オーストリア新婚旅行その4:ウィーン国際空港編

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

ようやく12時間のフライトを終えて無事にウィーン国際空港に到着しました。

数時間後にインスブルックに向けてまたフライトがあるのですが、それまでの間ウィーン国際空港をぶらぶらし、ラウンジにも入ってみました。

今回の記事は新婚旅行のオーストリア旅行記の4回目ということで、主にウィーン国際空港に関してお話しします。

前回の記事はこちらをご参照ください。

オーストリア新婚旅行その3:オーストリア航空機内編
目次

ウィーン国際空港

通称「ウィーン・シェヴェヒャート国際空港」と呼ばれているウィーン国際空港ですが、とても綺麗です。

レストランやカフェもおしゃれです。

免税店などもありますが、そこまで大きな空港ではないので、お店の数は多くはなかったです。

こちらは乗り継ぎの際のエリア。

喉が乾いたのでジュースを。

ちなみに、この空港は世界で一番乗り継ぎが便利な空港と言われているらしいです。

MEMO
最短乗り継ぎが30分という速さだとか・・・ハブ空港と言っても、1時間~1時間半で乗り継ぎができれば早い方と言われているので、この30分というのはダントツの速さであることが分かるかと思います。

ハブ空港としての役割があるウィーン国際空港は、

  • 道がわかりやすい
  • そこまで大きな空港ではななく、コンパクトな作り
  • 空港内で電車やバスの移動がない

これらのことから、乗り換え時間の短縮が実現できています。

また、ヨーロッパの中心部に位置しており、成田からウィーンに飛び立った後、同日内に67の都市に移動できるらしいです。

おそるべし。

最初に入国する国と最後に出国する国ではパスポートの確認がありますが、シェンゲン協定加盟国間の乗り継ぎならば、入国審査を受けずに済みます。

シェンゲン協定加盟国一覧

アイルランド、イタリア、ストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク

※2016年3月 時点

同じ日に乗り継ぎが可能な都市

オーストリア、中央ヨーロッパ、東ヨーロッパ、南ヨーロッパ、西ヨーロッパ、北ヨーロッパ、西・中央アジア、中東

ウィーンからの乗り継ぎ便一覧

オーストリア航空、全日空、ルフトハンザ、大韓航空、チャイナエアライン、エールフランス航空、KLM オランダ航空、フィンランド航空、アエロフロートロシア航空、スイスインターナショナルエアラインズ、エミレーツ航空、スカンジナビア航空、アリタリア航空、トルコ航空、ブリティッシュエアウェイズ



というわけで、空港内探索も終わり、そろそろ疲れ始めたので、搭乗口の前で待機です。

今回の搭乗口はF05。ウィーン国際空港は非常に長い一本道の空港なので、歩いていけばどれかの搭乗口にたどり着きます。

搭乗口の前より。我々が乗る飛行機・・;・ではありません。笑

時間になったので飛行機に向かいます。

オーストリア国内線

そんなこんなであっという間にフライトの時間になりました。

飛行機はオーストリア航空です。

とりあえずオーストリア国内線はこんな感じ。

これが我々が乗る飛行機。

ジェットプロペラ機みたいな。超小さい。笑

100人も収容できないであろうこのミニジェット機でインスブルックを目指します。

MEMO
余談ですが、インスブルック空港は非常に小さい空港で、滑走路も非常に小さいらしく、こうした小さいジェット機でないとダメなんだとか。さらに言うと、訓練を積んだパイロットしか操縦できないらしいです。

飛行機の中はこんな感じです。

座席は普通のエコノミーと大して変わらない。

短時間のフライトなので軽食のみ。ちなみにこのチョコレート、とても美味しいらしいのですが、食べずにカバンの中に入れていたところ、あとで見たらドロドロに溶けていました・・・

1時間もかからないうちにすぐに到着しました。

1点クレームを言うとすると、私の座席の荷物入れから異臭がしたので中を確認してみると、食べかけのチーズがそのまま入っていました・・・ちゃんと掃除しろよ!と言いかけました。

国際線の時といい、荷物入れに何か仕組まれているんじゃないか?と感じました・・・

ホテル

そんなこんなで夜21時ごろにようやくホテルに到着しました。

1日目のホテルがこちらです。

インスブルック空港からバスで約15分の場所にあります。

「AC ホテル バイ マリオット インスブルック」というホテルです。

流石にグレードが高いホテルなので、とても綺麗ですね・・・

部屋の中がこんな感じ。

ツインベッドですが、単体でもとても広いベッドです。

中央に見えるのがエスプレッソマシンです。さすがオーストリア。

バスルーム。トイレはウォッシュレット無し・・・あと、仕切りがちょっとだけしかないので、シャワーを浴びていると普通に水が飛び散ります。

本当はホテルを満喫したいところですが・・・もう夜遅い時間ですし、明日から観光が始まるので、この日はさっさと寝ることにしました。

こちらで検索したら出てきます。

「AC ホテル バイ マリオット インスブルック」

次回

今回の記事はここまでです。

明日からいよいよオーストリア国内の観光が始まります。

と言うわけで、次回の記事はインスブルック市内の観光がメインです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる