読まれるブログの文章の書き方:アクセス数を増やすには「話し言葉」で【毎日更新335】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は335記事目です。

 のアイコン画像 

読みやすいブログにするにはどうしたらいいの?
ブログの文章の書き方を教えて欲しい!

こんなお悩みをお持ちであれば、このまま続きを読み進めてください。

ブログを運営するとなれば、

文章を書く

という作業が必要です。

すると、多くの人が

 のアイコン画像 

ブログを運営するには文章力が必要なんだよね?

と思うのですが・・・これは大きな勘違いです!

というのも、ブログ運営において大事なのは、世間一般に言われる「文章力」ではなく、

  • ユーザーに読まれやすい文章にする
  • ユーザーが離脱しないような文章構成にする
  • SEOに強いライティングをする

ということだからです。

というわけで、今回の記事では

  1. 読まれるブログの文章の書き方
  2. ブログの文章を書くときに意識すべきSEO対策
  3. ブログとリアルの違いは何なのか?
  4. 結論:とにかく記事を書いて経験を積もう

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • 読まれるブログの文章の書き方を知りたい人
  • アクセス数が増えなくて悩んでいる人
  • ブログを書くときの注意点やコツ・SEOについて知りたい人
目次

読まれるブログの文章の書き方

それでは早速、ブログの文章の書き方や意識すべきポイントを解説します。

その1:起承転結ではなく「結理例結」

普通の国語の授業などでは

 のアイコン画像 

文章を書くときは起承転結を意識しましょう!

と習うはずです。

なので、普通であれば起承転結を意識しがちなのですが・・・ブログにおいて「起承転結」は不要であり、必要なのは

結理例結

です!

もう少し詳しく解説すると、

  1. 結:結論を述べる
  2. 理:理由を述べる
  3. 例:事例を述べる
  4. 結:もう一度結論を述べる

この順番ですね。

というのも、ユーザーは忙しいので、常に「とにかく手っ取り早く結論を求めている」からです。

なので、ブログを書くときには一番最初に結論から述べるようにしましょう!

多くの人は

 のアイコン画像 

結論に至る前にきちんと説明をしたほうがいいんじゃないの??

と思うかもしれませんが、ユーザーは結論を知りたがっているので、

  • とにかくまずは結論を知りたい
  • 興味がわいたらその続き(理由)を読む

という心理になっています。

その2:お固い文章は悪!話し言葉で書け!

2つ目ですが、ブログにおいて

お固い文章は悪

です。

逆に、ブログを書くときに意識すべきなのは

話し言葉で書け!

ということです。

普通であれば

 のアイコン画像 

大人受けしそうな高度な文章を書いたほうがいい!

と思ってしまうものなのですが・・・ブログの場合は特に「手っ取り早く読める」という特徴があります。

先ほども言ったように、ユーザーはとにかく「すぐに結論を知りたい」わけです!

そんな状況で「お堅い高度な文章」を書くとどうでしょうか??

 のアイコン画像 

返って読まれない原因になってしまうだけですよね?

ポイントとしては、ブログの文章を書くときには

話し言葉で書くこと

です。

というのも、書き言葉よりも話し言葉で書いた方が、

  • ユーザーからすると読みやすくなる
  • フレンドリーな感じがする

というメリットがあるからです。

例えばですが、ブログの冒頭で
「拝見ますますの~このたびはこの記事をお読みいただきありがとうございます」
なんて書かれていたらどうでしょうか?

 のアイコン画像 

ウザいだけですよね?笑

というか、ただでさえ会社で「お堅い文章」を読まされているのに、誰も好んでお堅い文章を読みたいなんて思っていませんからね。

その3:たった一人に向けて記事を書け!

3つ目ですが、読まれるブログにするためのポイント

たった一人に向けて記事を書くこと

です。

 のアイコン画像 

え?なんで??多くの人に読まれるためには、大勢に向けて書いたほうがいいんじゃないの?

と思いますよね?

しかし・・・この考えを持っているうちは、いつまで経ってもブログのアクセス数は伸びません。

というのも、現代人は常に情報過多になっているため、

自分に関係ないと思ったことは自然と無視する

という習性を持っています。

なので、不特定多数の大勢に向けて記事を書いたところで、ユーザーからすれば

 のアイコン画像 

この記事は自分には関係ないな

と、自然と無視されてしまうだけなのです!

なので、ブログの記事を書くときは「たった一人に向けて記事を書く」ということを意識してください。

結局のところ、

誰か一人のニーズを徹底的に満たすことができるコンテンツ

こそが、結果的に多くの人に読まれるブログになるのです!

ブログの文章を書くときに意識すべきSEO対策

それでは次に、ブログの文章を書くときに意識すべきSEO対策について解説します。

その1:ブログの全てはキーワードから

まず1つ目ですが・・・ブログの文章もSEOも、

全てはキーワード選定が命

と言うことです!

キーワードを意識しないまま記事を書いたところで、あなたのブログのアクセス数は増えません!

なので、まずはきちんとキーワードの重要性を理解して、キーワード選定から始めましょう!

特にあなたが

 のアイコン画像 

ブログの記事は思いつきで書いている

 のアイコン画像 

ってかキーワード選定って何??

という状態であれば・・・今すぐに改善する必要があります。

この状態だと、いくら記事を書いても読まれるブログになりません。

キーワード選定に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

その2:検索意図を的確に調査・把握する

キーワードを意識することと似ているのですが・・・

ユーザーがなぜそのキーワードで検索したのか?

という検索意図をきちんと把握できていなければ、キーワードとコンテンツのアンマッチが発生します。

そうなると、残念ながらあなたの記事は最後まで読んでもらえなくなります・・・

もし仮にユーザーがあなたのブログを見たとしても、

 のアイコン画像 

あれ?このページはなんだか違うなあ・・・
欲しい情報が書かれていない!

と思われて、ページを離脱されてしまいます。

そうなるとページの離脱率が増えるので、SEO的にもマイナス評価となります。

なので、ユーザーの検索意図をきちんと把握した上で記事を書きましょう。

詳しくはこちらの記事でも解説しています。

その3:キーワードを自然に散りばめる

3つ目ですが、こちらはちょっとしたテクニックになります。

ブログの文章を書く際には、設定したキーワードを「自然な形で」溶け込むようにしましょう。

具合的にキーワードを詰め込む箇所としては、

  • 記事のタイトル
  • 見出し
  • ディスクリプション(記事の説明欄)
  • 本文

です。

 のアイコン画像 

全体的に散りばめろと言うことですね。

なお、注意して欲しいのは「あくまで自然な形で溶け込ませる」という点です。

というのも、キーワードだらけの不自然な文章だとSEO的にマイナス評価になってしまうからです。

以前はむやみやたらとキーワードを詰め込んでいるページが上位表示されるということもあったのですが、Google先生がこの状況を改善し、今は「無理やりキーワードを詰め込んだサイト」は「スパムサイト」と認識されかねません。

詳しくはこちらの記事でもお話ししています。

ブログとリアルの違いは何なのか?

それではここで、ブログとリアルの違いは何なのかを解説していきます。

この項目はブログを運営する上で非常に大事なポイントとなりますので、これらの項目を意識した上でブログの記事を書きましょう!

その1:とにかく急いで結論を知りたい

先ほどもお話ししましたが、

ユーザーはとにかく手っ取り早く答えを求めたがっている

ということを忘れないでください。

特にブログのようなネットの場合、

お手軽に記事を読める

という特徴があるため、結論がすぐに分からないページであれば

 のアイコン画像 

なんだ。このページには知りたいことが書かれていない!

と思われて、離脱されてしまうだけです。

ブログのようなネット環境の場合は

  • リアルのように自分の話を聞いてくれない
  • 結論が分からなければすぐに他のページに移動してしまう

ということを忘れないようにしましょう!

リアルな対面での会話であれば、相手を引き止めることができます。
しかし、ブログの場合はそんなことはできませんからね。

 のアイコン画像 

いつ誰がどこで誰が読んでいるのか分かりませんし。

その2:こちらのペースに合わせてくれない

先ほどの内容とも似ているのですが・・・ブログの場合は対面での会話とは違って、相槌を打ちながら話すわけではありません。

なので、ユーザーはこちらのペースに合わせて読んでくれず、ユーザー自信のペースで文章を読みます。

もちろんですが

 のアイコン画像 

このページは自分が思っていたページと違うな

と思われたら離脱されてしまいますし、特にスマホユーザーであれば、

飛ばし読みをされるのが普通

です。(あなたも経験があるはず)

なので、

  • ユーザーに読み飛ばされないための工夫
  • ユーザーに飽きさせないための工夫
  • 読み飛ばされたとしてもポイントが分かる工夫

が必要です。

例えばですが、

  • 写真や画像を取り入れる
  • 飽きさせない見た目(カラーリング)にする

などですかね。

その3:誰もあなたのことに興味がない

最後に、一番大事なことを言います・・・

あなたが必死にブログを書いているのであればなおさら恐縮なのですが・・・基本的にユーザーは

あなたのことに興味がない

という事実を理解してください。

芸能人であれば

 のアイコン画像 

このタレントが好き!
だからこの人のブログを読む!

という感じで、その人自身に興味があるから記事を読んでいるという状態ですが・・・

そうでない場合は、あくまでユーザーは

  • 情報(コンテンツ)を求めているだけ。
  • 書いている人になんて一切興味がない。

という状態です。

現にあなたも、私のことなんて一つも興味がないと思います。笑

先ほどから何度も行っているように、ユーザーが興味があるのは

欲しい答え(結論)があるかどうか

これだけです。

もちろん、説得力を生み出すためには「記事を書いている人はどんな人なのか」ということも重要です。
しかし、それは二の次であり、一番欲しい情報は「結論」なのです。

冒頭でもお話ししましたが、ブログの文章を書くときには真っ先に「結論」を書いてください。

結論:とにかく記事を書いて経験を積もう

というわけで、ブログの文章の書き方やポイントなどを解説してまいりました。

ブログの文章の書き方に正解はありませんが、少なくとも「こうすれば結果が出やすい」と言うテクニックは存在します。

読まれやすい文章にするためのポイントをまとめた記事もありますので、参考までに読んでみてください。

また、その他にも「ブログの記事を悪い例で書いた記事」もあります。

最後に、ブログの文章を読みやすくするためのチェックリストもあります。

 のアイコン画像 

これを機にこれらの記事も読んでみてはいかがでしょうか??

しかしながら、読まれやすいブログの文章の書き方は「知識」だけでは実現不可能であり、最終的には「あなたの経験」の問題であることは言うまでもありません。

何事もそうなのですが、知識だけを増やしてもスキルは身につかないので、

この記事を読んだ後すぐにポイントを意識しながら記事を書いてコツをつかむ

以外に画期的な方法はないと思ってください!

なお、ブログの記事を書くときには必ずネタを整理して、ブログの記事構成を考えてから記事を書きましょう。

昔の私は

 のアイコン画像 

今日はこんな記事を書こうかな?

と、思いつきで記事を書いていましたが・・・

案の定アクセス数は増えませんでした。

しかし、ブログのネタをきちんと整理して、記事構成を作るようになっていからというもの、アクセス数は急激に増えました!

なので、もしあなたが

 のアイコン画像 

思いつきでブログの記事を書いている

というのであれば・・・今すぐにその習慣を改善してください!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 読まれるブログの文章の書き方
  2. ブログの文章を書くときに意識すべきSEO対策
  3. ブログとリアルの違いは何なのか?
  4. 結論:とにかく記事を書いて経験を積もう

上記4つについてお話ししました。

読まれるブログの文章の書き方などを解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後に、この記事のポイントをまとめておきます。

ブログの文章の書き方やポイント
  • 起承転結ではなく「結理例結」
    まず第一に結論を述べる。ユーザーは忙しいのでとにかく手っ取り早く結論を求めているから。
  • お固い文章は悪!話し言葉で書け!
    ブログにおいて高度な文章力やお堅い文章は不要。ポイントは話し言葉で書くこと。
  • たった一人に向けて記事を書け!
    誰か一人のニーズを徹底的に満たすことができるコンテンツが多くの人に読まれる
ブログを書くときに意識すべきSEO対策
  • ブログの全てはキーワードから
    全てはキーワード選定の段階から始まっており、アクセス数が増えるかどうかも全てキーワードにかかっている。キーワードが命。
  • 検索意図を的確に調査・把握する
    「なぜそのキーワードで検索したのか?」という検索意図をきちんと把握できていなければ、コンテンツとのアンマッチが発生する。
  • キーワードを自然に散りばめる
    キーワードは自然な形で溶け込むように詰め込むこと。ただし、キーワードだらけの不自然な文章はマイナス評価になる。
重要ポイント:ブログとリアルの違い
  • とにかく急いで結論を知りたい
    ユーザーは手っ取り早く答えを求めたがっている。リアルのように自分の話を聞いてくれるわけではなく、結論が分からなければすぐに他のページに移動してしまう。
  • こちらのペースに合わせてくれない
    ユーザーはこちらのペースに合わせて読んでくれない。スマホユーザーであれば特に「飛ばし読み」をされるのが普通。飽きさせない工夫が必要。
  • 誰もあなたのことに興味がない
    ユーザーはあなたのことに興味がない。全ては「情報(コンテンツ)」が詰まっているかどうか、ただこれだけである。

もしあなたが、

 のアイコン画像 

読みやすいブログにするにはどうしたらいいの?
ブログの文章の書き方を教えて欲しい!

と思っていたのであれば・・・この記事が参考になったはずです!

なので、この記事を読んだ後すぐに、この記事のポイントを意識しながら記事を書いてコツを掴んでください!

最終的には「あなた自身で経験を積む」という以外に、画期的な方法はありません!

最後に、参考になる記事をまとめておきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる