといけないので面倒臭い。

となった時に、泡立てネットがあると非常に役立ちます。

Amazon公式サイト

すぐに泡立つので非常に洗いやすいですし、何よりかさばらないので、「あって良かったなあ」と感じました。

洗顔フォーム

ホテルにもよりますが、大体のホテルはボディソープ、シャンプーが置いてあります。

が、洗顔はほぼありません。

なので、洗顔フォームは持って行ったほうがいいです。

あと、機内でも使えるように洗顔シート(ギャッツビーのアレです)もあると、なおベスト。

Amazon公式サイト

スリッパ

日本ではスリッパを履くという習慣があまりないかもしれません。

何故ならば、家の玄関で靴を脱ぐからです。

しかし、海外では靴を履いたまま家の中に入って行くため、部屋の中でスリッパを履くことがほとんどです。

特にホテルなんかでは、掃除しているとは言え色んな人が土足で出入りしているわけですから、部屋の中を裸足で歩くというのは実はとても汚いことです。

なので、スリッパを持って行きましょう。

ホテルによってはスリッパ付きのホテルもありますが、スリッパがないホテルも結構あります。

薄いスリッパでも百均のスリッパでも何でもいいので、スリッパはできるだけ持っていった方がいいです。(床と足が直接触れなければいい)

Amazon公式サイト

「それでも荷物が増えるから嫌だ!」というならば、部屋の中を歩く用の靴下を持って行きましょう。

なお、飛行機の中でもスリッパがあると便利です。

ネックピロー

今回の旅行で使い始めましたが、長時間の飛行機の中でも首を痛めることなく気持ちよく眠ることができました。

Amazon公式サイト

旅行におすすめのアイテムその1:ネックピロー

基本的には飛行機の中で使うだけのアイテムにはなりますが、そうは言っても特に長時間のフライトの場合、飛行機の中で眠れるかどうかは旅行中の体調にも影響してきます。

エコバッグ

新婚旅行の記事でも書きましたが、私たち夫婦は二人で一つの大きなスーツケースで行きました。

そして、そのスーツケースにお土産を詰め込みすぎたせいで、重量オーバーしてしまい、現地の空港で大変な目にあいました・・・

その時は他のツアーの方がエコバッグを貸してくださったおかげで、荷物を小分けにしてなんとか預け入れの荷物のカウンターを通過できたのですが・・・もしこれが周囲に誰もいない状況だったと想像すると、考えただけで恐ろしいです。

なので、万が一の場合に備えてエコバッグを持って行きましょう。

エコバッグ一つあるだけで結構な量の荷物を小分けにすることができます。

あと、それをそのまま飛行機に入れることも考えて、可能であればチャック付きのものが望ましいですね。

お薬など

酔い止めの薬

私は乗り物酔いしない人間ですが、嫁は乗り物酔いしやすいので、酔い止めを持ち歩いていました。

国によっては長時間バスで移動することもありますし、飛行機の揺れで酔うことだってもちろんあります。

せっかくの海外旅行中に、乗り物酔いのせいで気分が悪くて全く楽しめなかった・・・なんて最悪ですよね?

なので、特に乗り物酔いしやすい人は、必ず酔い止めの薬を持って行きましょう。

あと、可能であれば酔ってから飲んでも効くタイプを買って行きましょう。

いつどこで乗り物に乗って酔ってしまうかは分からないので。

Amazon公式サイト

お尻に塗る薬

別に私が痔というわけではありません。

決して歩いている間にお尻が痒くなってきて、それがヒリヒリと痛み始めて、「やべえ。俺痔なのかも・・・」と思うことなんて決してありません。

日本では大体のご家庭でウォッシュレット付きのトイレを使っていると思いますが、海外にウォッシュレットはありません。

超高級ホテルですら、紙があるだけです。

しかも結構硬いやつ。

観光の時には日頃よりも歩くと思いますが、その時にお尻が痛かったら最悪です。

それに加えて長時間のフライトとなれば、もうこれは針山地獄に落とされて足の裏から血だらけになっているところに、さらに塩を擦り込んでいるようなものです。(2回目)

料理が合わなくてお腹を壊すこともありますし、ヨーロッパでは嫌という程じゃがいもが出てくるのでトイレに行く回数も増えます。(汚い話ですが、超重要なので)

  • 長時間の移動で座りっぱなし
  • 日頃よりも歩く時間が多い
  • ご飯が合わなくてお腹を壊すこともある
  • ウォッシュレットがない
  • トイレットペーパーが硬い

こう考えると、お尻に対してはとても残酷な環境になってしまうわけですね・・・

というわけで、痔であろうが無かろうが、私個人的にはお尻に塗るタイプの薬を持っていくことをお勧めします。

Amazon公式サイト

お風呂上がりに塗っておくだけでも、翌日のお尻の調子が全然違いますからね。

これマジで重要。

店頭で買うのが恥ずかしいならネットで!
こうした薬を店頭で買うのって結構恥ずかしくないですか?私が初めて買ったときは緊急だったので店頭で買いましたが、結構恥ずかしかったです・・・無難にネットで買うことをお勧めします。笑

海外では不測の事態が起こることも

いかがでしょうか?

以上が、今回の新婚旅行での経験をもとに「これはあったほうがいいなあ」と思ったアイテムです。

私自身、海外に行くのはこれで6回目だったのですが、それでも予想していないことがあったり「これ持ってきて正解だったなあ〜」と感じたこともありました。

特に海外では、自分では予測できていなかった不測の事態が起こることもあります。

備えあれば憂いなし。

旅行の際はきちんと自分の身の回りのアイテムを揃えてから行きましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる