『人生の無駄』無駄な通勤時間を短く&有効活用する方法:生活の質が急上昇?

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

 

毎日満員電車に揺られながら通勤するのが嫌!通勤時間ってマジで人生の無駄だよね・・・通勤時間の無駄をなくす方法を知りたい!

こんなお悩みを抱えているのであれば、この記事を読むことで解決できます!

なぜならば、通勤時間10分の私が、通勤時間が無駄と言われている理由を解説するとともに、無駄な通勤時間を無くすための方法と通勤時間を有意義な時間に変える方法を解説するからです!

今回の記事は以下の人向けです。

  • 通勤時間は人生の無駄でしかないと思っている人
  • 無駄な通勤時間を無くす方法を知りたい人
  • 他の人がどうやって対策しているのか気になる人

今回の記事では

  1. 通勤時間が無駄と言われている理由
  2. 実際に通勤時間を短くして感じたこと
  3. 無駄な通勤時間を無くすための方法
  4. 無駄な通勤時間を有異議な時間に変える方法

上記4つについてお話しします。

この記事を読み終えた後、あなたは

  • ワードプレスおすすめの無料テーマを知る事ができた
  • 無料のテーマを使う時の選び方や注意点が分かった
  • 無料のテーマを使ってお気に入りのブログになった

という結果を手にすることができます!

目次

通勤時間が無駄と言われている理由

それではまず、通勤時間が無駄と言われている理由を解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 生産性のない時間が増えるだけだから
  • 体力的にも精神的にもしんどいから
  • 負のオーラの人だらけで萎えるから
  • 風邪を移されるリスクが高くなるから

それでは詳しく解説します!

その1:生産性のない時間が増えるだけだから

まず1つ目ですが、生産性のない時間が増えるだけだからです。

通勤時間は人生の無駄でしかありません。

なぜならば、

  • 通勤時間中に給料が発生しているわけでもない
  • 満員電車に乗っても誰も褒めてくれない
  • 誰も評価もしてくれない
  • ただ自分の精神をすり減らすだけ

こんな感じで何の生産性もない時間なのです。

ちなみに、都会に住んでいる人の通勤時間を平均すると「片道48分」だそうです。

往復で考えれば96分となりますが、毎日24時間のうち1時間半を生産性のない無駄な時間に当てているなんて・・・

 

勿体無いと思いませんか!?

単純計算すると、

往復96分=平日5日間で480分=1年52周で24960分(416時間)

と、1年間で416時間も無駄にしているわけですからね。

退職するまで40年と仮定すれば、40年間で16640時間となります。

16640時間は693日分(約1.9年)の時間になります。

これだけあれば、

  • 自分の趣味の時間を増やしたり
  • もっと副業をする時間を作ったり
  • 家族と過ごす時間を作ったり

絶対に人生の質を上げられると思うんですよね。

しかし、特に都会に住んでいる多くのサラリーマンは、こうした何の生産性もない無駄な通勤時間に、人生の貴重な時間を費やしてしまっているわけです。

その2:体力的にも精神的にもしんどいから

2つ目ですが、体力的にも精神的にもしんどいからです。

通勤時間が長ければ長いほど、体力的にも疲れますよね。

ただでさえ疲れているのに、満員電車で立っておかないといけないなんて余計に疲れます。

特に都会の場合、ギュウギュウ詰の満員電車に乗らなければいけません。

これで精神も余計にすり減らされます。

もしあなたが、

 

俺はギュウギュウ詰めの空間が大好きなんだ!

というド変態であれば話は別なのですが・・・笑

普通の人は好んで満員電車になんて乗っていないはずです。

毎日毎日人がギュウギュウ詰になっている満員電車に乗って、往復1時間半もかけて会社に向かっているわけです。

ただでさえ会社に行けばストレスが溜まるのに、会社に行く道のりでもストレスを溜め込んでいるなんて・・・

 

どうかしていますよね!?

こんな状態では仕事のパフォーマンスまで下がってしまいます。

その3:負のオーラの人だらけで萎えるから

3つ目ですが、負のオーラの人だらけで萎えるからです。

満員電車の中には負のオーラの人間が大半を占めています。

 

今日も仕事かあ。嫌だなあ。
早く家に帰りたいなあ。

 

またギュウギュウ詰だよ。
このおっさん変な匂いするなあ。

 

こんなに人が多かったらセクハラされそう。

 

今日も仕事嫌だなあ。
早く金曜日にならないかなあ。

こんな感じで、満員電車って負のオーラの人だらけなんですよね。

こんな感じの電車の中に長時間乗っていると、あなたの気分まで萎えてしまいますよね。

そして、あなたにも負のオーラがまとわりついてしまうのです。

それだけで仕事に対するやる気・意欲が削ぎ落とされてしまいます。

根拠のない精神論はあまり好きではないのですが、少なくともこうした気分の高揚は仕事のパフォーマンスにも影響すると思っています。

なので、満員電車に乗って通勤していると、自分のパフォーマンスを下げる結果にも繋がるわけですね。

その4:風邪を移されるリスクが高くなるから

4つ目ですが、風邪を移されるリスクが高くなるからです。

特に電車通勤の場合は人が密集しています。

家族がいる人、子供がいる人、仕事でいろんな人と関わる人、たくさんの人がいます。

そして、みんな他いろんな菌を持っています。

 

なので、風邪を移されるリスクが高まります。

マスクをつけていたところで、あれだけ人が密集していたら元も子もありませんよね。

通勤時間が長ければ長いほど接触時間も増えるので、風邪を移されるリスクも高まります。

ちゃんと手洗いうがいをするにしても、リスクが高くなることは事実です。

また、最近では新型コロナウイルスなんかもそうですよね。

電車で通勤していたら感染のリスクが高まる一方です。

3密を控えろ!と言っているのに、なぜ満員電車での通勤を余儀なくさせる環境なのか・・・

 

いまだに理解できません。

実際に通勤時間を短くして感じたこと

それでは次に、実際に私が通勤時間を短くして感じたことを解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 昔は1時間電車通勤していた
  • 今は自転車で10分圏内の距離
  • 電車で20分ぐらいの時もあった
  • やっぱり自転車通勤が最強

それでは詳しく解説します!

その1:昔は1時間電車通勤していた

まず1つ目ですが、昔は1時間電車通勤していました。

これは会社に入りたての頃なのですが、毎日1時間ぐらい電車に乗っていました。

その当時は

 

これが普通なんだ

と思っていましたが・・・今考えると恐ろしいですよね。

電車に乗っているだけでな何の生産性もありませんし、毎日満員電車に詰め込まれて体力と精神をすり減らしていました。

今考えると、

 

もうこんな通勤時間じゃあやってられないな

と感じますね。笑

その2:今は自転車で10分圏内の距離

2つ目ですが、今は自転車で10分圏内の距離に住んでいます。

なので「自転車通勤で片道10分」という最高の通勤時間を確保できています。

だって、家を出て10分後には会社に到着しているんですからね。

しかも、自転車通勤なのでギュウギュウ詰になることもありませんし、ダイヤの乱れで影響を受ける心配もありません。

強いていうならば「信号を守る」ぐらいでしょう。

やってみると分かるのですが、自転車10分は最高ですよ。

 

世界が変わります!

もうすでに「自転車で通えない場所から通勤するのはやばいなあ」と思うレベルですから。

その3:電車で10分ぐらいの時もあった

3つ目ですが、電車で10分ぐらいの時もありました。

厳密に言えば、徒歩15分+電車10分ぐらいなので、合計すると25分ぐらいですね。

そこまで長い時間ではありませんでしたが、色々と問題はありました。

というのも、その当時は野球場の近くに住んでいました。

会社の帰りの時間が試合が終わる時間と被った時はもう最悪で、

酔っ払い・汗だく(特に夏)の
おじさん達と密着しながら

電車に乗っていました。

乗車時間が10分程度だったので我慢できましたが・・・

この状態で1時間も過ごしていたら、おそらく今の私は存在していないでしょう・・・

その4:やっぱり自転車通勤が最強

4つ目ですが、やっぱり自転車通勤が最強だと感じています。

先ほどもお話ししましたが、自転車通勤には、

  • ダイヤの乱れで自分の時間を引っ掻き回されない
  • 密になることがないので感染リスクが減る
  • 自分の都合で自転車をスイスイ漕いでいけばOK
  • 電車やバスのように時間を合わせる必要がない
  • 車通勤のように混雑に巻き込まれることがない

これだけ多くのメリットが詰まっていますからね!

強いて言えば、

雨の日はカッパを着ないといけない

というのがデメリットでしょう。

しかし、自転車通勤に慣れてしまうと、マジで他の通勤方法を選べなくなります・・・

自転車10分の通勤はマジで快適なので、一度視野に入れてみた方が良いですよ!

無駄な通勤時間を無くすための方法

それではここで、通勤時間の無駄を無くすための方法を解説します。

具体的には以下の4つです。

  • 会社の近くに引っ越す
  • 自転車で通勤する
  • 朝早く家を出発する
  • (可能なら)田舎に住む

それでは詳しく解説します!

その1:会社の近くに引っ越す

まず1つ目ですが、会社の近くに引っ越すことです。

会社の近くに引っ越せば、単純に通勤時間を短くすることができます。

とは言え、これは再現性が低いことも多いですよね。

 

丸の内オフィスから自転車10分の距離に家を借りる
なんて・・・できるか!!

って話ですよね。笑

なので、これは可能な人に限るでしょう。

しかし、実現できれば通勤時間が短くなるので、無駄な時間を短縮することができます!

あとは考え方次第なのですが、私個人的には

  • 家賃は高いけど会社の近くにあって便利
  • 家賃は安いけど会社から遠くて不便

上記の場合、前者の方が時間を無駄にしないのでオススメです。

 

あとは家賃と距離のバランスの問題ですけどね。

起業家のホリエモンも「通勤時間なんて無駄」と話しています。

なので、できることなら会社の近くに引っ越しましょう。

その2:自転車で通勤する

2つ目ですが、自転車で通勤することです。

これは都会でも田舎でもできると思います。

超ド田舎で山道だらけだと実現不可能ですが・・・・

なお、自転車通勤をすることで

  • 公共交通機関の遅延などの影響を受けない
  • 車の渋滞などの影響を受けない

というメリットがあります。

要は、自分以外の何かに影響されないということですね。

また、30分ぐらいの距離であれば、自転車を漕いだ方が早いと思いますし、

 

ちょうどいい運動になるのでは?

と感じます。

流石に「自転車で1時間」とかになると、厳しいかもしれませんけどね。

ちなみに、自転車通勤の問題を強いて挙げるとすれば「雨の日が大変」ということです。

 

傘をさして自転車を漕ぐのはダメなので、
カッパを着ないといけませんからね。

ということで、できれば自転車通勤も視野に入れましょう。

その3:朝早く家を出発する

3つ目ですが、朝早く家を出発することです。

電車通勤の場合は「通勤時間を短くする」というかは「満員電車を避けるため」になります。

満員電車じゃないだけでも、精神的には割と楽ですよね。

椅子に座れるだけでも体力的に違うでしょうし。

会社の近くに早く着いたのであれば、近くのカフェに入って朝活することだってできますからね!

また、車通勤の場合は、朝早く家を出る=通勤時間を短くすることにもつながります。

私の会社は車通勤が大半なのですが、会社の入り口に工業地帯が密集しており、朝はとんでもなく渋滞しています。(これが、毎日です)

なので、その渋滞のせいで余計な時間がかかっているんですよね。

ちなみに、私は自転車10分の距離ですが、車で行くと25分かかります。

 

笑えますよね。

これはやろうと思えば今すぐできることなので、いつもより少しだけでも朝早く出発してみましょう。

その4:(可能なら)田舎に住む

4つ目ですが、可能であれば田舎に住むのもアリです。

とは言え、会社が都心部にあるのであれば再現性は限りなく低いでしょう・・・

会社がそのままなのに、いきなり田舎に引っ越すなんてできないと思いますし。

あくまで理想論になってしまうのですが、田舎に住むことで、

  • 電車に乗ってもそこまで人が多くない
  • (東京とかに比べて)会社の近くに住むことが簡単
  • 都心部に住んでも家賃がそこまで高くない

というメリットがありますからね。

なお、田舎の場合は車通勤がほとんどなのですが・・・車通勤することで

車内でオーディブルを聴ける

というメリットもあります!

参考:転職も視野に入れるべき?

参考までに、もしあなたが

 

今の通勤時間が長すぎて嫌だ!
毎日満員電車に乗るのも最悪だ!

と強く感じているのであれば、転職することも視野に入れるべきです。

今の仕事が好きで好きで仕方がないのであれば転職する必要はありません。

が、大して好きでもない仕事のために、毎日満員電車に乗って何時間も無駄にするなんて・・・馬鹿げていますよね。

 

本当に人生の無駄でしかありません!

  • 今の仕事が好きでもなんでもない
  • 会社の近くに引っ越しするのも厳しい
  • 満員電車に乗るのが嫌で嫌で仕方がない

と言うのであれば、本気で転職も視野に入れるべきです。

転職に関してはこちらの記事で詳しく解説していますので、合わせてお読みください。

私の失敗経験をもとに、転職時の注意点やポイントをまとめています!

無駄な通勤時間を有異議な時間に変える方法

それでは最後に、無駄な通勤時間を有異議な時間に変える方法を解説します。

具体的には以下の4つです。

  • スマホで読書する
  • スマホでブログを書く
  • オーディオブックを聴く
  • 自己啓発に取り組む

それでは詳しく解説します!

その1:スマホで読書する

まず1つ目ですが、スマホで読書をすることです。

人生の無駄である通勤時間ですが、読書をすることで有意義な生産性のある時間になります!

ビジネス書でも構いませんし、小説でもなんでも構いません。

何気無く無心で電車に揺られていることを考えたら、何かを読むだけでも実りのある時間になりますからね!

スマホにKindleアプリをダウンロードすれば、スマホでいつでもどこでも好きな本が読めます!

というわけで、これを機に通勤時間にスマホで読書をしてみましょう!

>>Kindle unlimitedを30日間無料で利用してみる

その2:スマホでブログを書く

2つ目ですが、スマホでブログを書くことです。

 

これは私のような副業ブロガーに限りますが・・・

仮に通勤時間が往復96分だとします。

96分もあれば、1つの記事を執筆できますからね。

ブログのネタを整理することだってできますし、競合サイトのチェックだって余裕でできます。

毎日の通勤時間が「副業の時間」に早変わりするということです!

通勤時間中にブログの記事を書いておいて、家に帰ったら投稿する・・・なんてこともできます。

もしあなたが、

 

副業ブログをやっていない

というのであれば、これを機に副業ブログを始めてみましょう!

無駄な通勤時間を利用して、副業収入を作り出すこともできますよ!

その3:オーディオブックを聴く

3つ目ですが、オーディオブックを聴くことです。

もしあなたが、

 

電車でスマホを持ちながら本を読むのってなんか嫌だな。
というか、そもそも読書が苦手だし。

というのであれば、オーディオブックを利用して本を聴くという方法もあります。

極端な話、イヤホンを耳に突っ込んで再生ボタンを押しておけば、本を聴き流すことができますからね!

読書と同じ効果を得ることができます!

オーディオブックを使うことで、無駄な通勤時間が生産性のある時間に変換されます。

また、車通勤の人でもオーディオブックは利用可能です!

というわけで、オーディオブックで本を聞き流してみてはいかがでしょうか?

その4:自己啓発に取り組む

4つ目ですが、自己啓発に取り組むことです。

満員電車の中で教科書を広げて読む

・・・というのは難しいかもしれませんが、スマホアプリを使って自己啓発に取り組むことは可能です。

英単語のアプリでも問題を解くのもOKですし、英会話アプリで音声を聴き流すのもOKです。

もちろん、資格取得の勉強でもOKです。

資格取得の学習についても、電子版の教科書も普及しています。

 

やろうと思えば電車の中でも自己啓発に取り組むことができます!

というわけで、これを機に通勤時間中に自己啓発に取り組みましょう。

毎日96分の通勤時間だとすると、年間で416時間になります。

416時間もあれば、だいたいの知識は身につきますからね!

うまく利用できればあなたのビジネススキルが格段に向上しますよ!

まとめ

というわけで、今回の記事では

  1. 通勤時間が無駄と言われている理由
  2. 実際に通勤時間を短くして感じたこと
  3. 無駄な通勤時間を無くすための方法
  4. 無駄な通勤時間を有異議な時間に変える方法

上記4つについてお話ししました。

通勤時間が無駄と言われている理由を解説するとともに、通勤時間の無駄を無くすための方法と通勤時間を有意義な時間に変える方法を解説しましたが・・・いかがだったでしょうか?

最後にもう一度、無駄な通勤時間をなくすための方法と、有意義な時間に変えるための方法をまとめておきます!

無駄な通勤時間を無くす方法
通勤を有異議な時間に変える方法
  1. 会社の近くに引っ越す
  2. 自転車で通勤する
  3. 朝早く家を出発する
  4. (可能なら)田舎に住む
  1. スマホで読書する
  2. スマホでブログを書く
  3. オーディオブックを聴く
  4. 自己啓発に取り組む

この記事で何度も書いていますが・・・通勤時間は人生の無駄でしかありません。

できることなら通勤時間は極力短くするようにしましょう!

もしあなたが、どうしても

 

通勤時間を短くするなんてできない!

というのであれば、通勤時間を有意義な時間に変えましょう!

私のおすすめはオーディオブックを使うことですね。

イヤホンを耳に突っ込んでおけば、ビジネス書を聞き流すことができます。

 

満員電車でも簡単に実践できますからね!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる