オーストリア新婚旅行その9:メルク観光編

みなさんこんにちは。
副業ブロガーのソルです。

今回の記事は新婚旅行のオーストリア旅行記の9回目の記事ということで、メルクの観光になります。

昨日はハルシュタットでいい景色をずっと見ていることができました。

心が癒されるといいますが、非現実にいるような気分でした。

天候が良ければもっといい景色だったに違いありませんが・・・天候ばかりはどうにもできないので仕方がないですね。

朝方にホテルの部屋から撮影。

こちらは霧がかかっています。

ヘリテージホテル3号館の外観。見えにくいですが・・・

こちらがホテルの看板。

本館レストランにて朝食。生野菜が美味しい。

集合場所に向かう途中で白鳥?がいました。

次はメルクに向かいます。

前回の記事はこちらをご参照ください。

オーストリア新婚旅行その8:ザルツカンマーグート編(ハルシュタット)
目次

メルクとは

メルクはオーストリア東部に位置する都市で、下の地図でいうとリンツとウィーンのちょうど真ん中ぐらいにあります。

後ほど登場しますが、メルクといえば「メルクの修道院」ですね。

また、ドナウ川沿いのヴァッハウ渓谷に隣接した場所に位置していることもあり、ドナウ川クルーズもあります。

もちろん、今回の新婚旅行ではメルクの修道院もドナウ川のクルーズにも行ってきました!

それではどうぞ!

メルク

ザルツカンマーグートからバスで約3時間弱でメルクに到着しました。

メルクも都心部ではなく、田舎街です。

メルクの修道院

無事にメルクに到着後、メルクの修道院を訪れました。

バス停から少し歩いた場所から撮影。奥に見えるのがメルクの修道院。

正面の門。とても鮮やかな色です。

門をくぐると中庭がこんな感じ。

こちらは噴水です。水は出ていませんが。笑

館内は撮影禁止のため、建物の外観のみになります。

修道院の見学コースの最後には裏口のテラスに出ます。ここは館内ではないため撮影OKでした。

テラスからメルクの街並みを一望できます。

この川がドナウ川です。

写真は撮っていませんが、この後は教会を通ってから出ます。

教会は人がたくさんいてガヤガヤできる雰囲気ではなかったですが、出ようとしたらパイプオルガンの演奏が始まって、思わず聴き入ってしまいました。

教会の見学を終えて出口に向かう途中。

ランチ

修道院の見学が終わったら、すぐ近くにある「Stiftrestaurant Melk」というレストランにて昼食です。

公式サイトはこちら

まずは前菜。このサラダは結構量が多かった。

鶏肉とクリームコロッケ。味は濃いですがとても美味しかったです。

アプリコット(杏)のケーキ。こちらは超甘い。

レストランを出てバスに戻る途中。

この階段を上がるとバス停(駐車場)になります。

ドナウ川クルーズ

昼食を終えたら少しバスで移動してドナウ川クルーズの乗船場へ。

全長3000kmに及ぶドナウ川流域で最も美しいといわれるヴァッハウ渓谷ですが、渓谷一帯がユネスコの世界遺産に登録されています。

中でも特に、メルクからデュルンシュタイン、クレムスにかけて絶景が広がります。

私たちはメルクからデュルンシュタインまでのルートを通っていったのですが、残念ながらこの日も小雨でいい景色は見れませんでした・・・

こちらがクルーズ船。

パンフレットを渡されます。左から右に行くような。

クルーズ船の中から撮影。

他のクルーズ船も結構ありました。

せっかくなのでクルーズ船の中でブラウナーを飲みました。

暇なのでズームレンズで撮影。

この先に見えるのがお城です。

こちらは「ホテル シュロス デュルンシュタイン」。綺麗な色ですね。

こちらがデュルンシュタインという街並み。ネットに出てくる画像は、どうやらクルーズ船から撮影されていた模様。(ハルシュタットも同様です。)

最後に「美しき青きドナウ」というクラシック曲がありますが、ドナウ川は青ではなく緑でした・・・

結論:ドナウ川は緑だった!

デュルンシュタイン

本当はすぐにバスに乗って移動する予定だったのですが、時間があったのでデュルンシュタインの街並みを見学することになりました。

このヴァッハウ渓谷にあるデュルンシュタインはブドウ畑が豊富にあり、ワインの産地として有名です。

非常に小さな田舎町でとても短い通りを通っただけですが、その中でもワインを販売しているお店は結構あり、試飲もできました。

私はお酒が弱いので飲んでいませんが。笑

クルーズ船下船後に、目の前に広がる階段を上って行くと街に行けます。

と言っても、とても小さな街なんですけどね。

アニメに出てきそうな風景第二弾!

この右側のものは一体何だ??

約30分ほどの自由時間を終えて街を下って行きます。

私たちが散策したのはこの石垣の上の場所です。

こちらは駐車場までにあるブドウ畑。

広大な敷地です。ワインの産地と言われるのも納得です。

ウィーンに向けて移動

いよいよ旅行の最終地であるウィーンに向けての移動になります。

またバスで数時間移動・・・長い移動はこれで最後なのですが、やはり移動は疲れますね。

と言っても、バスの中ではずっと熟睡していましたけど。笑

ウィーン

バスで約2時間ぐらいでウィーンに到着しました。

本当は1時間ちょっとで到着していたのですが、渋滞の影響で2時間ぐらいかかってしまいました。

あまり時間がなかったので、この日は散策はせずにレストランに行ったのみです。

ディナー

一度ホテルにチェックインした後、バスに乗ってウィーン市内を少し移動。

オーストリア料理店「アルトナー」にて夕食です。

公式サイトはこちら

それではレストランの写真へ!

このレストランは長いテーブルをツアーのみんなで使いました。私がなぜか誕生日席。笑

前菜のパンとスープ。

メインはポテトと仔牛の煮込み料理。これまで同様味は濃かったものの、とても美味しかったです。

デザートのケーキ。程よい甘さとちょうどいいサイズ感。笑

明日以降は自由行動が増えるのでツアーのみんなとお話をするのはこれが最後でしたが、とても楽しい時間でした。

ホテル

ホテルの部屋はこんな感じ。

ホテルの名前は「オーストリアトレンドホテルサボイエンウィーン」です。

長いですね。笑

こちらで検索したら出てきます。

それではホテルの写真をどうぞ!

ホテルの入り口。自動ドアでスライド対応ではなく開くタイプでした。

ホテルのロビー。とても大きなホテルです。

こちらに表示されているのは、実はプロジェクターで投影されているものです。

ホテル1回にはバーもあります。

部屋の入り口。落ち着いた色合いです。

ツインベッドですが、やはりベッドの幅が小さい・・・

大きなソファーがあります。こちらで寝転がった方が気持ち良かったりする・・・

作業スペースもあります。これはありがたいですね!

ホテルのWi-Fi以外にこんな物もありました。が、フロントに電話してみたものの使い方がわからず、ネットで調べてみるとどうやら有料らしいです。

シャワールーム。このガラスの壁が今までのホテルで一番広かったです。それでも水は飛び散りましたが。笑

部屋の前の廊下。落ち着いたブラウンに綺麗な明かり、とてもおしゃれですよね。

次回

今回の記事はここまでです。

早いもので、もうオーストリア新婚旅行の最終地であるウィーンまで来ていました。

明日からはウィーン観光となりますが・・・今回の旅のもう一つの大目玉である「ウィーンフィルのコンサート」があります!

それでは、次回の記事をお楽しみください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

このブログで使用しているテーマ:SWELL

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

関連記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる