MENU

オーストリア新婚旅行その11:ウィーン観光編①

2019 10/26
オーストリア新婚旅行その11:ウィーン観光編①

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

今回の記事は新婚旅行のオーストリア旅行記の11回目の記事ということで、ウィーンの観光になります。

ウィーンフィルのコンサートも無事に終わり、ツアー自体はお昼から自由行動となっていたので、私たちもそのまま自由行動となりました。

残された少ない時間をたっぷりとウロウロしたいと思います!

前回の記事はこちらをご参照ください。

オーストリア新婚旅行その10:楽友協会編
目次

ウィーン国立歌劇場(オペラ座)

まずはウィーン中心にあるオペラ座まで足を運びました。

楽友協会に負けず劣らず派手な色をしています。

こちらがモニターがある側から撮影。

モニターがついてあり、この前に座席も設置されています。中に入らずとも外からオペラを観れるというわけですね!素晴らしい!

ウィーン市内観光シリーズ

というわけで、特に何を見る等は一切決めていなかったので、ウィーン市内をひたすら歩き回りました。

街並み

ホテルからウィーン中心街へ行くまでに撮影したウィーンの街並みです。

トラムもあるし観光バスも走っています。歩いて移動もできますが、公共交通機関を利用すると移動には困らないでしょう。

ヨーロッパ風の古い街並みが素敵です。

こちらはアニメや映画に出てきそうな1枚です。

オペラ座の前に大きな通りがあるのですが、その車線の間にある歩道道。こちらも両側に緑が広がっていて綺麗です。

建物やお店

続いて、建物やお店についてです。

こちらは王宮。

こちらが新王宮です。

これは何か忘れました・・・

ホテルザッハー。皆さんご存知「ザッハトルテ」のお店です。

こちらはカフェザッハー。座ってコーヒーとザッハトルテを楽しむことができ、隣にはザッハトルテのお土産屋さんがあります。

お土産屋さんだと思われますが「ねこ」という名前のお店。

こちらはDEMELというカフェ。お菓子とお土産が販売されており、このラングドシャを購入。実はラングドシャというのは「猫の舌」と言う意味です。ちなみに「ねこ」と言うお店とは一切無関係です。笑

日本料理の「日本橋」と言うお店。料理が気になる・・・

銅像

全部を撮影したわけではありませんが、歴史が深い街ということもあって、いろんな人の銅像が至る所に設置されていました。

ホテルからウィーン中心街に向かう途中にある噴水。

その後ろには銅像が。誰なのかは分かりません。笑

(おそらくですが)カール・フィリップ・シュヴァルツェンベルク公です。(絶対に分かってないやつ)

ブルク庭園内にあるフランツ・ヨーゼフの銅像。

皆さんご存知のモーツァルト。ブルク庭園内にあります。

ゲーテ。ブルク庭園の前にあります。

オペラ座の隣にある銅像。

誰かはわかりませんが、おそらくフランツ・ヨーゼフ?その後ろに見えるのはアルベティーナ美術館です。

カフェ

オーストリアといえばカフェ大国!

そしてウィンナーコーヒー!

というわけで、有名店を調べてカフェに行こうとしたのですが、有名店はどこも混雑していたことと、ちょうどこの日は「オーストリア共和国の休日」ということもあって閉まっているお店もあり、ぶらぶら歩いて空いているカフェに入りました。

と言っても、結構有名どころでしたけどね。笑

入り口がこちら。「CAFE MUSEUM」というお店です。

店内がこんな感じ。

こちらがメニュー。英語も書いてあるのでなんとなく分かりました。

私が頼んだのがアインシュペナー。いわゆる「ウィンナーコーヒー」ってやつです。オーストリアのコーヒーは基本エスプレッソなのでとても濃くて苦いのですが、そこにホイップクリームを乗せることでまろやかになり、とても美味しくなります。

嫁が注文したのはモーツァルトゥカフェ。リキュールを入れて飲むのですが、これを飲んで気分が悪くなったそうです・・・

カフェ大国ということもあって、カフェで飲むコーヒーはとても美味しいです。

日本の喫茶店で飲むコーヒーとは全然違う味ですし、日本の喫茶店にあるウィンナーコーヒーと本場のアインシュペナーは全くと言っていいほど味の深みが違います!

公式サイトはこちら

ディナー

そろそろ疲れたのでご飯を食べてホテルに戻ろう・・・としていたのですが、その前にカフェに入ったことと、嫁が気分が悪くなったと言い始めたので、がっつり食べるのではなく何かを買ってホテルで軽く食べよう・・・ということになりました。

そして、迷った挙句、帰り道にあるマクドナルドに行きました。笑

「ウィーンに来てまでマクドナルドかよ!」と思われるかもしれませんが、海外のマクドナルドの味を確かめることと、ご当地のハンバーガーを食べるということは非常に大事ですから!!

正面に見えるのがマックカフェという喫茶店です。左側に普通のマクドナルドがあります。

ヨーロッパのマクドナルドはほとんどですが、このようなタッチパネル式の注文パネルがあります。直感的に操作しやすく、クレジットカードで決済もできるので、カウンターで言葉を話さなくとも注文できちゃうという便利なもの。

注文後はレシートに記載の番号が表示されるまで待ちます。パネルに表示されたら商品を受け取って終了です。超簡単。絶対に日本も見習うべきだと思う。

というわけで、ハンバーガーの袋を抱えながらホテルまで戻りました。

ウィーンに新婚旅行に来ているのに、ハンバーガーの袋を持ってホテルに戻るという超シュールな一面でした。笑

チキンナゲットは9個入りなども販売されており、ソースも何種類も選べます。

こちらのハンバーガーは日本には売っていない「SIGNATURE」というシリーズ。パティが分厚く、ベーコンも入っており、とてもジューシーなハンバーガーでした。男性の人は誰でも喜んで食べるはず。

ホテルで一休みし、お土産の整理をして、一段落したところでカフェザッハーで買った小さいザッハトルテを食べます。

こちらが自分たち用に買った小さいザッハトルテ。

中には手のひらサイズのザッハトルテが2つ入っています。

小さいながらも味はザッハトルテそのもの。外はコーティングされたチョコレートがパリッとしており、中は砂糖のジャリジャリとした食感、そして甘すぎずバランスのとれた味わい。まさに大人向けのチョコレートケーキと言えるでしょう!

そんなこんなでホテル最終宿泊日が終わりました。

うろうろしたのでとても疲れましたが、私たちは午前中にウィーンフィルの演奏を聴くことができたので満足していました。

次回

今回の記事はここまでです。

いよいよ明日がオーストリア滞在の最終日となります・・・

あっという間の1週間でした。

楽しい時間というのはあっという間に過ぎてしまうのですね。泣

というわけで、明日も移動までの間はウィーン市内を観光します。

それでは、次回をお楽しみに!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる