オーストリア新婚旅行その6:ザルツブルク編①

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

今回の記事は新婚旅行のオーストリア旅行記の6回目の記事ということで、今回の旅行の2つ目の都市であるザルツブルク編になります。

前回の記事はこちらをご参照ください。

オーストリア新婚旅行その5:インスブルック編
目次

ザルツブルクとは

ザルツブルクはインスブルックの東側にある都市です。

ザルツブルクと言えば、音楽の授業で誰でも一度は聞いたことのあるモーツァルトの出身地ということで知られています。

音楽も盛んな町で、毎年夏になると「ザルツブルク音楽祭」というものが開催されています。

これはモーツァルトを記念した音楽祭として、世界的に知られています。

それでは早速行ってみましょう!

・・・の前に、まずホテルの朝食から。

インスブルックの朝食と同じようなメニュー。ワッフルが美味しかった。

こちらがホテルの入り口。

ホテルの扉にも「イムラウアーホテル ピッター ザルツブルク」が書かれています。

ザルツブルク市内観光

それでは、いよいよザルツブルクの観光が始まります!

ミラベル宮殿

ミラベル宮殿は1606年に作られた建物です。

建物の外観。大きくて全体が入りませんでした。

入り口。

入った後の階段。階段にも味があります。

とりあえず撮影。(何かよく分かっていない)

こちらも何だったか忘れましたが撮影。

ただ、とても綺麗なお部屋でした。

こちらが大理石の間。と言いつつ、チェックの場所以外は大理石ではないらしい・・・

一度改装されているのですが、大理石の間や階段など、一部はそのままの状態で残されています。

庭園に向かう途中にある場所。

ザルツブルクの街を上から一望できます。笑

ミラベル宮殿内庭園

宮殿の隣にある庭園です。

この場所は「サウンドオブミュージック」の撮影で使われた場所ということでとても有名です。

こちらが「ドレミの歌」の最後の場所。撮影している人が大勢いました。

前に見えるのが宮殿。

カイザー・フランツ・ジョセフ1世について書かれています。(多分)

サウンドオブミュージックの看板ですね。

こちらはドレミの歌の途中で出てくる場所。

長い一本道になっています。

ただ写真を撮るだけでもこのように絵になります。

世界的に有名な場所は、やはりそれをみて写真を撮るだけでも心が満たされると言いますか、感動を覚えました。

咲いているお花も綺麗です。

これはペガサスの銅像。

庭園の真ん中に噴水が。

なぜかカルガモまでwww

庭園の隣のあるこちらの建物がザルツブルク大学。かの有名な指揮者であるヘルベルトフォンカラヤンはここで音楽の勉強をしていたとか。

庭園の出入り口。ここを抜けると中心街に行けます。

セッティング?か何か分かりませんが・・・演奏でもするのかな?

モーツァルトの生家

モーツァルトが生まれたこの場所。

7歳まで過ごしたこの家が、現在は博物館として公開されています。

街の中にやたら目立つ色の建物がありますが、こちらがモーツァルトの生家。

ただし、残念ながら館内は写真撮影禁止なので、外観のみとなります。

生家の裏側から撮影。どれが生家か分かりますか??

生家の中にお土産屋さんもありましたので、とりあえずお土産も買っておきました。

モーツァルトと同じ誕生日の私からすると、何か縁があるに違いないので!!

ゲトライデ通り

通りの両側にカフェやショップが集まるメインストリート。

橋を渡って少し歩くとこんな街並み。

大勢の人で賑わっていました。

ゲトライデ通りにもマクドナルドが。マクドナルド始め、看板は全てアンティーク調で統一されています。

こちらはモーツァルトカフェ。

入っていませんが、こちらのレストランにはロブスターが置いてありました。

その他

ザルツァッハ川を渡るための橋。こちらはシュターツ橋と呼ばれています。

橋には南京錠がかけられています。二人の仲が「外れない」という縁結びだそうです。

こちらはモーツァルト橋と呼ばれている橋。

橋にはきちんと名称が彫られています。

街中は馬車が走っていました。ここはお馬さんの休憩所であり、馬車乗り場でもある。お馬さんに休みはありませんね・・・ヒヒーン!

何かの銅像。何かは分かりません。笑

ホーエンザルツブルク城テラス

700年もの年月をかけて増築されたお城で、中世の要塞としてはヨーロッパで最大規模と言われています。

ふもとの駅。写真中央が駅の入り口です。

登山鉄道的な。こちらの電車でホーエンザルツブルク城まで登ります。

伝わりにくいですが、こちらの列車も急斜面です。

上の方から撮影。こんな斜面を鉄道で登っていたという・・・恐るべし!

井戸がありました。高い場所にあるので、井戸を使って水を汲んでいたようです。

お城の周りの町並み。

上に見えるのがホーエンザルツブルク城です。

ザルツブルクを一望できる展望台があります。

上から見た景色。

ザルツブルクの街並みを一望できます。

とても美しい緑ですね。

少し前後しますが、ふもとの駅にはこんな水車が。

昼食

そんなこんなでお昼ご飯の時間になりました。

お広の近くにあるカフェレストランにて昼食です。

レストランの外観。

お店の名前。「Restaurant zur Festung Hohensalzburg」ですかね。

こちらでも3色のコースで。

前菜のスープ。

メインは豚肉料理。ただ、やはり味は濃いです・・・

デザートがこちら。伝わりにくくて申し訳ないですが、グラスいっぱいになるまでフルーツが詰まっています。

持っていったズームレンズで遊んでみました。

レストランの場所はこちらです。

公式サイトはこちら

次回

今回の記事はここまでです。

ツアーに含まれている観光が今回の記事内容になりますが、たった半日でこれだけの場所を回ったので、非常に疲れました・・・

まだ半日しか経っていないというのに。

午後は自由行動なので、次回の記事は自由行動の際の内容をお話しします。

それでは、次回をお楽しみに!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる