オーストリア新婚旅行その2:成田空港編

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

今回の記事は新婚旅行のオーストリア旅行記の2回目ということで、主に成田空港に関してお話しします。

昨日はホテル日航成田で1泊し、朝から成田空港に向かいます。

前回の記事はこちらをご参照ください。

オーストリア新婚旅行その1:国内移動編
目次

成田空港

今回のオーストリア旅行は、成田空港から飛び立ちますが、何気に成田空港を利用するのは私自身初めてとなります。

JTBツアーの集合場所にて説明を受け、それ以降は自由時間となります。

南ウイング4階の端にあります。

忘れないうちにグローバルWi-Fiをレンタルしに行きます。

南ウイング4階の端にあります。今回はIカウンターでチェックインだったので、すぐ近くにありました。

事前に予約していたので、受取りはとても楽チン。

予約時に発行される番号と予約表、もしくはiPhoneアプリのwalletに保存して、そのQRコードを見せるだけでOKです。

今回はあまり関係ありませんが、上級会員やファーストクラスの方が利用できるらしいZカウンター。

選ばれし者だけが利用できるZカウンター。いつか入ってみたい。

さて、それではお待ちかねのラウンジに入ってみます。

Narita TraveLounge

今回のツアーの特典の一つとして、Narita TraveLoungeが無料で使えることです。

制限区域内にありますので、荷物検査や出国手続きをすませてからになります。

26番搭乗口の近く。KALラウンジのすぐ横です。

横から見た場合。この奥に行くとKALラウンジです。

こちらはプライオリティパスでは入場できません。

ただし、お金を払えば使えるラウンジです。(一人1200円・・・)

Narita TraveLounge公式サイト

人生初めてのラウンジですが、こんな感じです。

窓際は飛行機が見えるいい場所です。

食べ物を注文するカウンター。

飲み物はこちら。フリードリンク制となっています。

カウンター席は基本コンセントが使えます。

とりあえず、せっかくのラウンジなのでご飯を食べます。

本日のパスタを注文。今回はカルボナーラでした。

ちなみに、通常ご飯は別料金www・・・なのですが、今回はJTBツアーの手配ということで、ご飯もドリンクも食べ飲み放題でした。

MEMO
普通に利用する場合は、食べ物の料金は別料金となるのでご注意を。

機内食も出ることですし、そこまで食べまくってはないですけどね。

こちらが今回JTBからもらったラウンジの使用券。

裏面には印鑑を押されます。これで出入りが自由になり、再入場も可能となります。再入場の際はこの半券を提示します。

普通にWi-Fiもありますし、このような漫画専用のWi-Fiもあります。

机も広く、電源もあるので、非常に作業しやすいスペースです。

MEMO
ラウンジのWi-Fiを利用したい方は、受付でパスワードを聞いてください。

出張で成田空港に来るとして、お金を払ってでもこの場所で仕事をした方が仕事が捗りそうです。

その他

ラウンジを出て制限区域エリアをうろうろします。

順番が前後しますが、出国審査を出てすぐの場所。

なお、成田空港は出国手続きの際に顔認証を行うのみで、出国の印鑑は押されません。

が、希望したら押してくれます。(私は押してもらいました。)

右手に見えるのは出国手続きのエリア。

とは言っても、ここではお土産を買うこともありませんし、免税店でも特に何も買わず。

というわけで、あっという間にフライトの時間になりました。

今回乗るオーストリア航空の飛行機。

41番搭乗口からです。

次回

今回の記事はここまでです。

というわけで、いよいよ12時間のフライトが始まります・・・

次回の記事ではオーストリア航空の機内についてお話しします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる