一人暮らしのお部屋選びの条件

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

私はかれこれ8年間一人暮らしをしてきました。

初めは会社の都合で選ばれた部屋に入っていましたが、それからは自分で部屋を選びながら引っ越しをしてきました。

そこで、今回は「一人暮らしの部屋を選ぶときの条件」についてお話しします。

これから一人暮らしをする予定の方は、ぜひ参考にしてみてください。

  1. 1Kか1ROOMで十分
  2. 駅近は超便利
  3. 特急が止まらない駅でいい
  4. お風呂とトイレは別
  5. 浴室乾燥機は必須!
  6. 宅配ボックスは超便利
  7. スーパーが近い方がいい

 

目次

1.1Kか1ROOMで十分

昔は広い部屋に住んでみたいと思っていました。

が、今思うと、一人暮らしであれば1Kか1ROOMあれば十分だなあと思います。

部屋が広くなると家賃が上がりますし、複数の部屋があったとしても、普通の一人暮らしなら部屋が余るはずです。

余っている部屋の分まで家賃を払うなんて勿体無いですからね。

2.駅近は超便利

都心部に住んでいる方は特に家賃が上がるかもしれませんが、やはり駅が近いと何かと便利です。

住んでいるのが超田舎で、電車に乗る機会なんて滅多にない、車でしか移動しない、というのであれば駅近である必要はありません。

が、やはり移動時間を減らすことができる、立地のいい場所に住む、ということは、それなりに恩恵を受けられます。

3.特急が止まらない駅でいい

駅近の方が良いとは言え、あえて特急電車が止まるような便利な駅である必要はありません。特に都心部では特急が停まる駅は家賃が高くなりますからね。

私も昔は、特急が止まる非常に便利な駅の徒歩圏内に住んでいました。その分家賃が高かったです。

が、冷静に考えてみてください。

例えば社会人の場合、交通費を支給される会社がほとんどだと思います。でも、家賃補助はない会社も多いと思います。

仮に

  • 交通費全額補助
  • 家賃補助なし

という条件だっとしましょう。

  1. 家賃が7万円の特急が止まる駅、交通費は月1万円
  2. 家賃が6万円の特急が止まらない駅、交通費は2万円

ただ支出金額だけを見比べると同じ8万円となりますがが、交通費は全額支給されるので影響はありません。

なので、家賃が安い方がお得なのです。

もし仮に「家賃補助もある」という会社の場合は、それも加味して毎月の出費をきちんとシミュレーションしておきましょう。

私は「便利な駅に住みたい」という思いで前者を選びましたが、今思うと勿体無いことをしたなあと思います。

それに、繁華街に住むと騒ついていてやかましいですし・・・

4.お風呂とトイレは別

これは個人の好き好みの問題かもしれませんが、私はお風呂とトイレが別の部屋の方がいいです。

なんかその方が落ち着きますし。

ただ、これも家賃が上がる条件の一つなので、あまり予算がない人はユニットバスでもいいかなあと思います。

5.浴室乾燥機は必須!

これまで私が住んだ部屋全てに「浴室乾燥機」がついています。

一番最初に入った部屋がそうだったのですが、洗濯した後に浴槽に干して乾燥させれば、次の日には乾いています。

ジーパンなどの分厚いものは乾ききらないこともありますが、肌着や下着、シャツであれば翌日には乾いています。

非常に便利なので、自分の中では外せない条件の一つになっていました。

なので、引越しで部屋を探すときは必ず「浴室乾燥機付き」の部屋を探していました。

どうしても「お日様の力で乾燥したものじゃないと嫌だ」という方がいたら別に気にしなくても良いですが。

6.宅配ボックスは超便利

今住んでいる家は宅配ボックスがないです。が、これまで住んだ3つの家には宅配ボックスがついていました。(オートロックも)

宅配ボックスは非常に便利で、アマゾン中毒者の自分からすると、不在の時も小さな荷物は宅配ボックスに届けてくれる、一々休みの日に荷物を受け取れるように調整しなくていい、というのは非常に快適でした。

宅配ボックスがあると、ほとんどの場合はオートロックもついてきます。なので、家賃も上がります。が、その分非常に便利ですし、特に女性の場合は防犯面から考えても検討してみてもいいかもしれませんね。

ただし、最近はコンビニでも荷物を受け取れるので、家の近くにコンビニがある場合は、宅配ボックスは不要かもしれません。

7.スーパーが近い方がいい

「食べる」という習慣は人間から切り離すことはできないものです。

なので、スーパーに近い方が毎日の買い物が非常に楽チンです。

車でしか移動しないような田舎であれば別に気にしなくてもいいですが、都心部に近づくにつれて家の近くにスーパーがないというのが非常に不便であると感じるはずです。

また、私はコンビニ弁当を食べないので気にしませんが、日頃からコンビニをよく利用するならば、コンビニの近くでも良いですね。

部屋を選ぶ時は必ずシミュレーションを!

家賃は支出の中で最も大きな値段になります。

月に6万円だったとすると、年間で72万円も払うことになります。

これが月に8万円だったとすると年間96万円となり、月6万円の部屋と比べて年間24万円も多く払うことになります。非常に大きいですね。

なので、これから一人暮らしをする方は、面倒臭がらずに必ず支出のシミュレーションをしましょう。家賃だけでなく、交通費など他の支出金額も考えましょう。

昔の私みたいに調子に乗って「便利な駅が近くてとてもいい立地だから」という思いだけで高い家賃を払うと、痛い目に遭いますからね・・・

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる