コロナの影響を受けていない業界:将来の安心確保のために転職もアリ?【毎日更新325】

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

※ブログの毎日更新は325記事目です。

 のアイコン画像 

コロナウイルスの影響でいろんな会社が休業になったりして、中には倒産に追い込まれている企業もあるけど・・・自分の会社は大丈夫だろうか??

こんなお悩みを抱えているのであれば、今回の記事はオススメです。

今話題になっているコロナウイルスですが、コロナの猛威は止まることなく増え続ける一方です。

在宅勤務可能な会社は在宅勤務に切り替えることで感染のリスクは減らせますが・・・

飲食店などのサービス業は休業を余儀なくされており、中には倒産している企業もあります。

なので、あなたが働いている業界によっては

 のアイコン画像 

自分が働いている業界は大丈夫なのか?

と不安に思っているかもしれません。

しかし・・・逆に「コロナの影響で伸びている業界」があるのも事実です。

先に答えを言うと「ネット関連の企業」ですね。

というわけで、今回の記事では

  1. ココロウイルスが社会に与えるダメージは大きい
  2. コロナの影響を受けている業界
  3. コロナの影響で需要が高まっている業界
  4. これを機にネット関連の職種に転職するのもアリ

上記4つについてお話しします。

今回の記事は以下の人向けです。

  • コロナウイルスの影響を受けていない業界を知りたい人
  • 自分の会社がコロナの影響で倒産しないか心配な人
  • これを機に影響を受けない業界に転職しようと思っている人
目次

ココロウイルスが社会に与えるダメージは大きい

冒頭でお話ししましたが、今だに終息のめどが立たないコロナウイルス。

コロナウイルスが猛威を振るっている中、休業を余儀なくさせられる業界はたくさんあります。

そして、中には倒産に追い込まれている業界や企業も増えています。

このように、コロナウイルスの影響を受けて日本の産業は追い込まれていると言っても過言ではありません!

 のアイコン画像 

日本だけでなく、海外も同じですね。

なので、もしかしたらあなたは

 のアイコン画像 

自分の業界は大丈夫か?
会社は倒産したりしないだろうか?

と不安に思っているかもしれませんね。

しかしながら・・・コロナの影響を受けていない業界があるのも事実です。

なので、これを機に

  • どんな業界が落ち込んでいるのか
  • 逆に落ち込んでいない業界はどんな業界なのか

をきちんと知って、今後のあなたの将来設計に役立てましょう。

今後もコロナウイルスと同じような出来事があるかもしれませんし、そのたびに不安に思うのは人生疲れますからね。

また、これを機に影響を受けにくい業界に転職してみるのもアリです!

倒産しないにしても「コロナウイルスの影響がある中、バリバリの満員電車で通勤させている企業」なんかもやばいですよね・・・思考停止していると言いますか。

なので、もしあなたがそうした会社で勤めているのであれば、あなた自身の安全を確保するためにも、転職することを視野に入れておいたほうがいいでしょう。

コロナの影響を受けている業界

というわけで、まずはコロナウイルスの影響を受けている業界を説明します。

あなたが働いている会社がどれかに当てはまるのであれば・・・転職を検討するべきかもしれません。

その1:旅行会社やホテル会社

まずは旅行会社はホテル会社などの、旅行系の会社ですかね。

具体的に言えば、

  • 航空会社
  • バス会社
  • ツアー会社
  • ホテル会社
  • 鉄道会社

でしょう。

まず、外出を控えるように国が進めている中で、

 のアイコン画像 

海外旅行しよう!

なんて考えは生まれませんからね。

そして、海外から来る外国の人も同じであり、今は日本に旅行なんてしている場合じゃありません。笑

なので、ホテル業界も大ダメージを受けています。

こう考えると「インバウンドが日本の産業を支えてくれていたんだ」と実感できますね。

そして、出張なんかも自粛するようになっているため、ホテルはもちろん新幹線の利用も減少しています。

 のアイコン画像 

鉄道系の会社も落ち込んでいると言えますね。

その2:飲食店やサービス業など

2つ目が飲食店やサービス業界などです。

 のアイコン画像 

飲食店に関しては、あえて説明する必要はないでしょう。

感染のリスクが非常に高いため、飲食店は一次的に閉店するなど、休業することを余儀なくされている状態です。

そして、飲食店と同じくサービス業などもダメージを受けています。

 のアイコン画像 

今この時に買い物になんか行っている場合ではありませんからね。

また、色々と調べてみると、ブライダル業界も落ち込んでいるようです。

結婚式のように多くの人が集まるイベントは感染のリスクが高いわけですから、ブライダル会社としても延期するように勧めている状況です。

結婚式を挙げようとしていたカップルからするととんでもなく迷惑なお話ですが・・・
残念ながらこればっかりはどうしようもありませんからね。

その3:イベント会社など

3つ目がイベント系の会社ですかね。

街中や百貨店で行われるようなイベントなども全て中止になっており、イベント系の会社も大ダメージを受けています。

そして、演奏会や講演会、ライブなど人が大勢集まるようなイベントももちろん中止になっています。

1月ぐらいに嫁が

 のアイコン画像 

4月のライブのチケットが当たった!

と言ってめちゃくちゃ喜んでいたのですが・・・そのライブも中止になってしまいました。

 のアイコン画像 

恐縮です・・・

イベント系とは言えないかもしれませんが、ディズニーランドやUSJなどの遊園地系も休業を余儀なくされているため、同じく大ダメージを受けています。

こちらはいつも大勢の人で賑わっているディズニーランドの閉園中の写真です。

・・・やばくないですか???

コロナの影響で需要が高まっている業界

それでは次に、コロナウイルスの影響によって逆に需要が高まっている業界についてお話しします。

ダメージを受けている企業が多いことは事実ですが、中には「逆に成長している企業」があるのも事実ですからね。

その1:ネットスーパーなどのオンラインショップ

まず1つ目がネットスーパーなどのオンラインショップです。

スーパーに食材を買いに行くだけでも感染リスクがあるので、自宅に食材を配達してくれるサービスを利用する人が増えている状態です。

これはコロナの影響を受けて始まったことではないのですが、さらに拍車がかかっているというイメージですかね。

食材に限らずショッピング全般はオンラインを利用する人が増えている状態なのですが・・・

中でも「食」は切っても切り離せない文化ですから、

 のアイコン画像 

スーパーに行けないならネットで買うしかない!

という感じで、オンライン通販を利用する人が著しく増えているのは事実です。

私の母親が食品配達の仕事をしているのですが、コロナの影響で仕事が大丈夫なのか確認したら「むしろ激務になっている」とのことでした。

 のアイコン画像 

服や雑貨なんかは、別に今あえて買う必要はないですからね。

また、上記に伴って運送会社も需要が高まっています。

その2:フードデリバリーなど

2つ目がフードデリバリーなどです。

典型的なのは

  • ウーバーイーツ
  • ドミノピザなどのデリバリーピザ
  • 銀の皿などのデリバリーサービス

ですかね。

1つ目のオンラインショップとも似ているのですが、こちらは「完成した食べ物を配達してくれる」という違いがあります。

スーパーに買い物に行くのはもちろん、どこかのお店で外食するのも感染のリスクがありますから、

自宅まで配達してくれる

というのは、このご時世非常に大きなメリットになります。

そんなこんなでフードデリバリーサービスを利用する人も増えています。

その3:オンライン教育など

3つ目がオンライン教育関連の業界です。

学校が休校になっているのはあなたもニュースなどで承知しているかと思いますが・・・休校になっているのは学校だけでなく、塾などもそうです。

学生が多く集まる場所は非常に危険ですからね。

そんな中、塾や学校に行けない代わりに「オンラインで受講できる教育」が増えつつあります。

どこかの場所に人が密集することがなく、自宅でタブレットなどを通して教育を受けることができますからね。

なので、オンライン教育の業界と、オンライン教育を提供するサービス会社も伸びています。

 のアイコン画像 

こちらもコロナの影響云々ではなく
すでに伸びていた業界と言えますけどね。

これを機にネット関連の職種に転職するのもアリ

というわけで、ここまで読んだあなたは

  • コロナの影響を受けている業界
  • コロナの影響で逆に需要が高まっている業界

を理解することができました。

基本的には「ネットでできる業界」はコロナの影響を受けにくいですね。

そもそも外出する必要がないですし、誰かと会うのもスカイプ会議などで完結できるからです。

というわけで、これを機にネット関連の職種に転職するのもアリです。

転職しないにしても「転職するためにスキルを身につけておく」というのもアリです。

その1:スキルを身につける→ブログを始める

まずは「副業でブログを運営する」という方法です。

副業でブログを運営することで、

  • 色んなスキルが身につく→転職にも有利
  • 本業以外の収入が増える
  • 不労所得になり得る

などなど、多数のメリットがあります。

また、ブログの場合は「パソコン1台」あれば、たった1日で開設することが可能です!

この記事を読み終えた後すぐにでもブログを開設することが可能ですので、これを機に副業でブログを始めるのもアリですね。

その2:影響がない業界に転職する

2つ目の選択肢ですが、これまでお話しした「影響がない業界に転職する」という方法です。

もしあなたが

 のアイコン画像 

自分の業界はコロナの影響を受けていてやばい!

という状態であれば・・・これを機に転職した方がいいかもしれません。

というのも、もしあなたが働いている業界がコロナの影響を受けて倒産しそうな場合、今後同じようなことがあった時もまた同じような危機に直面するからです。

 のアイコン画像 

その度に「俺は大丈夫なのか?」と心配する人生なんて疲れますよね。

なので、これを機に「コロナの影響を受けない業界に転職する」ことを検討すべきかもしれません。

 のアイコン画像 

明日からウーバーイーツで稼ぐぜ!

というのは日現実的かもしれませんが、これを機にプログラミングのスキルを身につけて、IT企業に転職するというのは実現可能ですからね。

実際、IT企業は在宅勤務できることがほとんどなので、コロナの影響を受けにくいですし。

未経験から学べるプログラミングスクール

後、これは完全に余談ですが・・・

コロナ感染のリスクが非常に高い満員電車で通勤させる会社

で働いている場合も、転職した方が無難かもしれません・・・笑

そういった会社は人材を守ってくれるような会社ではなく、人材をロボットのように扱う思考停止した企業と言えますからね。

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. ココロウイルスが社会に与えるダメージは大きい
  2. コロナの影響を受けている業界
  3. コロナの影響で需要が高まっている業界
  4. これを機にネット関連の職種に転職するのもアリ

上記4つについてお話ししました。

コロナウイルス終息の目処は立っておらず、今もなお大変な生活が続いているかもしれませんが・・・将来のために今からできる対策は沢山あります!

安心した将来を手に入れるためにも、これを機に今からできる対策をしておきませんか?

P.S.

これは余談ですが、もしあなたが

 のアイコン画像 

普段よりも自宅にいることが増えているから暇で暇で仕方がない!

というのであれば・・・こちらの記事も合わせてお読みください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる